3Dプリンター用フィラメント素材「PETG」が柔軟性があって良い感じ
カテゴリー:DIYプラレール(記事数:10)

2018.12.26

3Dプリンター用フィラメント素材「PETG」が柔軟性があって良い感じ



購入したのはこれ↓

出力したデータは↓これです。これまで3DプリンターのフィラメントとしてはPLAとABSのみ使ってきました。それぞれ一長一短で
PLA:冷えた後に縮まない。柔軟性が低く、バリっと割れる。200℃で印刷、高温に弱く(柔らかくなる)屋外利用には不向きな感じ。
ABS:240℃で印刷、冷えた後にえらく縮む。ヒートベッドがあっても大変。PLAよりは柔軟性があるけど、まあ硬い。

新しく買ってみた「PETG」は写真のようにほどよい柔軟性があって良い感じです。これまでプラレールのレールを出力しても、手荒に使うとレール連結部分のツメがすぐ折れてしまっていたんだよね。

↓箱に入って届きます。


↓印刷温度は210〜260℃とのこと。


↓中身、なんとなくPLAとかよりも比重が軽い気がする。



↓出力したところ。




出力条件は、Curaに初期設定がありました。それなりに有名な素材なんでしょう。初期設定は215℃でしたが、この温度だと低すぎて、層にそってはがれやすかったので、225℃にしたら良い感じで出力出来ました。まったく糸を引かない感じだったので、もう5℃上げて230℃でも良いかもしれません。

PETGはシクロヘキサンジメタノールを共重合したポリエチレンテレフタレート(PET)らしい。かなり気に入ったので今後はPETGを使うかも。

Category:DIYプラレール



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=16
001 [12.26 14:58]wilcom:PET Gはいいですよね。私のメイン材料です。ちなみにもっと強い材料が欲しくなったら、colorfabbのHTフィラメントがオススメです。材料は米 Eastman製で通常のPETGより強度も耐熱性も高く、沸騰水につけても軟化しないので、食洗機でも洗えますよ。 (3)
002 [12.27 09:01]ふぇちゅいん(管理人) TW★69:>>001 情報サンクス。買ってみたいけどHTフィラメント品切れ気味? (2)
003 [12.27 15:06]wilcom@Dion:うちはオランダかどこかのcolorfabb公式から通販でまとめて買いました。国内のバラ売りは高かったので、買いませんでした。1つ忘れてましたが、プリントに必要な温度が、260度を超えていたと思うので、今のプリンタが対応しているかどうか、事前確認が必要です。ノズルやチューブが耐熱である必要があります。 (2)
004 [12.27 15:06]wilcom@Dion:うちはオランダかどこかのcolorfabb公式から通販でまとめて買いました。国内のバラ売りは高かったので、買いませんでした。1つ忘れてましたが、プリントに必要な温度が、260度を超えていたと思うので、今のプリンタが対応しているかどうか、事前確認が必要です。ノズルやチューブが耐熱である必要があります。 (2)
005 [12.27 17:58]ふぇちゅいん(管理人) TW★69:あー、260℃はうちのプリンターでは無理でした。残念 (2)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:DIYプラレール(記事数:10) (コメント数)