与論島に行ってきました(6)〜グルメとかかった費用まとめ
カテゴリー:与論島2016(記事数:6)

2016/09/25

与論島に行ってきました(6)〜グルメとかかった費用まとめ


これで最後です。上の写真は与論島版の変形すくガラス豆腐?ちょびっと右上にワサビがついている。死ぬほどうまかった。過去の記事↓

↓プリシアリゾート・与論の裏の「くねんぼ食堂」オススメ!。一番上の変形スクガラス豆腐もここの。座敷があるので予約してゲット出来れば魔の3歳児連れでも安心。

↓メニュー。もう1ページあります(撮り忘れ)

↓ナンバーワンメニューはこれ、もずく酢。死ぬほどうまい。普段はモズク嫌いだけど、これはいくらでも食べれる。

↓お決まりのグルクンのから揚げ。

↓プリシアリゾート世論からは遠いけど、メニューが豊富だった「居酒屋ひょうきん」


与論島は沖縄本島から北に20kmぐらいの「ほとんど沖縄」ですが、驚くべきことに食事は沖縄ではありません。泡盛も少しはおいてありますが基本的には焼酎で、ゴーヤチャンプルーや、ソーキソバが必ずあるわけではありません。沖縄フード何でも大好きな俺としてはこの点は残念でした。

●かかった費用(大人2人、3歳児1人)/行ったスケジュール2016年7月の海の日。3泊
★行きの交通費95620円+株主優待(ANA)3枚
羽田→那覇(ANA株主優待)24340×2+12190円(小児料金)=60870円
那覇→与論(RAC)13100×2+8550(小児料金)=34750円(特便割引1-タイプA)
★帰りの交通費107020円(JAL先特割引ータイプA+小児普通運賃)
与論→那覇(RAC)12450×2+8550(小児料金)=33450円
那覇→羽田(JTA)24690×2+24190円(小児料金)=73570円
★交通費その他
羽田の民間パーキング(サンパーキング):9500円
高速代(往復)2000円
ガソリン代:1000円
★宿泊費
プリシアリゾート与論、スタンダードコテージ(29m2)×3泊=10万円
★食事
初日の晩ご飯:9500円(プリシアリゾート内の居酒屋)
2日目の晩ご飯:8500円(くねんぼ食堂)
3日目の晩ご飯:7500円(居酒屋ひょうきん)
★その他
レンタサイクル:3600円
ダイビング:8600円
ビーチでの昼ご飯:4100円
エステ:10300円
部屋延長料:5000円
レンタカー:6500円
レンタカーのガソリン:800円
最終日の昼ご飯。晩ご飯:3400円
プリシアのコンビニ(忘れてきた海用のサンダル含む):5700円
計:86000円

★合計:388000円

たいへん高額になってしまいました。宮古島や石垣島に行ったのと変わらない。。。。。ホテルを普通のところにすれば3〜5万円は節約可能か?また那覇ー与論の飛行機代金がやはり高いです。往復で66000円かかっている。次に行く時は本部から出ている船を利用したい。1人あたり3000円なので往復2万円なので46000円節約可能。まあTime is moneyだけど。沖縄本島と組み合わせて1〜2泊だけ与論という旅行が良いかもしれない。

1か月前に息子が3歳になってしまったので確保しないといけない座席数が1.5倍になったのも痛い。仕方ないけど。今回3歳児の交通費で5万円以上かかっています。一つ覚えておかないといけないのは「早割」関連は小児割引がほとんど無いという点です。(※帰りの那覇ー羽田は大人と子供料金がほとんど同じ)。子供はすべて株主優待で取るのが良さそう。

Category:与論島2016

 Keyword:【宮古島/7】 【自転車/7】


■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=8
001 [09/25 18:49]京ポン3B(意地でもエッジ)★36:ガラス豆腐って? (2)
002 [09/25 18:58]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★66:与論島のホテル事情てどうなんだろう? 石垣や宮古みたいに「狭い・安い・無難」な所ってあるのかな。小さな離島とかに行くと、高いリゾートと安くてボロい民宿しかなかったりする。 (2)
003 [09/25 19:18]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★66:「ほとんど沖縄」と言えば、南北大東島も独特の雰囲気で、楽しめる人は楽しめるかと(目立ったな観光地とかはないです) >>001 スクガラス=小指に隠れるほど小さな魚の塩漬け。酒飲みがチビチビつまんだり、かなりしょっぱいので写真のように豆腐にのせて食べたりが多い。 (1)
004 [09/26 20:46]めたらびっと@Dion:ゴージャス!自分なら曜日ずらしてLCCで那覇へ、乗り継ぎが合えば船。2食付5〜6千円の民宿で十分。2回行ける。ひょうきん懐かしい。 (1)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:

自転車
宮古島


→カテゴリー:与論島2016(記事数:6) (コメント数)