総予算3000円、Raspberry Pi利用でWiFi経由で100Vを制御出来る装置のプロトタイプ
カテゴリー:Beaglebone・Raspberry Pi(記事数:56)

2016/09/13

総予算3000円、Raspberry Pi利用でWiFi経由で100Vを制御出来る装置のプロトタイプ


とりあえず動作しました。写真では5V駆動の水ポンプが接続されています。使ったパーツはRaspberry Pi zero、WiFiドングル、くそ安い5V水ポンプ、くそ安いヒューズボックス、くそ安いリレー、100円ショップで購入したAC-USB×2、100円ショップで購入した100VACの延長ケーブルです。合計で3000円ぐらい?

プレップボードは単にジャンパー線の中継に使っているだけで何も部品は乗っていません。メスーメスのワイヤーが切れちゃったので購入しなきゃ・・・・、何!40本で75円送料込みかよww↓


↓使ったパーツとリレーの使い方など
これを後3つ、4つ量産して家中の換気ファンを制御し、家中の水やりを自動化するぞ。これから綺麗にケースに収めたい。


↑Raspberry Pi zero部分、本体のUSB端子がmicroUSBタイプなのでWiFiドングルにつなげる時に変換アダプターが必要なのがちょっと面倒。GPIOのピンは後で組み直すことを考えてハンダ付けせずにプレップボード用のジャンパーワイヤーで接続。


↑偉い人に怒られそうな部分。100円ショップで買ってきたAC100Vの延長コードの1本を取り出し、ヒューズとリレーに接続しています。あとでむき出し部分はシリコンパテあたりで絶縁、密閉します。


5Vの水ポンプ部分。3Wって書いてあるので、0.5Aをちょっと超えるぐらいの電力とのことで100円ショップのAC-USBがちょうど良いかな。

Category:Beaglebone・Raspberry Pi

 Keyword:【Amazon/8】


■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=2

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:

Amazon


→カテゴリー:Beaglebone・Raspberry Pi(記事数:56) (コメント数)