人生の目標1000その12「無重力体験(30分以上)」、その13「月に行く」
カテゴリー:人生の目標1000(記事数:11)

2017.11.08

人生の目標1000その12「無重力体験(30分以上)」、その13「月に行く」

どちらも1000万までなら出しても良いかな。

今は国際宇宙ステーションに1人送り込む費用が80億とのこと。イーロン・マスクとか民間宇宙産業盛り上がっているし、無重力体験は生きているうちにいけそうな気がする。

30分に1000万円は高い気もするけど、既に結婚式の時に2時間半で400万かけたからなw。

けど、月に行くには1000万円じゃあそもそも原価割れかな。

Category:人生の目標1000



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=7
001 [11/08 20:52]現状じゃ@Dion:それだけの時間は宇宙に行かなきゃダメだろうね。俺も死ぬ前にガンダム世界の戦艦クルーごっこしたいwお台場のガンダム保存しといて地面からふわーっとコックピットに飛んでみたいw (1)
002 [11/08 21:40]放射熊@Dion:自由落下なら高度15,886,773mから飛び降りれば30分ですISSが高度400km、静止衛星が36,000kmなので、軌道エレベーターの途中からダイブするとかですかね弾道飛行なら加速が終わったらずっと無重量状態だから、時速31,773kmで真上に打ち上げれば、高度3,972kmまで飛んで落下するまで30分北朝鮮のミサイルがもうちょっと性能が上がれば、そんな感じになるよ
003 [11/08 21:41]ごみ王@OCN:現時点で4分で3000万円ですhttp://www.club-t.com/space/qa.htm
004 [11/08 22:01]002@Dion:それだと結局大気圏超えちゃうし現在実際に体験できるように航空機で行って自由落下って訳にはいかないでしょ。落下中に客が体験する部屋も十分な耐熱+姿勢制御できなきゃダメだし、結局宇宙へ行って帰るのとコストは変わらなくなる気がする。 (1)
005 [11/08 22:27]ごみ王@OCN:代替案としてインドアスカイダイビングhttps://flystation.jp (1)
006 [11/08 22:42]ごみ王@OCN:所沢航空発祥記念館の重力体験装置「スペースウォーカー」なら更にお手頃 (2)
007 [11/08 22:50]ごみ王@OCN:幽体離脱をして月に行くって漫画を思い出したhttps://www.mangaz.com/book/detail/12211.... (1)
008 [11/09 22:25]ふぇちゅいん(管理人) TW★64:30分以上って書いたのは自由落下じゃなくて、周回軌道に乗る無重力体験って意味っす。
009 [11/10 01:52]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★71:30分以上が本意でないのに30分以上って言ったの? なんで? どーしてー?? すっごーい! (1)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:
人生、何をしたら満足して死ねるのか。きっと何をしても満足出来ない気がするので、リストアップして何個達成出来たかをカウントしようと思います。

余命1年とか宣告されたら、片っ端から本気で達成してまわる対象になるようなリストになるのが目的。

始めるきっかけとなったサイトは↓
人生でやりたい100のリスト(Hibilog)

他人のリストを眺めるのは非常に面白いです。


→カテゴリー:人生の目標1000(記事数:11) (コメント数)