Beaglebone・Raspberry Pi TW↑B
前のページへ|3ページ目/3|(123・)
2013.08.03Beaglebone Black+3軸加速度センサーで傾き検出に成功 /9
2013.07.21Beaglebone Blackに「最新版OS」または「初期設定状態のプリインストールOS」をインストールする
2013.07.04Beaglebone Blackをイーサネット経由で静的IP設定でネットワークにつなぎ、インターネットアクセスする
2013.06.30BeagleBone Blackでアナログ入力(電圧の読みとり)に成功 /4
2013.06.15Beaglebone:デジタル入力のやり方を覚える。各ポートの最大電流について /11
2013.06.14BeagleBone:コマンドラインから外部LEDの制御に成功 /5
2013.06.12生まれて初めてブレッドボードを購入。Beagleboneを引き続きいじる。 /6
2013.06.09Beaglebone(ビーグルボーン)をいじってみた /4



2013.08.03

Beaglebone Black+3軸加速度センサーで傾き検出に成功↑BTW

部品を散らかすとツマに刺されそう。
tilt

前回成功したアナログ入力の応用。
使用したのは秋月電子のKXM52-1050という3軸加速度センサー

接続するのは4カ所
(1)センサーのVddにボードから3.3V入力(VDD3.3V)
(2)GNDをボードのGNDとつなぐ
(3)PSDをVddとつなぐ(動作開始)
(4)X軸出力をボードのAIN0につなぐ

ボードを平置きした状態(0G)ではオフセット値付近の1750mV付近の値を返す。
4の端子を下に1の端子を上にボードを垂直にすると1310mV付近の値を示す。説明書によると
1G=660mVと書いてあるのでこんなもんか。逆に4の端子を上に、1の端子を下にボードを垂直にすると1799mVを示す。アナログ入力の最大値は1800mVなので上限を越えてしまったようだ。何か工夫しないとダメっぽい。

工夫
(実験1):X軸出力→240Ω→AIN0→240Ω→GNDってしてみたら
15mV(-1G)〜20mV(0G)〜26mV(1G)になった。なぜ????検出される電圧が半分になると思ったのに????

(実験2):X軸出力→240Ω→AIN0→480Ω→GNDってしてみたら
32mV(-1G)〜43mV(0G)〜55mV(1G)になった。少し改善した
(実験3):X軸出力→240Ω→AIN0→1000Ω→GNDってしてみたら
65mV(-1G)〜88mV(0G)〜110mV(1G)になった。さらに改善ww
(実験4):この状態でセンサーへの供給電源をVDD3.3VからSYS5Vに変更。なぜかVDD5Vだとうまくいかない
77mV(-1G)〜111mV(0G)〜145mV(1G)になった。
(実験5):X軸出力→80Ω→AIN0→1000Ω→GNDってしてみたけどまったく変わらない。なんでー

何か大きな勘違いをしている気がする・・・・

※説明書にはオフセット値誤差±167mV、測定誤差±5%と書いてある。強い衝撃与えるとオフセット値がずれたり、もどらなくなったりすると書いてある。中はメカニカルな機構になっているのかな?
※傾けてから電圧が変わるまでに1秒弱かかる気がする。こんなレスポンスでクアッドローターとか作れるのか?
※ちなみに写真にUSB-Wifiドングルささっているけど、うまく動作しない・・・・

   全コメント表示・書き込み(9〜)


2013.07.21

Beaglebone Blackに「最新版OS」または「初期設定状態のプリインストールOS」をインストールする↑BTW

つか、Beaglebone BlackでWiFiドングルを使えるようにしようと色々設定をいじっていたらネットワークに一切つながらなくなってしまいましたので一旦リセット(^−^;
基本は↓このページに従います。

(1)OSのディスクイメージをダウンロードします。
下記のページにBeaglebone Black用初期インストールOSのディスクイメージが置いてありますのでダウンロードします。
この記事を書いている時点で2013/06/20バージョンで360MBほど。
(2)解凍します。
拡張子.xzの7-zipという形式で圧縮されており、解凍すると「.img」の3.7GBのファイルになります。

(3)microSDに書込ます。
Win32 Disk Imagerというフリーソフトを使います。
書き込まれたmicroSDはWindows上から見ると2つのパーテーションと未使用領域に分かれており、Windowsでも最初の70MBのパーテーションが認識出来ます。
(4)書き換え
Beaglebone Blackの電源を抜き、OSイメージを書き込んだmicroSDを挿入し、Bootボタン(ボード上に3つあるボタンのうち、HDMI端子に近い方のボタンを押しながら電源を入れます(5V電源をさすorUSBケーブルをさす)。

内蔵メモリの書き換えが始まります。
4つあるLEDが全て点灯したらBootボタンは離してOKです。D2がブリンク、D4が高速点滅、D5が点灯しっぱなしという状態です。この状態で1時間ぐらい放置すると、全てのLEDが点灯しっぱなしになり、書き換え終了です。
※この時HDMI端子をディスプレイにさすとOSの起動画面が表示され、一見何も動作していないように見えますがバックで書き換えが進んでいるようです。

書き換えにより
Linux beaglebone 3.8.6 #1 SMP Sat Apr 13 09:10:52 CEST 2013 armv7l GNU/Linux
から
Linux beaglebone 3.8.13 #1 SMP Tue Jun 18 02:11:09 EDT 2013 armv7l GNU/Linux
に変わった。バージョンのチェックの仕方は
uname -a

   全コメント表示・書き込み


2013.07.04

Beaglebone Blackをイーサネット経由で静的IP設定でネットワークにつなぎ、インターネットアクセスする↑BTW

USB接続でパソコンにつなぐと給電と共に192.168.7.2でターミナル接続出来て便利だけど


(省略されています。全文を読む

   全コメント表示・書き込み


2013.06.30

BeagleBone Blackでアナログ入力(電圧の読みとり)に成功↑BTW



(省略されています。全文を読む

   全コメント表示・書き込み(4〜)


2013.06.15

Beaglebone:デジタル入力のやり方を覚える。各ポートの最大電流について↑BTW

まず、前回の回路はヤバかったみたい。
GPIOをoutputで使う時の最大電流は4mA〜6mAとのこと。先日の実験で流れる電流を調べると8.9mAでした。ダメじゃん。壊すところだった(汗)。GPIOの出力を直接駆動力に使うなってことね。ここから1Aぐらい使えたら色々とお手軽工作出来るのにね。ちなみにArduinoも40mAぐらい以下にしないといけないらしい。

LEDの順方向電圧1.8Vとして4mAに抑えるためには直列につなぐ抗体値をRとして残り1.5Vなので
1.5V=4mAxR
R=375Ωって感じか。
うんオームの法則思い出してきた。

ボードから取り出せる駆動力として使えそうな電力としては

VDD ADC 1.8VってのはAINのアナログ入力専用で電流流すなとのこと。(AIN端子は0〜1.8Vの電圧をアナログ入力出来るらしい)
参考:

★デジタル入力編
先日のLEDを点灯させたやつを一部変えて
  • echo 60 > /sys/class/gpio/export
  • echo in > /sys/class/gpio/gpio60/direction
とすると同じ端子がデジタル入力を受け付ける端子となる。GPIOをinputとして使う時はMAX 3.3Vとのこと
GNDとGPIO60をショートさせると
cat valueで表示される値が1→0となる。(感覚的に0と1が逆だな)
この時テスターで測ると0.08mA流れていた。100Ω抵抗挟んでショートさせると0.00mAでvalueは1のままだった。

   全コメント表示・書き込み(11〜)


2013.06.14

BeagleBone:コマンドラインから外部LEDの制御に成功↑BTW



出来た♪とりあえずデジタル出力に成功。これ面白いわ〜。あとデジタル入力とアナログ入力・出力のやり方を覚えてセンサーチップからの情報の引き出し方を覚えれば簡単に自律ロボットもどき作って遊べそう。もちろん使い慣れているPerlで組むよw


(省略されています。全文を読む

   全コメント表示・書き込み(5〜)


2013.06.12

生まれて初めてブレッドボードを購入。Beagleboneを引き続きいじる。↑BTW



(省略されています。全文を読む

   全コメント表示・書き込み(6〜)


2013.06.09

Beaglebone(ビーグルボーン)をいじってみた↑BTW

先日、購入したBeagleboneをいじってみました。
とりあえずUSBでパソコンに刺してブラウザでアクセス&Tetatermでアクセス、コマンドラインでボード上のLEDを点灯させるのに成功した。
こりゃ楽しいボードかもしれない。あこがれのフィジカルコンピューティングがお手軽に出来そうな予感がある。
★Step1:
机にボードを平置きするのはちょっと嫌だったので、100円ショップで買ってきたM3×15mmってサイズのねじで足をつけた。


(省略されています。全文を読む

   全コメント表示・書き込み(4〜)



[123・]