Raspberry Piのディストリビューションとファームウェアを最新に
カテゴリー:Raspberry Pi・Arduino・m5camera(記事数:118)

2020.04.24

Raspberry Piのディストリビューションとファームウェアを最新に

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
でOKかと思っていたらこれらはインストール済みのパッケージ(アプリケーション)を更新しているだけらしい。

さらに
sudo apt-get dist-upgrade
sudo rpi-update
が必要らしい。

これを行ったら手持ちのRaspberry Piのバージョンが
4.19.42+
4.1.19+
から
4.19.57+

ちなみにバージョン表示は
uname -a

最近よく聞く話だとapt-getは時代遅れでaptが良いって話もよく聞くな

ちなみに4GBのmicoSDでRaspberrypi運用してると上のアップデートを繰り返すとゴミが貯まるのかアップデートの最中に容量いっぱいになって失敗しちゃった。

Category:Raspberry Pi・Arduino・m5camera



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=20
001 [04/25 17:15]_@EM:結局使いみちを見つけられず倉庫で眠ってる (3)
002 [04/26 10:28]匿名さん:安かったので4Bの2GBモデル買ったけど、発熱が酷いのを確認しただけで多忙も相まって触れていない。RetroPieで遊ぶか、アドブロッカーでも仕立てようかと思ったんだけど。 (3)
003 [04/27 18:12]MotoZ2Play:sudo rpi-update はアカンよ。sudo BRANCH=stable rpi-update にしとき。WireGuard みたいにカーネル弄るソフトと競合するから。 (3)
004 [04/27 18:15]MotoZ2Play:>>002 dnsmasq を入れるだけでも簡易アドブロッカーになるよ。プロバイダのルーターがヘボい場合にも補完できる。あと4BならV2Ray/WireGuardを入れても高速でヨシ。中国出張吹っ飛んだけどねw (3)
005 [05/18 09:35]MotoZ2Play@So-net:sudo BRANCH=stable rpi-update でもダメだった。具体的には kernel v4.19.118 が入り、普通に提供されている kernel header は v4.19.97 なので WireGuard がコンパイルできない。apt-get dist-upgrade に留めるのが良いみたい。やらかした時に kernel を戻す方法はコチラ→ https://sugarsugar.conf.jp/raspberrypi%E.... (1)
006 [05/18 09:35]MotoZ2Play@So-net:具体的には、4.19.97 に戻すなら sudo rpi-update 993f47507f287f5da56495f718c2d0cd05ccbc19 でおk。 (1)
007 [05/19 09:30]MotoZ2Play@So-net:↑押してる人がいるっぽいので、おまけ。WireGuardみたいなUDPベースのVPN接続を張ると、VPNの皮を被せる分だけ実質的な最大パケットサイズが小さくなる(WGだと1500→1420)。hostapd でルータ化すると、RPiに繋いだPCが最大パケットサイズを1500と思い込んで通信し、「一部サイトしか見えない?」という現象になる。RPi側でiptables を使って最大パケットサイズを強制的に通知するとヨシ!https://linuxjf.osdn.jp/JFdocs/Adv-Routi.... (2)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:Raspberry Pi・Arduino・m5camera(記事数:118) (コメント数)