Raspberry Piベースのホーム地震計「Raspberry Shake 4D」、数十万円の測定機器に匹敵の3次元計測可能可能
カテゴリー:Beaglebone・Raspberry Pi(記事数:74)

2017/07/29

Raspberry Piベースのホーム地震計「Raspberry Shake 4D」、数十万円の測定機器に匹敵の3次元計測可能可能

測定データはオンラインアクセス可能で、かつクラウドに送られ全世界の揺れデータを元に地震の規模を可視化出来るらしい。Raspberry Pi無しの基盤キットが3万円ほど、日本への送料3000円。

日本には震度を勝手に測定して公開しちゃだめって法律がありそうだなw

Category:Beaglebone・Raspberry Pi


■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=45
001 [07/29 19:00]土木施工管理技士:そんな法律はないが、わざわざ公開する金と時間を掛ける理由はない (8)
002 [07/29 21:20]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★70:気象庁の管轄だからね。 (10)
003 [07/30 12:37]地震はわからないが@Excite:気象データの観測値の公開は気象庁へ届け出をしないと気象業務法としてはアウトだよね。 http://www.jma.go.jp/jma/kishou/shinsei/.... (8)
004 [07/31 21:01]@InfoWeb:気温のデータをブログに載せるだけでもアウトだったよね。 (9)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:Beaglebone・Raspberry Pi(記事数:74) (コメント数)