usePocket.com キーワード分類ページ

Amazon



----------このキーワードを使っている記事----------
2020.12.01:字を綺麗に書く練習が出来るタブレット用アプリとか無いですかね?
2020.11.09:いつの間にか我が家にAmazonタブレットが4台も
2020.10.08:ソードアートオンライン(SAO)英語版小説はWeb版準拠っぽい(2020年コンテンツ32)
2020.09.11:1台目の3Dプリンター「3Dグレコ」のお葬式を行いました
2020.07.28:VANILLA UNDERGROUNDのマインクラフトTシャツ
2020.07.08:3Dプリンターのノズルを0.6mmとか0.8mmの大口径に変えてもTPUでの印刷は安定化しなかった。
2020.06.11:Raspberry Piで作ったDIY低温調理機にSSD1306制御のI2C接続OLEDミニモニタを付けてツマでも使えるようにする。
2020.05.28:1円(通信料込み)のRakuten Miniを新小1の息子に持たせるためのキッズケースをTPUで3DプリンターでDIY
2020.05.26:新小1の息子にRakuten Mini購入、政府の「濃厚接触アプリ」の恩恵も受けられて安心安全!ペアレンタルコントロールをどうするかアドバイスお願い。
2020.05.21:Raspberry Piに画像・動画の入っているNASをマウントする&Plexメディアサーバーをインストールすると家の外からでも撮影した写真・動画をNetflixちっくに楽しめる
2020.04.21:漢字の読めない小学一年生に最適な「ふりがな」付きのマインクラフトの攻略本を探す
2020.03.02:【コロナで長期欠品の恐れ!】バッテリー1か月持続の超小型子供GPSデバイス「GPS Bot」月額480円、端末4800円
2020.01.27:Raspberry Piを使って宅配便の再配達を撲滅した話(総集編)
2019.10.28:子供大喜び!クツを後付けで「光る靴」に出来るモジュール(2019年の物欲19)
2019.10.17:3Dプリンタのベルトをバネでテンション張ったらガツンとクオリティーが上がった
2019.07.12:M5Cameraを雑にプラレールに載せてクイックスタートモードで動画配信したら子供大喜び!(動画あり)
2019.07.04:Amazon Fireタブレットをroot化せずに広告付きロック画面を省略する方法
2019.06.17:息子の6才の誕生日にAmazonのFire7タブレットを与える実験。買ってみた感想(2019年の物欲12)
2019.05.14:Amazonのキッズ用Fire HD 8タブレットが本日限定4000円オフの10980円!
2019.03.11:買っちまった!デュアルヘッド・出力範囲26cm四方の大型3Dプリンター「Flsunの2019年モデル」組み立てキット(2019年の物欲8)
2018.11.15:Raspberry Piと5000円ぐらいのRTL-SDRを使ってAMラジオ〜アマチュア無線を受信出来るソフトラジオを作る
2018.10.10:CCC Air Stick 4K(Android TV)にペアレンタルコントロールアプリ「Securekids」をインストール、無料で出来ることと有料版じゃないと出来ない事
2018.08.20:ピジョン、うがいの出来ない赤ちゃんの虫歯予防に「ピジョン おやすみ前のフッ素コート」を新発売
2018.08.10:お盆休みにペットボトルロケットで遊びたい
2018.07.25:英語ヒヤリングの処理スピードを上げる方法、「スタディサプリ」ってスマホアプリが非常によく出来てる!
2018.06.05:Raspberry Piで100V×2系統を制御&1wire×1、I2C×1、シャットダウンボタンを搭載したモジュールを作製(2個目)
2018.04.12:Raspberry Pi 3BとRaspberry Pi公式カメラv2.1(SONY IMX219使用NoIR)、静止画、動画の撮影方法と、samba入れてネットワークドライブでアクセスする方法(2018年の物欲その20)
2018.04.09:3Dプリンターで作ったDIYレールで、プラレールを高い位置まで導く試み(失敗)
2018.04.07:ユーチューバー目指して音声合成ソフト「CeVIO Creative Studio 6(チェビオクリエイティブスタジオ)」を購入(2018年の物欲その19)
2018.04.05:Windows/Mac対応、FTP/WebDAV/各種クラウドストレージを普通のフォルダとしてマウントするソフト「Mountain Duck」
2018.03.29:2018年の物欲その15:子供用自転車の交換用サドル
2018.03.08:新生児用無呼吸検知ワイヤレスモニター「エンジェルケア(Angelcare) AC601」(動作動画)(2018年の物欲その12)
2018.02.20:2018年の物欲その8:オーブンで焼くと固まるエジソンのシリコンねんど8色セット
2018.02.19:3DプリンターのスライスソフトをCura 2.3→Cura 3.2にアップデートしたら設定で大変苦労した。多色出力したオモチャに初挑戦。
2018.02.08:タミヤのタンク模型にレゴ・デュプロのブロックを固定できるように改造
2018.01.22:500円デジタルタイマーモジュールで3Dプリンターのヒートベッドを自動OFFするよう改造(2018年の物欲その4)
2018.01.12:インクジェットプリンタで印刷出来るマグネットシートでお風呂で遊べる知育カードを作ったが失敗気味(2018年の物欲その2)
2017.12.31:usePocketの2017年に書いた記事の1年間のアクセスランキング
2017.12.01:GoogleがVoice Kitに続きRaspberry Piで動くAIカメラ「Vision Kit」を45ドルで予約開始。ハードウェアAIチップ同梱
2017.11.29:1wireの温度センサーDS18B20をRaspberry Piで使う時のプルアップの仕方メモ&もしかしてこのセンサーって2本の接続で使用可能?
2017.11.02:2017年の物欲その59:Raspberry Pi 3 Model B
2017.10.08:3DプリンターにDIYしたヒートベッドを自動停止するように改造
2017.09.21:3Dプリンターが止まっちゃう問題はメイン基盤に冷却ファン付けたら解決?
2017.09.06:2017年の物欲その51:カーズとファインディングニモの英語の絵本
2017.08.10:2017年の物欲その45:風呂場の壁に可逆的にモノを固定出来る3Mの耐水粘着タブシート
2017.08.01:2017年の物欲その41:アルファベットと数字のクッションマット、36枚1畳分1500円。
2017.06.30:2017年の物欲その34:レゴ・デュプロ互換の平仮名学習ブロック「ブロックラボ アンパンマンひらがなブロック」
2017.06.19:2017年の物欲その32:3Dプリンター用の激安PLA透明フィラメント。透明度のコントロールは可能か?
2017.05.15:デルタ型3Dプリンター「3Dグレコ」に激安サーモスイッチXH-W1209を使ってヒートベッドをDIYするぞ、その1
2017.04.09:デルタ型3Dプリンター「3Dグレコ」でレゴ・デュプロのブロックを生産してみた。そのコスパ
2017.03.29:2017年の物欲その17:受験は母親が9割
2017.03.21:2017年の物欲その16:デルタ型3Dプリンター「3Dグレコ」に追加するためのヒートベッド
2017.03.13:2017年の物欲その13:GearBestから格安12V電源ユニットを購入し3Dプリンターの電源を入替、GearBestの返金制度に注意
2017.02.22:大地震、戦争などで、文明が崩壊した後、自宅で5年間生き抜くにはどうしたら良いか
2017.01.30:2017年の物欲その5:くもんの0歳からの「ひらがな」「アルファベット」「数字」カード
2017.01.28:総予算16000円、AC電源さえあれば3G/LTE経由で2か所の温度を24時間監視出来るワイヤレス温度計ユニットを作った
2016.12.02:デルタ型3Dプリンター「3Dグレコ」でソニーのアクションカメラHDR-AS300のレンズキャップをDIY
2016.11.12:古いプラレール「江ノ電EER303」のモーターを交換
2016.09.13:総予算3000円、Raspberry Pi利用でWiFi経由で100Vを制御出来る装置のプロトタイプ
2016.08.17:SODIALの送料込み143円の激安リレーユニットをRaspberry Piで利用成功(2016年の物欲その36)
2016.06.24:月額800円の「Amazon English」って英語学習コンテンツが始まっている
2016.02.20:2016年の物欲その11「INA226 I2Cデジタル電流・電圧・電力計モジュール」を使ってRaspberry Piで測定してみた
2015.09.28:1-Wire接続の温度センサーDS18B20×Raspberry Piで温度測定に成功
2014.02.26:ATOKさんに金払うかグーグル日本語入力使い続けるか

2020.12.01

字を綺麗に書く練習が出来るタブレット用アプリとか無いですかね?
字を綺麗に書く練習が出来るタブレット用アプリとか無いですかね?↑BTW


毎日にっきを書かないとPS4で遊べないというルールを課していたら、早く書くことが重要みたいになっちゃって。。。。

(省略されています。全文を読む

Category:子供に課金するよ!

   全コメント表示・書き込み




2020.11.09

いつの間にか我が家にAmazonタブレットが4台も
いつの間にか我が家にAmazonタブレットが4台も1イイネ↑BTW



1年半前にムスコの6歳の誕生日にFire 7を与えました。

クソ遅いタブレットではありますが、知育系アプリとYoutubeとNetflixで息子の知識ベースをガンガン広げて余裕で元が取れたなーと思っていたら、いつの間にかツマによりAmazonタブレットがポコポコ増えて4台に。
内訳は
・ツマがNetflix見るためのFire HD10
・息子のタブレットをうらやましがる2歳の娘に買い与えたFire HD8plus
・娘の8インチタブレットをうらやましがって大暴れするから仕方なく同じサイズのFire HD8plus

いずれもNetflixとYoutubeにしか使われていない。

くっそタブレット持って無いのはパパだけかよー
(省略されています。全文を読む

Category:子供に課金するよ!

   全コメント表示・書き込み




2020.10.08

ソードアートオンライン(SAO)英語版小説はWeb版準拠っぽい(2020年コンテンツ32)
ソードアートオンライン(SAO)英語版小説はWeb版準拠っぽい(2020年コンテンツ32)↑BTW



英語の勉強になるかな?とSAO英語版小説1巻をAmazon Kindleで購入して読んでは無いんだけど先日紹介したGoogle Talkback機能による読み上げで全部聞きました。いやぁ。。。。。理解度は30%切っているかなorz。状況が想像出来るシーンはどうにかついて行けるのですが、大部分ではさっぱり聞き取れない。
本文を目で見てみると知らない単語が山のように出てきている。
  • brink of death:ひん死
  • glistening:輝点
  • fang:牙
  • buckler:盾
  • scimitar:三日月刀
  • torche:たいまつ
  • roar:咆哮
  • fortress:要塞
表現としても小説的表現は自分にとって未知の世界なんだということがよく分かった
  • self-deprecating grin tugging at the corner of my mouth:自虐的な笑いを口元に浮かべる。
こりゃ聞いて理解するには厳しい。
使われている英語構文・文法はかなりシンプルだと思うんだけどね。知らない表現が多すぎる。

ちょっと小説を楽しむレベルには程遠いけど後学のためにこの1冊でもしっかり読み込んでみるかねぇ。。。。

ちなみに小説はWeb版準拠なんでしょうか?↓このへんってWeb版小説のみで紙の小説になる時には除外されたって聞いたような



(省略されています。全文を読む

Category:英語学習

   全コメント表示・書き込み




2020.09.11

1台目の3Dプリンター「3Dグレコ」のお葬式を行いました
1台目の3Dプリンター「3Dグレコ」のお葬式を行いました↑BTW

機器のお葬式は分解だろ!


2台目として新しい大型3Dプリンターを購入し、この3Dプリンターは使わなくなって置き場所も困るので綺麗に分解。

3Dプリンターは中華のレゴみたいなもの。ほとんどの部品が汎用品、交換用パーツは通販で手に入るし、分解したこの写真を見て「次のDIYに流用できるパーツだけでも1万円分だな」って思います。そんなことを理解させてくれたのもこの3Dプリンターでした。さよなら3Dグレコ!そういえば分解して見つけたんだけど制御ボード(Arduinoの上にモータードライバ×4のシールドが載っている)の台は粗悪そうな3Dプリンターで出力されたパーツでした。レイヤーが見えるのですぐ分かる。

このプリンターは完成品としてサンコーから2016年10月に完成品として6万円で購入しました。それ以来74個の記事を書いていて下記ページが見ることが出来ます。

今では(当時から?)そっくりな組み立てキットが2万円で買えるね。
完成品もAmazonで26000円程度だね

(省略されています。全文を読む

Category:【1台目】3Dプリンター「3Dグレコ」でイロイロDIY

   全コメント表示・書き込み




2020.07.28

VANILLA UNDERGROUNDのマインクラフトTシャツ
VANILLA UNDERGROUNDのマインクラフトTシャツ↑BTW

ムスコが小学校や学童保育でマインクラフト友達が出来るように購入(^^;、これ来てたらそのスジの子供が寄ってくるだろうw。マインクラフトって人気だと思うけど国内だとユニクロコラボモデルぐらいしか無いね。ネットで検索するとVANILLA UNDERGRAUNDってブランドでマインクラフトグッズをたくさん出している。





購入はAmazon.comから





Tシャツ自体は18ドルなのに輸入に13ドルかかるけど(涙)

他にも色々と可愛いグッズがあるね

(省略されています。全文を読む

Category:子供に課金するよ!

   全コメント表示・書き込み




2020.07.08

3Dプリンターのノズルを0.6mmとか0.8mmの大口径に変えてもTPUでの印刷は安定化しなかった。
3Dプリンターのノズルを0.6mmとか0.8mmの大口径に変えてもTPUでの印刷は安定化しなかった。↑BTW

この前からTPUフィラメントで安定して出力出来るように色々と試行錯誤しています。

TPUフィラメントはふにゃふにゃなのですが、出力途中で押し出しに失敗してクニャっとなっちゃう。これまでに
  • リトラクションを短くする。
  • 出力速度を遅くする(20mm/sぐらい)。
  • 出力温度を上げる
などやったのですが3回に2回は失敗する感じでした。
そこで押し出しに負荷がかからないように、いつも使っている口径0.4mmのノズルから大きくして0.6mmや0.8mmを使ってみました。


購入したのはこれ↓Aliexpressで1.33ドル、送料0.91ドル。
↓結果

う〜ん。ダメですね。口径が太くなると、ドバっと出てしばらく出なくなるを繰り返すようになっちゃいました。口径が細い方が均一に出てきます。TPUフィラメント自体に柔軟性があるのである程度の圧がかかった状態からさらに押された時にやっと出てくるんだと思います。特に我が家の3Dプリンターはエクストルーダーとノズルが遠い「ボーデン方式」なのでフィラメント送ってからノズルから出てくる圧になるまでにラグがあるのかな。

一方、口径を大きくするといったん出た時に出過ぎて圧が無くなるまで出てしまうんだと思います。

次は、ちょっとダメ元で↓この方式に改造してみようかと。
3Dプリンターはいつも大冒険だなw
注文したのは
これ↓
ついでにモーターを軽くしようかと↓これの26mmのやつついでに近接センサー全部合わせて5000円ほどです。Aliexpressサイコー。Amazonマーケットプレイスの変な中華直送より安いしね。
具体的にこのパーツ一式をどのように今の3Dプリンターに取り付けるかはよく考えて無いけど、うまく出力出来るようならPLAとかPETGでの出力時にも精度が上がるはず。可動部が重くなるので悪くなったりして。。。。
(省略されています。全文を読む

Category:【2台目】Flsun(中華)のデュアルヘッド大型3Dプリンター

   全コメント表示・書き込み




2020.06.11

Raspberry Piで作ったDIY低温調理機にSSD1306制御のI2C接続OLEDミニモニタを付けてツマでも使えるようにする。
Raspberry Piで作ったDIY低温調理機にSSD1306制御のI2C接続OLEDミニモニタを付けてツマでも使えるようにする。↑BTW



我が家では0.8%食塩で24時間以上付け込まれたムネ肉を61℃×2時間で低温調理して作る鶏ハムが週500gペースで消費され続けていて製造が大変です。

市販の低温調理機買う金の無い貧乏人なので調理はRaspberry Piで作ったDIY装置です。

しかしこの装置、ディスプレイもボタンも無く、PCからSSH接続して実行、進捗もPCからしか見れないため、鶏ハム製造は俺の仕事になってます。この装置をツマにも使えるようにしたいと考え改造を進めています。
  • PC無しで調理可能に(Raspberry Pi本体で調理開始出来るようにボタンを付ける)
  • 温度や残り時間などが分かるようにモニターを付ける。
の2つがやることです。今回は2つ目のモニター設置
色々調べて購入したのは下記のI2C接続OLEDモニターです。SSD1306というチップで制御されているなら他の製品でもOKっぽい。760円です。
↓現状の表示。現在の温度、スタートしてからの合計時間、目的温度に達してからの時間。もう少し表示をエレガントにしたい。残念ながら現状ではこの表示は1分に一度しか更新されません。


モニターの動作に必要なソフトのインストール


↓本体はI2C接続で4本の線でRaspberry Piと結びます。詳細は省略します。別の記事を見てください。


なお古いRaspberry PiのOSではどうやってもインストール出来なかったので最新のOSイメージから始めるのをオススメです。

(1)i2c-toolsをインストール
sudo apt-get install i2c-tools

これをすると
i2cdetect 1

と入力するとアドレス3cにモジュールを発見出来ます。

(2)Python3のsetuptoolsをインストール
sudo apt-get install python3-dev
sudo apt-get install python3-setuptools


(3)gitのインストール
sudo apt-get install git


(4)SSD1306の制御モジュールをインストール
git clone https://github.com/adafruit/Adafruit_Python_SSD1306.git
cd Adafruit_Python_SSD1306
sudo python3 setup.py install


(5)足りないモジュールを色々とインストール
sudo apt-get -y install python3-pip
pip3 install Adafruit_GPIO
sudo apt-get install libopenjp2-7
sudo apt-get install libtiff5-dev
pip3 install pillow

※不要なものもあるかも

(6)制御スクリプト&デモスクリプト1
git clone https://github.com/adafruit/Adafruit_CircuitPython_SSD1306.git



スクリプト内のディスプレイ解像度を128x64に変更する必要あり。
I2Cのアドレスも変更する必要あるかも。

(7)制御スクリプト&デモスクリプト2
git clone https://github.com/adafruit/Adafruit_Python_SSD1306.git



(8)その他参考にしたサイト
(5)を入れないと
ModuleNotFoundError: No module named 'Adafruit_GPIO'

とか
ModuleNotFoundError: No module named 'PIL'

とか
raceback (most recent call last):
File "stats.py", line 26, in
from PIL import Image
File "/home/pi/.local/lib/python3.7/site-packages/PIL/Image.py", line 93, in
from . import _imaging as core
ImportError: libopenjp2.so.7: cannot open shared object file: No such file or directory

とか
Traceback (most recent call last):
File "ssd1306_pillow_demo.py", line 12, in
from PIL import Image, ImageDraw, ImageFont
File "/home/pi/.local/lib/python3.7/site-packages/PIL/Image.py", line 93, in
from . import _imaging as core
ImportError: libopenjp2.so.7: cannot open shared object file: No such file or directory

とか
Traceback (most recent call last):
File "stats.py", line 26, in
from PIL import Image
File "/home/pi/.local/lib/python3.7/site-packages/PIL/Image.py", line 93, in
from . import _imaging as core
ImportError: libtiff.so.5: cannot open shared object file: No such file or directory

とかエラーが出る。

現在の低温調理スクリプトこれを&を付けて実行するとSSHを切っても実行され続ける。以前との違いは現在の温度などの情報を「currentdata.txt」に書き込む。維持時間と温度は最後の行で指定している。この設定もRaspberry Pi本体のみで変更出来るようにいずれはしたい。

import RPi.GPIO as GPIO
import time
import re
import subprocess
from datetime import datetime
import atexit

def end():
GPIO.cleanup()
def low():
GPIO.output(17,GPIO.LOW)
GPIO.output(27,GPIO.LOW)
def tempkeep(set,keep):
reach=0
start=0
while (keep>0):
resulttext= subprocess.check_output(["cat","/sys/bus/w1/devices/28-800000269b1a/w1_slave"])
temp=re.search('(?<=t=)(\d+)',resulttext)
temp=float(temp.group(1))/1000
if (temp GPIO.output(17,GPIO.HIGH)
if (temp>=set):
reach+=1
GPIO.output(17,GPIO.LOW)
time.sleep(5)
start+=5
if reach>1: keep-=5
print str(reach)+":start="+str(float(start/6)/10)+":keep="+str(float(keep/6)/10)+":temp="+str(temp)
f.write(datetime.now().strftime("%H,%M,%S")+","+str(start)+","+str(temp)+"\n")

#
f2=open('currentdata.txt',"w")
f2.write("current temp,"+str(temp)+"\n")
f2.write("total time,"+str(float(start/6)/10)+"\n")
f2.write("left time,"+str(float(keep/6)/10)+"\n")
f2.close

atexit.register(end)

GPIO.setmode(GPIO.BCM)
GPIO.setup(17,GPIO.OUT)
GPIO.setup(27,GPIO.OUT)

f=open(datetime.now().strftime("%Y%m%d%H%M%S")+'data.txt',"w")

GPIO.output(27,GPIO.HIGH)
GPIO.output(17,GPIO.LOW)
print "start fan, pose 10 sec"
print "initialize sensor"
resulttext= subprocess.check_output(["cat","/sys/bus/w1/devices/28-800000269b1a/w1_slave"])
temp=re.search('(?<=t=)(\d+)',resulttext)
temp=float(temp.group(1))/1000
print "temp:"+str(temp)
time.sleep(10)
tempkeep(61,3600*2)
exit


OLEDディスプレイ表示部分。下記をcrontab -eで1分おきに繰り返し実行している。エレガントな方法じゃないなー。調理スクリプトが出力した「currentdata.txt」を読み込んで表示しているだけ。

import board
import digitalio
from PIL import Image, ImageDraw, ImageFont
import adafruit_ssd1306

# Define the Reset Pin
oled_reset = digitalio.DigitalInOut(board.D4)

WIDTH = 128
HEIGHT = 64
BORDER = 5

# Use for I2C.
i2c = board.I2C()
oled = adafruit_ssd1306.SSD1306_I2C(WIDTH, HEIGHT, i2c, addr=0x3C, reset=oled_reset)

# Clear display.
oled.fill(0)
oled.show()

# Create blank image for drawing.
# Make sure to create image with mode '1' for 1-bit color.
image = Image.new("1", (oled.width, oled.height))

# Get drawing object to draw on image.
draw = ImageDraw.Draw(image)

# Draw a white background
draw.rectangle((0, 0, oled.width, oled.height), outline=255, fill=255)

# Draw a smaller inner rectangle
draw.rectangle(
(BORDER, BORDER, oled.width - BORDER - 1, oled.height - BORDER - 1),
outline=0,
fill=0,
)

# Load default font.
font = ImageFont.load_default()

# Draw Some Text
f=open('currentdata.txt')
text=f.readlines()
f.close()

datas={}

for textline in text:
textparts=textline.split(',')
datas[textparts[0]]=textparts[1]
#text = "Hello World3"
#text='Current Temp:'+datas['current temp']
#(font_width, font_height) = font.getsize(text)
draw.text((5, 5),'Current Temp:'+datas['current temp'],font=font,fill=255,)
draw.text((5, 15),'Total Time:'+datas['total time'],font=font,fill=255,)
draw.text((5, 25),'Left Time:'+datas['left time'],font=font,fill=255,)


# Display image
oled.image(image)
oled.show()


このOLEDディスプレイって128x64の画像を作って書き込んでいる感じ。このスクリプトは制御&デモスクリプト(1)のHellow Worldをちょっと変えただけです。

縦の解像度が半分で同じSSD1306チップのディスプレイも。同じように動くかな?
あ、こちら128x64で1.3インチと少し大きい。
他に似たようなフルカラーディスプレイあるけど制御チップはSSD1331とちょっと違うっぽい。

(省略されています。全文を読む

Category:Raspberry Pi・Arduino・m5camera

   全コメント表示・書き込み




2020.05.28

1円(通信料込み)のRakuten Miniを新小1の息子に持たせるためのキッズケースをTPUで3DプリンターでDIY
1円(通信料込み)のRakuten Miniを新小1の息子に持たせるためのキッズケースをTPUで3DプリンターでDIY↑BTW

初めて「やわらかな」な3Dプリンター用フィラメント素材である「TPU(熱可塑性ポリウレタン)」を使ってみました。デザイン時間15分、出力時間2時間。材料費40円。


↓この素材すげーな。ふにゃふにゃ。こんな素材があるなら3Dプリンターの利用用途がさらに広がるね!


↓半年ぐらい前に買って放置されていたTPUフィラメント。


Amazonで500gで2200円ほどです。そんなに高くない。

いつも使っているPLAフィラメントが1kg2000円、PETGフィラメントが1kg3000円なので1.5〜2倍ぐらいの値段。

↓とてつもなく柔らかくてちょっと苦労しました。「出来たかな?」と思って見に行ったらアレ?出来てない。


↓と思ったらフィラメント送りのところで詰まっていたり。うちの3Dプリンターはボーデン方式というエクストルーダーと離れたところからフィラメントを送っているのでこういう柔らかいフィラメントは苦手らしい。ダイレクト方式欲しいなー


↓どうも滑らかにフィラメントがノズルから出てこないので出力ノズルを交換しました。右が半年使ったノズル、左が新しいノズル。どちらも口径0.4mmのやつです。TPUで出力するならもう少し口径の大きいノズルでも良いかもしれない。

古いヤツも摩耗しているわけでもないので綺麗に清掃したらまた使えそうだけど。何せ10個で200円ぐらいで買えるからな
もっとこまめに交換しても良いかもしれない。
↓どうにか出力出来た設定は下記、プリントスピード最大15mm/s、積層レイヤーを通常の0.2mm→0.3mmに。プリント温度は220℃。ヒートベッド60℃。infill=20%、サポート15%。ちなみにノズルサイズは0.4mmです。


↓ここにTPUフィラメントの出力温度を考察した人がいる。
今回使ったANYCUBIC Flexible TPUフィラメントは190℃〜230℃がメーカー推奨らしい。最初に失敗した時に粘性が高くて出力不良なのかな?と温度高めにしたんだけど、もう10℃ぐらい温度を下げても良いかもしれない。infillは20%で充分な感じだけど今回の用途では柔らかすぎるので50%ぐらいに上げるか?。サポート材と本体はまあ綺麗にはがせる感じ。
現在の設定でも完璧ってわけじゃないです。出力中のノズル先を見ているとたまに詰まって、一気にドバっと出たりすることもある。


設計は下記、Rakuten Miniを物差しでサイズ測ったら105mm×53mm×8mmだったので適当に球と円柱で囲っただけ。

-------------------------
$fn=40;

height=105;
width=53;
thick=8;

translate([0,0,-1]){sphere(r=2);};
translate([height,0,-1]){sphere(r=2);};
translate([height,width,-1]){sphere(r=2);};
translate([0,width,-1]){sphere(r=2);};

translate([0,0,thick-1]){sphere(r=2);};
translate([height,0,thick-1]){sphere(r=2);};
translate([height,width,thick-1]){sphere(r=2);};
translate([0,width,thick-1]){sphere(r=2);};

translate([0,0,-1]){cylinder(h=thick,r=2);}
translate([height,0,-1]){cylinder(h=thick,r=2);}
translate([height,width,-1]){cylinder(h=thick,r=2);}
translate([0,width,-1]){cylinder(h=thick,r=2);}

translate([height/2,0,-1]){cylinder(h=thick,r=2);}
translate([height/2,width,-1]){cylinder(h=thick,r=2);}


translate([0,0,-1]){rotate([-90,0,0]){cylinder(h=width,r=2);}}
translate([0,0,thick-1]){rotate([-90,0,0]){cylinder(h=width,r=2);}}
translate([height,0,-1]){rotate([-90,0,0]){cylinder(h=width,r=2);}}
translate([height,0,thick-1]){rotate([-90,0,0]){cylinder(h=width,r=2);}}

translate([0,0,-1]){rotate([0,90,0]){cylinder(h=height,r=2);}}
translate([0,0,thick-1]){rotate([0,90,0]){cylinder(h=height,r=2);}}
translate([0,width,-1]){rotate([0,90,0]){cylinder(h=height,r=2);}}
translate([0,width,thick-1]){rotate([0,90,0]){cylinder(h=height,r=2);}}
-------------------------


↓うん、適当に作ったけど普通に使えるぞwww




これをVersion 1.0モデルとしてあと3回ぐらい試作して改良したら、かなりまともなモノが出来るかも。
よし!良いのが出来たら1個送料込み1000円でメルカリで売って定価(2万円)で買っちゃったRakuten Miniの費用を回収するかw、1000円じゃ売れないか?送料込み500円ぐらいなら売れる?でも小銭稼ぐにしても1個500円ぐらいは純利益無いとやる気が出ないな。そうすると1個900円ぐらいが許せる最低ラインか。

下記はVersion2.0の改良ポイント案
  • (1)内部のスマホが入るスペースを直方体でくりぬく
  • (2)裏面をカメラレンズの部分を残してもう少し覆う
  • (3)表面から外れないように輪郭を少しだけ覆う
  • (4)左横の支柱をあと2つ増やす(末端を少し覆う)
  • (5)右横の支柱が中央にあるとボタンが押しにくいので少し下にずらす。支柱を増やす(末端を少し覆う?)
  • (6)上横と下横にに支柱を2つずつ追加。下は排熱の穴をなるべく塞がないように

RAKUTEN UN-LIMIT申し込みでRakuten Miniが1円(キャンペーン期間 2020年5月27日(水)9:00〜2020年6月17日(水)8:59)



(省略されています。全文を読む

Category:【2台目】Flsun(中華)のデュアルヘッド大型3Dプリンター

   全コメント表示・書き込み




2020.05.26

新小1の息子にRakuten Mini購入、政府の「濃厚接触アプリ」の恩恵も受けられて安心安全!ペアレンタルコントロールをどうするかアドバイスお願い。
新小1の息子にRakuten Mini購入、政府の「濃厚接触アプリ」の恩恵も受けられて安心安全!ペアレンタルコントロールをどうするかアドバイスお願い。↑BTW

タイトル書いてて思ったけど、あれ?「濃厚接触アプリ」って本人に恩恵ってあるのか?w


↓小さくてかわいい!!!本体2万円、契約手数料3000円。1年間は通信料無料でその後は月額2980円。とりあえず1年使う予定。端末料金込みで月額2000円って考え。

1年後に月額2980円で出す気は無いので解約して端末売り飛ばすか。その頃になると格安MVNOがeSIMに対応しているといいな。この端末はいわゆる「SIMカード」が入っておらず情報だけで回線情報を管理するeSIMって新方式。現状では解約して格安SIMに入れ替えるって事は出来ないらしい。1年で解約して確実に格安SIMに移行するつもりならGalaxy A7が端末料金実質15000円ぐらいと、このRakuten miniより安くて確実かと。

一括払いと、24回払いと48回払いが選べました。分割手数料は楽天カードの場合は無しらしい。なんとなく楽天って月間ステータスとかあるし支払回数多い方がお得じゃね?と思って中途半端に24回払いにしましたw。普段はこういうのはスッキリ一括払いなんだけど。。。。。
↓楽天モバイル端末一覧
この端末、電池が持たない!なんてネガティブな話があったけどこれだけ小さければ仕方ないと思う。本体はサクサク動いてすぐホカホカになります。(^_^;)。動きにもっさり感無し、ポケモンGOが快適に出来るとは思わないけど。

↓厚さ比較。(左からiPhone ?、Rakuten Mini、Xperia XZ2)

うちは楽天自身の電波は来てない地域なのでローミングでauの電波で通信しているらしい。確かローミングエリアでは月間5GBまで通信可能なはず。休日に息子とおでかけする時はテザリングONにして俺のスマホのギガ節約するか?家族旅行時の夜とかに電源さしっぱなしでテザリングで動画とか見せるのには有効に使えるかも。


↓裏面比較。アホみたいに小さい。昔あったXperia miniと違い小さくて、さらに薄いのが良いね。


  • 最近のスマホにしては珍しく本体にストラップホールがあります。
  • 端子はUSB-Cのみ、ヘッドホンの変換端子が同梱されていました。
  • 赤を選んだ理由は行方不明になりそうだったので少しでも目立つ色にしました。
↓届いた箱。ネットでポチって2日で到着。


↓同梱物。説明書の裏にQRコードがあってそれをGoogle Glassで読み込ませて開通の儀式を始める感じ。到着時に本体には電話番号等は何も入って無いのかも。


★解決したいこと1:親への連絡(通話)、親への連絡(メッセージ送信)、地図を見る。写真・動画を撮る。以外の機能を制限して使えなくする。
ホーム画面に必要な機能のみ表示させたいです。

試した事

  • 有料アプリ「SecureKids」。現在年間2000円ほどの2端末まで制御のプランに入っている。このRakuten Miniを制御下に置くには追加料金が必要
  • Googleの標準サービス「ファミリーリンク」。これ良さそうだと思ったんだけど、子供と親のアカウントがGoogleアカウントに紐づけられているんだけど、子供のgmailアカウントは俺の端末にも登録されていて(各種サービスの登録とかメールとかチェックするため)、子供のGmailアカウントを管理下に出来ない(俺の端末も管理下になっちゃう)。
★解決したいこと2:現在位置と移動履歴をモニタリングする
Google Mapの位置共有は過去の履歴が追えない。あと位置情報は双方向に流れるので、息子の端末に俺の位置が通知されちゃう。息子の端末を通じて俺の位置がツマにバレるので却下

★解決したいこと3:落としても壊れない本体カバー(ケース)の入手
保護カバー何か良いの無いですかね?Amazon Fire HDタブレットなどで出ているシリコン製の分厚いカバーみたいなやつが理想。落としても割れないやつ。こんなやつ↓
早くどうにかしないと本体だけで持ち歩いていたら間違いなく1ヶ月以内に行方不明になるよ。小さすぎ!
追記:2万円で買ったのに今日から1円に(〜6月17日まで)

RAKUTEN UN-LIMIT申し込みでRakuten Miniが1円(キャンペーン期間 2020年5月27日(水)9:00〜2020年6月17日(水)8:59)

(省略されています。全文を読む

Category:子供に課金するよ!

   全コメント表示・書き込み




2020.05.21

Raspberry Piに画像・動画の入っているNASをマウントする&Plexメディアサーバーをインストールすると家の外からでも撮影した写真・動画をNetflixちっくに楽しめる
Raspberry Piに画像・動画の入っているNASをマウントする&Plexメディアサーバーをインストールすると家の外からでも撮影した写真・動画をNetflixちっくに楽しめる↑BTW

Plex Media Serverって無料で使えるアプリがすごくよく出来ている。下記はLAN内のRaspberry PiのIPアドレスをブラウザで直接アクセスしてPCのブラウザ上で見ているところ。Netflixみたいに自分で撮影した写真、動画を楽しめます。

データのあるメディアサーバー(今回の場合はRaspberry Pi))に直接アクセスして閲覧する方法もありますが、PlexはAndroid、iOS、Android TV、Amazon Fireとあらゆるデバイス用のクライアントアプリがあり、それぞれのデバイスにアプリをインストール、データを置いているPlexサーバーアプリと同じアカウントでログインするだけでルーターの設定とか無しに全てのPlex media serverのデータを楽しむことが出来ます。ちょっとセキュリティー的に怖いけどね。

Raspberry PiのPlexアプリにデータを保存するには保存してあるフォルダを指定してやります。「サーバーにアップロード」って機能は無いみたい。指定したフォルダ内の写真、画像はアクセスすると勝手にオンデマンドでサムネイルを生成してキャッシュしてくれるようです。

自宅の写真・動画のライブラリーを作って実家の親とかと共有しようかな。

上記の機能は無料で使えますが、有料プランもあるようです。どんな機能が増えるかは不明。

↓Plexアプリ自体は普通の商業コンテンツの再生にも使えることを売りにしているみたいなので、そのあたりのコンテンツが増えるのでしょうか?


Raspberry Piへのインストールの仕方、LAN内のNASをマウントする方法

参考にしたページは↓

すごく簡単です。
上記サイトを見て
Linux > Ubuntu (16.04+) / Debian (8+) - ARMv7
のファイルのアドレスを確認、Raspberry Piに移します。例えば
wget https://downloads.plex.tv/plex-media-server-new/1.19.2.2737-b69929dab/debian/plexmediaserver_1.19.2.2737-b69929dab_armhf.deb

インストール
sudo dpkg -i plexmediaserver_1.18.6.2368-97add474d_armhf.deb

以上です。自動でserviceも起動し、再起動しても勝手に起動するみたいです。

起動後は同じLAN内のPCからブラウザで
http://xxx.xxx.xxx.xx:32400/
でアクセス出来て、データを保存するフォルダなどの設定を指定出来ます。


NASのドライブをRaspberry Piにマウントする
参考:
例えばNAS内のwindowsファイル共有可能な「plex」というフォルダを共有する場合。

マウント先のフォルダを作成(名前を[yyy]と書いてます。)
sudo mkdir /mnt/[yyy]

マウントする
sudo mount -t cifs //192.168.1.xx/plex /mnt/[yyy] -o user=[NASにアクセスするID],password=[NASにアクセスするpassword],iocharset=utf8,vers=1.0
うちのNASではvers=1.0のオプションが必要でした。

再起動後も再マウントされるように設定
/etc/fstabに
下記を追加
//192.168.1.xxx/plex /mnt/yyy cifs vers=1.0,username=[NASにアクセスするID],password=[NASにアクセスするpassword],iocharset=utf8,rw,uid=1001,gid=1001,defaults 0 0
※uid, gidは上記じゃないことがあるらしい。コマンド「id」で確認

※CIFSがインストールされていなければインストールが必要らしい。
sudo apt-get install cifs-utils
※Raspberry Piに直接USB接続でHDDを接続して使う場合などは
// exFATフォーマットの有効化
$ sudo apt-get install exfat-fuse exfat-utils
// NTFSフォーマットの有効化
$ sudo apt-get install ntfs-3g
などが必要らしい。

世の中にはPlexをインストール出来るNASやルーターがあるので次に買う時はそのような機器を買うと良いかもしれない。
こういうのとか
ただしRaspberry Pi 3B+で動作させていても少し重たい処理をしているなと感じることがあるので、非力なCPUのデバイスよりもRaspberry Piとかで運用するのも悪く無いかもしれない。

気になるポイント
Raspberry Pi内のメディアを他のデバイスのPlexアプリ(クライアント)から閲覧する時はかなり重たい。どこがボトルネックなんだろう?
(省略されています。全文を読む

Category:Raspberry Pi・Arduino・m5camera

   全コメント表示・書き込み




2020.04.21

漢字の読めない小学一年生に最適な「ふりがな」付きのマインクラフトの攻略本を探す
漢字の読めない小学一年生に最適な「ふりがな」付きのマインクラフトの攻略本を探す↑BTW

休校の暇つぶしの気軽な気持ちでマインクラフトを新小学1年生に与えてもうすぐ1か月。

  • PS4のボタン多数コントローラーの使いこなし(俺でも難しいのに。。。。)
  • レゴでは限界のある巨大で複雑な構造物の作成。
  • 雨上がりの水たまりでやらせると大惨事になる水の流れでの遊びをバーチャルで。(または溶岩で)
  • レッドストーン関連を使った簡単なロジック(初歩のプログラム)で遊ぶ(「日照センサー」とかあるんだね)
  • 生き物を虐待して楽しむ
  • もっとマイクラの事を知りたくて買い与えたマイクラの本を必死に読んだり、アイテムの名前を必死に読んだりして読む能力の向上。文字から情報を得るという概念の習得。
  • マイクラをもっとやりたくて自分から1日の日課のドリルをやるようになる。
と予想以上の知育効果が得られていて4000円安かったぜ!と満足なパパですが。マイクラはゲーム画面もアイテム名も漢字とかカタカナ使いまくりなので、在宅のパパを捕まえて「パパ、パパ、これ何て読むの???」って聞いてきて仕事になりません。そこで小学1年生でも読めるマインクラフト本を探してみました。本屋が臨時閉店しまくりなのでAmazonで購入。

↓本その1の表紙(ふりがな付で分かりやすい)と書いてある。


2015年発刊。
↓目次、ちゃんとひらがながふってある


↓中身。。。。この思いついたようにたまにふりがな振ってあるのはなめてるのか?(怒)


↓本その2(ふりがな付で読みやすい)と書いてある。


2017年発刊
↓本文も全ての漢字に「ふりがな」振ってあって良い感じ。


1冊目は詐欺だな。よく見たら1冊目は表紙の「ふりがな」振りも抜けがあるのに対して2冊目は表紙の全ての漢字にフリガナ振ってある。

↓食い入るように読んでる我が子



しかし、うちの子はまだカタカナがまだ20%ぐらいしか読めず。むー。カタカナにもふりがな振ってあるとベターだったな。ちょっと今週末にでもフラッシュカード方式で短時間で暗記させられるか試してみるか。

自粛は良いんだけど、本屋もユニクロも締まっててすごく困るんだけど。。。。春服が足りないよー
(省略されています。全文を読む

Category:子供に課金するよ!

   全コメント表示・書き込み




2020.03.02

【コロナで長期欠品の恐れ!】バッテリー1か月持続の超小型子供GPSデバイス「GPS Bot」月額480円、端末4800円
【コロナで長期欠品の恐れ!】バッテリー1か月持続の超小型子供GPSデバイス「GPS Bot」月額480円、端末4800円↑BTW

ページ冒頭の
新しい GPS BoT(最新|第二世代モデル)の春生産在庫には限りがございます。コロナウィルスの影響にともない、春在庫が完売しますと、再供給には数ヶ月を要する可能性がございます。ご注文いただきましたお客様から順次出荷をさせていただいております。

というフレーズにパパ、ポチりそうになる。。。。。
でもこのサイズでこのバッテリーライフでこの月額費用は良い感じかと。

↓Amazonで売っているのは1つ前のバージョンっぽい。最新は「第2世代」らしい

(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2020.01.27

Raspberry Piを使って宅配便の再配達を撲滅した話(総集編)
Raspberry Piを使って宅配便の再配達を撲滅した話(総集編)↑BTW

最近のツマいわく「Amazonの配達員無愛想で怖いから頼まないで」とのことw。笑顔教育してくれよw

今年はRaspberry Piでもっと遊びたいと思っている。特にカメラつなげて撮影した映像のAI認識。
Google Edge TPUも買ってみたい。

(省略されています。全文を読む

Category:Raspberry Pi・Arduino・m5camera

   全コメント表示・書き込み




2019.10.28

子供大喜び!クツを後付けで「光る靴」に出来るモジュール(2019年の物欲19)
子供大喜び!クツを後付けで「光る靴」に出来るモジュール(2019年の物欲19)↑BTW


ボタン電池で動作するモジュールの両側に靴紐を通す穴が開いてます。



→Amazonで800円ぐらい。4色展開


しかし子供の靴をよく見ると、靴紐に見えたものがゴムで出来た飾りでした(汗)、仕方ないので結束バンド2本で固定w。

↓こんな梱包です(開封後)


子供は光る靴大好きだと思いますし、交通安全にも良いと思いますが、光る靴ってまともなシューズメーカーじゃなかったりして、靴としての品質が非常に悪い印象です。このモジュールでどんな靴も光る靴に変身出来て良い感じだと思います。

これって自転車とか、他のモノの夜間の視認性向上にも汎用的に使えるなあと思います。
(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2019.10.17

3Dプリンタのベルトをバネでテンション張ったらガツンとクオリティーが上がった
3Dプリンタのベルトをバネでテンション張ったらガツンとクオリティーが上がった↑BTW


右が改良前、左が改良後

改良前、設計図には無いシマシマ構造が見えます。


改良後、違うピッチで少し違う凹凸構造は残ってはいますね。


↓設計図


↓使ったのはコレ、



4個ぐらいあれば良いのに、Amazonで10個500円とか、100個1000円とかの究極の選択で購入出来ますw


10個頼んだのに16個入ってましたw

↓こんな感じでベルトに後から挿入してテンション張ることが出来ます。


↓長いベルトには2本入れてみました。


フム良い感じ。このベルトも組み立て時には十分テンション張って取り付けたはずなんだけど冬組み立てで、夏で温度上がって緩んだ?けっこうユルユルになっていました。一度外してきつく取り付けなおしても良いんだけど同じ事の繰り返しになるかな?とバネの導入を考えたわけです。

しかし、改良後でも定期的に少しXY方向にズレることはあるみたいですな。まあホビーで使うなら許せるクオリティーになってきた!
(省略されています。全文を読む

Category:【2台目】Flsun(中華)のデュアルヘッド大型3Dプリンター

   全コメント表示・書き込み




2019.07.12

M5Cameraを雑にプラレールに載せてクイックスタートモードで動画配信したら子供大喜び!(動画あり)
M5Cameraを雑にプラレールに載せてクイックスタートモードで動画配信したら子供大喜び!(動画あり)↑BTW


m5cameraはESP32という500円ぐらいののWifi×Arduinoユニットと1000円ぐらいのカメラユニットを組み合わせたガジェットで2000円ちょっとで購入出来るのですが、高度なスキルがあれば色々プログラムして楽しめる一方で、プログラムなど出来なくても「クイックスタートモード」と呼ばれる初期プログラムが組み込まれておりモバイルバッテリーの刺すだけで動画ストリーミングを楽しむことが出来ます。


そこで100円ショップで300円で売られているモバイルバッテリーと一緒にガムテープで雑にプラレールの車両に取り付けて動画配信してみました。これは楽しい!!!

息子が動画配信を見ているのは、誕生日に与えた3980円で買ったAmazon Fire7タブレットです。6歳の息子がWifi切り替えて「192.168.4.1」って覚えて入力しているのを見て、罪悪感を覚えます笑笑笑。ろくな大人にならんぞー。

配信中の画面。カクカクしているのはm5cameraもあるけど、Fire7タブレットの性能が低いせいもあります。撮影されている映像もめまぐるしいしね。



ESP32はこんな動画配信出来るほどのパフォーマンスがあるんだね。CPU部分はもっと低機能かと思ってました。
(省略されています。全文を読む

Category:Raspberry Pi・Arduino・m5camera

   全コメント表示・書き込み




2019.07.04

Amazon Fireタブレットをroot化せずに広告付きロック画面を省略する方法
Amazon Fireタブレットをroot化せずに広告付きロック画面を省略する方法↑BTW

素晴らしい。6歳(先週誕生日)の息子のFire7に適用しよう。不要なアプリを全部制限かけているのに使い始めにいつも広告付きロック画面を解除しないといけなくてAmazon死ねとか思っていたんだよね。

そいえば、息子のタブレットには無料アプリしか入れて無いんだけど、昨日下記のアプリに始めて360円課金しました。ひらがなを覚えるアプリで無料かと思ったら「あ」〜「た」行まで無料でそれ以降は有料バージョンのみだった。やられたー。まあ安いもんだ。
最近ガールフレンドからもらうお手紙を自分で読んだりお返事を書きたくなって、やる気の無かった平仮名の練習にやっと取り組む気になったらしい。
(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2019.06.17

息子の6才の誕生日にAmazonのFire7タブレットを与える実験。買ってみた感想(2019年の物欲12)
息子の6才の誕生日にAmazonのFire7タブレットを与える実験。買ってみた感想(2019年の物欲12)↑BTW


このキッズカバーは良いね。持ちやすいし、安心感がある。子供にとっても「俺のタブレット」感があることでしょう。

↓箱

購入したのはAmazonのFire 7タブレット(スーパーセールで3980円、第7世代)とキッズカバー(1980円)と液晶保護フィルム(799円)。


↓中身


併せて7000円ぐらいの誕生プレゼントって感じ。今、最新のFire7タブレットは第9世代らしい。きっと、たいして変わらないだろ。子供向けコンテンツが1年間使い放題の「Amazon Freetime Unlimited」入りのFireタブレット(12000円)と悩んだんだけど
Amazon Freetime Unlimitedは別途契約出来て、Amazonプライム入っていると月額500円、入ってないと月額1000円。すなわち今の状態でUnlimited付けると1年間で総額18000円(7000円+6000円+5000円(Amazonプライム))なのでお得だけど、、、、、

Unlimitedなコンテンツは与えるべきじゃないと思っていたので、必要なら追加で5000円分ぐらい有料コンテンツ買えば良いだろうという判断でバラバラに購入しました(本当はAmazonスーパーセールでポチっと買ったFire7タブレットの有効活用法を思いついただけともいうw)。Unlimitedの「壊しても無償交換」は良いと思うけど。壊したらしばらく無しで過ごさせるのが教育だろw。あと貧乏人なので「ほっておくと1年後から課金」みたいなのはなるべく契約したくない。

↓設定から色々と制限かけられます。


動画は見れないようにして、親のインストールしたアプリのみを遊べる設定。他にはカメラは使用許可、ブラウザはどうせまだ使えないので禁止。

↓色々と制限かけてアプリマーケットのキッズ向けアプリを多数ぶちこんだ後のホーム画面。(「設定」とか子供の使わなさそうなアイコンで消せないのは一番下(スクロールした一番下)に移動させています。


●ハード・OSについて
Fire7タブレット、中身は値段相応の中華クソタブレットです。まあ、中華ノーブランドよりはかなりマシ、Amazonが自社ブランドとして販売している安心感はあります。自分で使っている最新のAndroid×最新スマホに比べるとヒドイレスポンスだし、AmazonのOSの作りこみの甘さ、いじれる部分の少なさが気になるけど、不思議とすぐ慣れて何の問題も無く使えるようになります。生まれて初めてのタブレットならノープロブレムな感じ。16GBは知育アプリだけで使い切れる容量じゃないと思います。それよりはカメラで撮影した動画・写真で埋まりそう。

  • 起動時のロック画面にかならずゲームの宣伝が表示されるのをどうにかしたい。
  • このタブレットはGPSが入ってないみたい。ただしWifi情報使ってか、現在位置を誤差大きいけど特定してる。
●6才の子供に与えることについて
今のところ、成功な気がする。日頃からリビングのTVに設置されたAir Stick 4K使って動画見まくり→1日2時間の制限に達した後は、レゴ遊びみたいな感じだったのが、色々と遊びとプチ知育みたいなアプリで遊びだしました。節度を守ればゲームも知育の一種だよね。適当に詰め込んだアプリは知育よりのアプリの起動回数は少なくてゲームばかりやっているけど、近いうちに何か制限かけようかと思います。

  • お出かけ時にタブレットをリュックに入れて持ち歩き写真や動画を撮るようになりました。昨日も小田急線の写真を撮っており、家に帰ってその写真を参考に絵を描いてました。
●Amazon Freetime Unlimitedは必要か?
無料アプリが山ほどあるのでいらないかも。前述したように遊びたいアプリがあれば追加購入していくのも良いでしょう。


(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2019.05.14

Amazonのキッズ用Fire HD 8タブレットが本日限定4000円オフの10980円!
Amazonのキッズ用Fire HD 8タブレットが本日限定4000円オフの10980円!↑BTW

突撃するか?う〜ん、悩むところ。。。。。。

メリットもあるがデメリットも大きそう。う〜ん。
(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2019.03.11

買っちまった!デュアルヘッド・出力範囲26cm四方の大型3Dプリンター「Flsunの2019年モデル」組み立てキット(2019年の物欲8)
買っちまった!デュアルヘッド・出力範囲26cm四方の大型3Dプリンター「Flsunの2019年モデル」組み立てキット(2019年の物欲8)↑BTW

いやぁ、凄まじい部品点数(汗)


これ↓Aliexpressから購入で送料無料で332.8ドルでした。

脳裏に浮かぶのはナディア第1話の「汝は冒険者か?危険という名の滝をくぐり抜けその奥に伝説の正体を求める者か?ならば、我を求めよ」だな。果たして動作するところまで行けるんでしょうか(^^;。

↓香港経由の航空便で来たようです。ポチっと購入ボタンを押したのが3月1日だから8日で到着したことになります。通関書類を見ると日本には3月4日には入っていたみたいです。西濃はフェデックスといいDHLといい国際的な運搬会社に愛されているのはどういうことなんだろう?


もし動作出来たらデュアルヘッドだし2色印刷や水溶性フィラメントをサポートとして使ったりと遊べるはず、また、出力床面積は26cm四方と、現在の3Dプリンターは12cm四方(※直径16cmの円形の出力範囲)が限界なので、縦横の出力大きさが2倍になりメリットは大です。ヒートベッドも100度まで設定出来るらしいし、エクストルーダーの最大設定温度も260度と書いてあり、あこがれの食洗器OKなフィラメントとか試せるはず。

送料込めて4万円以下なので最終的に動かなくても泣きながら、まあギリギリ許せるかな。「動かない」の判断までに数か月、場合によっては1年ぐらいは粘るだろうし、心の準備も出来るでしょうw

中国からの貨物で輸入許可通知書がきちんと付いているのは初めてみました。小さい貨物は免除されていると思いますが、どういう線引きなんでしょう?通関金額はUSD85に設定されています。


↓購入時は送料無料だったのですが、通関時に税金とられて日本国内の配達を担当する西濃さんに消費税800円+建て替え税金648円の合計1448円を払いました。まあ仕方ない。


↓中に紙のマニュアルは無し、SDカードリーダーとSDカードがついているのですが、俺の人生でチープさナンバーワンな品、SDカードはラベルも無しでPCに刺す時にドキドキしました(^^;ウイルスチェックソフトでフルチェックしましたが大丈夫でした(笑)。

このSDカードの中に200ページにも及ぶ組み立てマニュアルが入っています。写真満載しすぎてエプソンの純正インクで印刷した日には数千円かかりそうです。SDカードは4GBでした。ざっと組み立てマニュアルみましたが、たいへん丁寧に写真で説明してあるので、部品が足りていれば組み立ては問題無いんじゃないかと感じました。

中華な組み立て式3Dプリンターは星の数ほどAmazonマーケットプレイスでも売られていますが、このFlsunのやつを選んだ理由はGearbestでパーツとか売っているのを見かけたのが選択した理由の一つです。実際はどれぐらいメジャーなブランドか謎ですが。
(省略されています。全文を読む

Category:【2台目】Flsun(中華)のデュアルヘッド大型3Dプリンター

   全コメント表示・書き込み




2018.11.15

Raspberry Piと5000円ぐらいのRTL-SDRを使ってAMラジオ〜アマチュア無線を受信出来るソフトラジオを作る
Raspberry Piと5000円ぐらいのRTL-SDRを使ってAMラジオ〜アマチュア無線を受信出来るソフトラジオを作る↑BTW

Amazonを見ると100kHz〜1.7GHzを受信出来るTRL-SDRが5000円〜であるね

これ受信出来るのはアナログ通信のみなのかな?


(省略されています。全文を読む

Category:Raspberry Pi・Arduino・m5camera

   全コメント表示・書き込み




2018.10.10

CCC Air Stick 4K(Android TV)にペアレンタルコントロールアプリ「Securekids」をインストール、無料で出来ることと有料版じゃないと出来ない事
CCC Air Stick 4K(Android TV)にペアレンタルコントロールアプリ「Securekids」をインストール、無料で出来ることと有料版じゃないと出来ない事↑BTW



前回、CCC Air stick 4Kに.apkファイルを使ってAndroidアプリをインストール出来ることを紹介しました。

今回当初の目的だったペアレンタルコントロールアプリを入れてみます。色々を記事があったので「Securekids」ってアプリを入れてみました。
このソフトは子供の使う端末に「Children」モードでこのアプリをインストールして、自分のスマホに「Parent」モードでこのアプリをインストールすると色々と子供の端末を制御出来るというものです。
まず、前回紹介した方法でSecurekidsをAir stick 4Kにインストールしました。ただAir stick 4Kのリモコンではこのアプリを操作出来ないため、適当なBluetoothマウスとキーボードをAir stick 4Kに登録しました。今回は自宅に転がっていた↓をペアリングしました。
そして色々と設定をします。Air stick 4Kの方でSecurekidsが使用履歴にアクセスできるようになどの設定が必要です。


管理アプリを有効にしているところ


自分のスマホとAir stick 4Kに同じアカウントでログインします。

↓子供の端末の利用状況が見えるようになります。残念ながらこの画面は24時間使いっぱなしのように表示されてしまうようです。どうやらバックグラウンドで通信するアプリがあるとそれを「使用中」と認識してしまうみたい。除外出来る設定がどこかにあるかもしれません。

↓今日の利用履歴、休日だからといってYoutubeを10時間も使っていてダメダメですね。どうやらES File Explorerが常時通信しているみたいです。怖いですねーw


夜間22:30-5:00まで利用禁止に設定したところ、この機能は無料版でも使用出来ます。


使おうとすると、このような画面が出てブロックされます。


スマホから見た画面、色々なことが出来るようです。


アプリごとのON/OFF設定画面。無料版でもアプリ毎の許可/不許可は設定出来ます。有料版だとアプリごとに一日あたりに使ってよい時間を設定出来るみたいです。


有料版は年間2000円って感じです。う〜ん、無料でもっと色々出来るAndroidアプリ無いかな。。。。
(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2018.08.20

ピジョン、うがいの出来ない赤ちゃんの虫歯予防に「ピジョン おやすみ前のフッ素コート」を新発売
ピジョン、うがいの出来ない赤ちゃんの虫歯予防に「ピジョン おやすみ前のフッ素コート」を新発売↑BTW

毒性は大丈夫なんだろうか?
許容上限は「1〜3歳1.5mg/日、4〜8歳2.5mg/日、9〜14歳5mg/日、15歳以上7mg/日」とのこと。ピジョンのうがい薬は100ppmのフッ素入り×40mLなので、1本をうっかり全部飲んでも4mg、まあ1日分の許容量は超えるけど問題無いレベルって感じだね。

大人がハミガキ以外の手段でフッ素を歯に届ける方法は無いものか?と思っていたら
こんなのあるんだね。
このガムは何個入りか知らないけど、一袋(100g)に700mgのフッ素配合らしい。多くね?100日に分けてちょっとずつ食わないとEPAの基準超えちゃうじゃん。
つか、ミネラルウォーターの上限5mg/Lってガバガバじゃん。
(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2018.08.10

お盆休みにペットボトルロケットで遊びたい
お盆休みにペットボトルロケットで遊びたい↑BTW

簡単に作れる?息子がロケットブームだし、暑いから水浴びたい。

↓ホームセンターで売っている散水用のソケットに自転車の空気入れ部分をエポキシ樹脂で固定する方法

ペットボトルへは空気入れで空気を入れる。発射時は手以外の方法でどうやってテイクオフさせるんだ?↓これも同じ方式

↓発砲入浴剤で圧をかけて、圧が限界になった時に飛び出すタイプ。栓は割りばしにビニールテープを巻いた簡単使用。
安定してテイクオフするのかな?
↓1000円ほどで買える市販品。
なんか安定してそうでいいかも(^^;。。。。。なんかこの記事の展開、アフィ記事っぽくね?w
(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2018.07.25

英語ヒヤリングの処理スピードを上げる方法、「スタディサプリ」ってスマホアプリが非常によく出来てる!
英語ヒヤリングの処理スピードを上げる方法、「スタディサプリ」ってスマホアプリが非常によく出来てる!↑BTW

「スタディサプリ」ってアプリ知ってます?リクルートが本気で取り組んでいる気配がするスマホアプリです(※この記事はステマではありませんw、リクルートさん金くれw)。僕は「スタディサプリENGLISH」ってアプリしか使ったこと無いですが、たぶん「スタディサプリ」も同じ感じだと想像して書いてますが、非常によく出来てます。現在、月額1000円の料金払って使ってます。

時代は「スマホのみを使った学習で大学受験までこなす」時代なんだなあと思いました。十分可能かもしれない。

話を戻して、その「スタディサプリENGLISH」ってアプリはヒヤリング、スピーキング(音声認識で発音までチェックしてくれる)を学習するのですが、数回学習したところ聞き取り能力診断というのが表示されて、音の聞き取りランクが「SS」で、文章の聞き取りスピードが「B」という極端な結果でした。ヒヤリングの弱点は脳の英語の処理スピードで、音はすべて聞き取れているってこと?

あ、なんかものすごく心当たりある。と思いました。そこで勉強方法を検索しました。

あわせると
(1)長い英文(フレーズフレーズは早口である必要はなく、途切れなくしゃべる、10分以上がベスト)を1日10回シャドーイングする。
(2)英語字幕ありで毎日30分、コンテンツを見る
を数か月やれば改善するらしい。やってみようと思います。両方とも無意識に昔やっていたことがあり、なんとなく英語処理スピードがあがる理由が分かる気がします。

あと↓をポチりました。

(省略されています。全文を読む

Category:英語学習

   全コメント表示・書き込み




2018.06.05

Raspberry Piで100V×2系統を制御&1wire×1、I2C×1、シャットダウンボタンを搭載したモジュールを作製(2個目)
Raspberry Piで100V×2系統を制御&1wire×1、I2C×1、シャットダウンボタンを搭載したモジュールを作製(2個目)↑BTW



前も似たようなの作ってますが↓、2個目を製作。前回のやつは汎用品として作り最近は低温調理装置専用となっています。今回作っている2個目は屋上に続く階段の洗濯物スペースの換気口のファンを温度と湿度に応じて動的に制御するために使用する予定。近いうちに3個目を作る予定あり。

こういうの作っていると息子(4歳)の興味と妨害がすごいので朝5時に起きて息子が起きるまでの時間を使って製作w

厚さ2mmのアクリル板で収納ケースを作っていきます。切断する部分に線を引きます。最近はパーツとパーツの間は2mm空けてます。2mmのアクリル板は昔大量に買ったので余っているんだよね。本当は耐火性を考えて塩ビ板とかに移行したい。あと厚さ2mmのアクリル板はバリっと割れるので次回は3mmの板で作る予定(3mmも大量に余っている)。


最近覚えたテクニックで電動丸ノコで切る前にロウソクを塗りたくると溶けたアクリルがくっつかず切りやすいらしい。切りやすい気がするけど気のせいかも(笑)


切り終わったところ。切断したい線から少し余裕のある部分を切って、あとで切断したい線ぴったりに電動丸ノコでけずっていくと綺麗に出来ます。
丸ノコは貧弱なやつです↓


マスキングテープで仮止めして、ほんのちょっとアクリルサンデー(ジクロロメタン)を付けて融着。固定されたら表面の保護シートを外した後で全体を融着していきます。保護シートを付けたままやると保護シートが汚くくっつきます。注意


ABS製の蝶番(ちょうつがい)を使ってフタを付けます。これもジクロロメタンでくっつきます。ジクロロメタンさいこー。


出来上がり。前よりケースがデカいけど将来拡張しそうな気がするのでケースは大き目にしました。


ACコンセントを設置する穴をあけていきます。2mmアクリル板はひ弱すぎてバリっと割れるので200℃のプラ溶かし用コテで空けました。う〜ん美しくない。プラスチックを溶かしながら吸い込んでくれる装置とかあったら欲しい。


I2Cや1wire出力をケースの外に出すための穴をドリルで空けます。今回は配線として外に出してますが、う〜ん美しくない。この部分をプラグ式にしたいのですが、4端子のプラグでケースに設置出来る良いパーツ無いかね?


今回新たに使ったACコンセントを設置するパーツ。一応パナソニック製。1個300円


設置したところ。これ大失敗です。2mmアクリル板にこうやって設置すると、コンセントを差し込む時のたわみでバリっと割れます。orz。


Raspberry Pi(今回は余っているRaspberry Pi A+を使用)とAmazonで買える中華な安リレーを設置。Raspberry PiはWifiドングル刺さっていてTeraTermで制御するのでインターフェイスつけてません。


リレー制御に必要な電流をRaspberry PiのGPIOは直接出せないのでC1815トランジスタと抵抗2本で増幅回路を組みます。カレント電流はRappberry Piの5V端子より供給。この回路組むのが面倒。回路は前回作ったのと同じです。安定化のためBとEの間に10kΩを挟みGPIOからの電流抑えるために1.8kΩ挟んでいます。モータードライバは直接駆動出来て楽だった(発熱は困ったちゃんだけど)。あんな感じでGPIOの電流のみで制御できるリレー無いものか?


ケースに設置


100V部分をDIY、ケース内に100Vを引き込んで3分岐、1つは100円ショップのAC-USB変換プラグ(白色の四角い部分)でRaspberry Piに電源供給して、残りの2つはヒューズ(2Aで切れるやつにしている)はさんで片方をリレーに通しています。ああ、燃えそうだなあww。


今後の反省点まとめ
  • アクリルをやめて塩ビに移行する
  • AC100Vまわりをもっとエレガントに配線出来るパーツを探す
  • ケースの外に4端子を出せるようなパーツを探す
  • そろそろ動作状況を表示する液晶とか付けたい。

(省略されています。全文を読む

Category:Raspberry Pi・Arduino・m5camera

   全コメント表示・書き込み




2018.04.12

Raspberry Pi 3BとRaspberry Pi公式カメラv2.1(SONY IMX219使用NoIR)、静止画、動画の撮影方法と、samba入れてネットワークドライブでアクセスする方法(2018年の物欲その20)
Raspberry Pi 3BとRaspberry Pi公式カメラv2.1(SONY IMX219使用NoIR)、静止画、動画の撮影方法と、samba入れてネットワークドライブでアクセスする方法(2018年の物欲その20)↑BTW


カメラが3000円。Raspberry Pi model 3Bが3400円でした。GearbestかPimorinoで購入。

数か月前に買って放置しているうちに、Raspberry Pi 3B+が発表されちゃいました。4000円で売ってる↓

↓箱です。



↓中身です。



カメラの仕様は↓
画素数は8M、固定焦点で、静止画の最大解像度「3280 x 2464」、動画は1080p30、720p60、640x480p90可能だそうです。1個3000円とちと高い。USB接続のWebカメラが1000円で買えるからねぇ。。。。
Raspberry Pi 3BとRaspberry Pi zeroの比較。でかいよー。しかし同じmicroSDで動くまったく上位下位互換なガジェットです。


使い方
(1)sambaのインストール(Windowsのネットワークドライブとしてアクセス可能にする)
sudo apt-get install -y samba
sudo nano /etc/samba/smb.confで下記を書き込む
------------------------
[nas]
path = /home/pi/nas/
guest ok = Yes
read only = No
------------------------
service samba restart
でアクセス可能になる。外部から「nas」という名前でアクセス出来る。

これは簡単!。もっと早く設定すれば良かった。

追記190908
さらに
------------------------
force user = pi
------------------------
が無いと外部から書き込めないみたい。

(2)カメラを使用可能にする。
sudo raspi-config
でカメラをONにする。

(3)静止画を撮影する。
raspistill -o image.jpg

↓撮影画像(クリックすると縮小無しの元画像)


(4)動画を撮影する
raspivid -o video.h264 -t 10000
↓撮影動画


Raspberry Pi用のカメラは1000円で買える「OV5647」ってイメージセンサーを使った5M画素のやつもあります(version1)。どれぐらい映りが違うんだろう?
この手の専用カメラで腹が立つのが、Raspberry Pi zeroはケーブルの規格が違って↓とかの安く手に入らない変換ケーブルが必要なことです。中華にも安い変換ケーブルは見当たらないね。
カメラに謎の白いパーツが付属していたんですが、手動で焦点のあう位置を補正するためのパーツらしい↓
最初は無限遠にピントが合うようになっているらしい。
raspistillのオプションは↓、RAWで撮影するオプションもあり、タイムラプス機能もあり、JPEGのサムネイルを入れるにはオプション指定が必要。ISOは100〜800らしい、最大露光時間は5秒ぐらいまでいける。ただし露光時間の直接指定は出来ず、ISO、exposureモードで決まるらしい。
星空がどれぐらい映るか試してみようかな。

RaspiVidのオプションも似たような感じ。
(省略されています。全文を読む

Category:Raspberry Pi・Arduino・m5camera

   全コメント表示・書き込み




2018.04.09

3Dプリンターで作ったDIYレールで、プラレールを高い位置まで導く試み(失敗)
3Dプリンターで作ったDIYレールで、プラレールを高い位置まで導く試み(失敗)↑BTW



 これまでにレールの軌跡を指定するとそのルートに従いプラレールのカスタムレールを出力するOpenSCADスクリプトを作ってきました。2D平面のレールは自在に出力可能になり、レール幅など少しカスタムすることで半径5cmの急カーブを曲がれるレールが作れることが分かりました。↓

 次にこのレールを用いて、らせん(スパイラル)状に高度をあげて、プラレールを高い位置まで省スペースでもっていけるレールを作ろうと思います。作ったモデルは↓(※下記は分割の細かさを最終モデルから少し落としています。うちのパソコン非力なんで編集時は落としている(^^;))


OpenSCADのソースコードは↓です。

-----------------------------------------------
$fn=10;

pitch=1/72;
wall_body=12; // normal=8
innerwall_body=3; //normal=1/5
wall=6;
width=41;

//main /////////////////////////////////////////////
for (t=[0:pitch:1-pitch]){
body(t2xyz(t),t2xyz(t+pitch),t2xyz(t+pitch*2),t);
}
in2(t2xyz(1),t2xyz(1+pitch),t2xyz(1+10.3/360),t2xyz(1+10.3/360+pitch));
out2(t2xyz(0+pitch),t2xyz(0),t2xyz(0-10.3/360),t2xyz(0-10.3/360-pitch));
poll(t2xyz(0),t2xyz(0+pitch));
poll(t2xyz(0.25),t2xyz(0.25+pitch));
poll(t2xyz(0.5),t2xyz(0.5+pitch));
poll(t2xyz(0.75),t2xyz(0.75+pitch));

Cyl2();
////////////////////////////////////////////////////
function t2xyz(temp)=[50*sin(temp*(360-10.3)),50*cos(temp*(360-10.3)),temp*60];

function XY(angle,Ddis,Vdis)=[
sign(Ddis*angle[0])*sqrt(pow(Ddis,2)/(1+pow(angle[1]/angle[0],2)))+sign(Vdis*-angle[1])*sqrt(pow(Vdis,2)/(1+pow(angle[0]/angle[1],2))),
sign(Ddis)*angle[1]/abs(angle[0])*sqrt(pow(Ddis,2)/(1+pow(angle[1]/angle[0],2)))+sign(Vdis)*angle[0]/abs(angle[1])*sqrt(pow(Vdis,2)/(1+pow(angle[0]/angle[1],2)))];

//poll
module poll(pos1,pos2){
Dir=pos2-pos1;
posO=pos1+XY(Dir,0,width/2+1.5);
translate([posO[0],posO[1],0]){
Cyl();
}
posI=pos1+XY(Dir,0,-width/2-1.5);
translate([posI[0],posI[1],0]){
Cyl();
}
}

//cylinder
module Cyl(){
difference(){
cylinder(r=3,h=60);
{
cylinder(r=2,h=5);
translate([0,0,5]){cylinder(r1=2,r2=0,h=5);}
}
}
translate([0,0,60]){cylinder(r=1.5,h=5);}
}

module Cyl2(){
cylinder(r=3,h=5);
cylinder(r=10,h=2);
translate([0,0,5]){cylinder(r=1.5,h=5);}
}


// body
module body(pos1,pos2,pos3,tt){
Dir1=pos2-pos1;
Dir2=pos3-pos2;
translate([0,0,pos1[2]]){
linear_extrude(height = 1.5,center=true){
polygon(points=[pos1+XY(Dir1,0,width/2),pos1+XY(Dir1,0,9.5),pos2+XY(Dir2,0,9.5),pos2+XY(Dir2,0,width/2)]);
polygon(points=[pos1+XY(Dir1,0,-9.5),pos1+XY(Dir1,0,-width/2),pos2+XY(Dir2,0,-width/2),pos2+XY(Dir2,0,-9.5)]);
if (round(tt*360/10)==round(tt*360)/10){
polygon(points=[pos1+XY(Dir1,0,8),pos1+XY(Dir1,0,-8),pos2+XY(Dir2,0,-8),pos2+XY(Dir2,0,8)]);
}
// polygon(points=[pos1+XY(Dir1,0,width/2),pos1+XY(Dir1,0,-width/2),pos2+XY(Dir2,0,-width/2),pos2+XY(Dir2,0,width/2)]);
}
linear_extrude(height = wall_body,center=true){
polygon(points=[pos1+XY(Dir1,0,width/2),pos1+XY(Dir1,0,width/2-1.5),pos2+XY(Dir2,0,width/2-1.5),pos2+XY(Dir2,0,width/2)]);
polygon(points=[pos1+XY(Dir1,0,-width/2),pos1+XY(Dir1,0,-width/2+1.5),pos2+XY(Dir2,0,-width/2+1.5),pos2+XY(Dir2,0,-width/2)]);
}
linear_extrude(height = innerwall_body,center=true){
polygon(points=[pos1+XY(Dir1,0,9.5),pos1+XY(Dir1,0,8),pos2+XY(Dir2,0,8),pos2+XY(Dir2,0,9.5)]);
polygon(points=[pos1+XY(Dir1,0,-9.5),pos1+XY(Dir1,0,-8),pos2+XY(Dir2,0,-8),pos2+XY(Dir2,0,-9.5)]);
}
}}

module out2 (pos1,pos2,pos3,pos4){
//start out
Dir=pos3-pos1;
Dir1=pos2-pos1;
Dir2=pos4-pos3;
//hiraban
translate([pos2[0],pos2[1],pos2[2]]){
linear_extrude(height = 1.5,center=true){
polygon(points=[XY(Dir1,0,-3),XY(Dir,7.5,0)+XY(Dir2,0,-5),XY(Dir,7.5,0)+XY(Dir2,0,-1),XY(Dir,1,0)+XY(Dir1,0,-1),XY(Dir,1,0)+XY(Dir1,0,1),XY(Dir,7.5,0)+XY(Dir2,0,1),XY(Dir,7.5,0)+XY(Dir2,0,5),XY(Dir1,0,3)]);
}
linear_extrude(height = wall,center=true){
polygon(points=[XY(Dir1,0,3),XY(Dir,-1.5,0)+XY(Dir1,0,3),XY(Dir,-1.5,0)+XY(Dir1,0,8),XY(Dir1,0,8),XY(Dir1,0,4.5),XY(Dir,9,0)+XY(Dir2,0,6.5),XY(Dir,9,0)+XY(Dir2,0,1),XY(Dir,7.5,0)+XY(Dir2,0,1),XY(Dir,7.5,0)+XY(Dir2,0,5)]);
polygon(points=[XY(Dir1,0,-3),XY(Dir,-1.5,0)+XY(Dir1,0,-3),XY(Dir,-1.5,0)+XY(Dir1,0,-8),XY(Dir1,0,-8),XY(Dir1,0,-4.5),XY(Dir,9,0)+XY(Dir2,0,-6.5),XY(Dir,9,0)+XY(Dir2,0,-1),XY(Dir,7.5,0)+XY(Dir2,0,-1),XY(Dir,7.5,0)+XY(Dir2,0,-5)]);
}}
}

module in2 (pos1,pos2,pos3,pos4){
//start in
Dir=pos3-pos1;
Dir1=pos2-pos1;
Dir2=pos4-pos3;

translate([pos1[0],pos1[1],pos1[2]]){
linear_extrude(height = wall,center=true){
polygon(points=[XY(Dir1,0,-8),XY(Dir,9,0)+XY(Dir2,0,-4.5),XY(Dir,9,0)+XY(Dir2,0,-9.5),XY(Dir,-1.5,0)+XY(Dir1,0,-9.5),XY(Dir,-1.5,0)+XY(Dir1,0,9.5),XY(Dir,9,0)+XY(Dir2,0,9.5),XY(Dir,9,0)+XY(Dir2,0,4.5),XY(Dir1,0,8)]);
polygon(points=[XY(Dir,9,0)+XY(Dir2,0,width/2-1.5),XY(Dir,9,0)+XY(Dir2,0,width/2),XY(Dir1,0,width/2),XY(Dir1,0,width/2-1.5)]);
polygon(points=[XY(Dir,9,0)+XY(Dir2,0,-width/2+1.5),XY(Dir,9,0)+XY(Dir2,0,-width/2),XY(Dir1,0,-width/2),XY(Dir1,0,-width/2+1.5)]);
}
linear_extrude(height = 1.5,center=true){
polygon(points=[XY(Dir1,0,11),XY(Dir,9,0)+XY(Dir2,0,11),XY(Dir,9,0)+XY(Dir2,0,width/2-1.5),XY(Dir1,0,width/2-1.5)]);
polygon(points=[XY(Dir1,0,-11),XY(Dir,9,0)+XY(Dir2,0,-11),XY(Dir,9,0)+XY(Dir2,0,-width/2+1.5),XY(Dir1,0,-width/2+1.5)]);
}
}
}

-----------------------------------------------


 前回のスクリプトから、立体出力するためにt2xy()という関数をt2xyz()に拡張してます。また、これまでレールの端の凹凸連結部はどんな曲線のレールであっても、直線で出力していたのですが、直線だとスパイラルに上っていくレールどうしの連結に問題が出るので、連結部自体も曲線に従って出力出来るように改造しています。(直線でも出力可能。曲線にすると、どんなレールどうしでも連結可能という汎用性が失われてしまうので悩ましいのですが)

 さらにスパイラル360度一周するレールを8本の支柱で支えています。支柱は縦方向に連結可能にして、上端に凸構造の差込部、下端に凹構造の差込部(サポート材が出来ないように中の空洞を円錐構造に加工してあります)。

↓3Dプリンターで出力したところ。フィラメントの使用量は130g、材料費として250円ぐらいかな。しかし、ほとんどサポート材なのでもったいないです。う〜ん。


↓サポート材を外したところ。大量のゴミ(サポート材)が勿体ないです。溶かしてフィラメントを自分で作る装置が欲しいね。



 このモデルの改善点としては、使用フィラメント量を減らすためレール中央部分を空洞にして10度に1度だけ左右を連結しているのですが、これだと弱すぎました。サポート材を外している時に1か所パキっと綺麗に取れてしまった。まびいて、30度に3度だけつなぐよう太くするのが良いかと。また出力時のトラブルで支柱が少し歪んでいるところも、デザインを改善するか、または、出力速度を遅くする(今回は出力速度を60mm/s)のがよさそうです。その他は最初の出力にしては特に不具合も無く良い感じだったのですが・・・・

↓プラレール乗せたところ

 大失敗、プラレールの車両がデカすぎて、支柱の間を通れませんw。車輪部分はレール幅を広げるなどして通れるようになりまししたが、車輪より車体の方が断然大きいのをすっかり考えていませんでした。

 今回の失敗はかなりイタイです。というのも。今回出力したこのスパイラルオブジェクトは支柱部分も併せてちょうど直径15cm。うちの3Dプリンターで出力出来る限界サイズだからです。(半径5cmが曲がれるようにこだわったのはこれが理由です)。

 どうやらスパイラル1周分を分割出力する必要がありそうです。う〜ん。120度ずつ出力かな。分割したパーツの連結も考え、上部のパーツを保持する支柱も設計しないといけないのでかなり面倒です。う〜ん。面倒になってこのプロジェクトは一時塩漬けにしそうな予感。ちょっと未定です。ただ、OpenSCADでのモデリングは紙とペンで考えることも多いし、電車での移動時とかの暇つぶしに良いので進めるかもしれません。

 少し今後どうするか考えます。↓デカい(直径25cmまで出力OK)3Dプリンターが組み立て式だけど35000円(Aliexpressの値段、下記はAmazon)で買えるので、3Dプリンターをアップデートして解決するのも手かなw。置き場所に困りそうだけど。

(省略されています。全文を読む

Category:DIYプラレール

   全コメント表示・書き込み




2018.04.07

ユーチューバー目指して音声合成ソフト「CeVIO Creative Studio 6(チェビオクリエイティブスタジオ)」を購入(2018年の物欲その19)
ユーチューバー目指して音声合成ソフト「CeVIO Creative Studio 6(チェビオクリエイティブスタジオ)」を購入(2018年の物欲その19)↑BTW

すごい簡単に使えるソフトです。↓さっそく動画作ってみました。

俺のもう一つのサイト「Amrit不老不死ラボ」の2018年3月のニュースのまとめ動画です。こういうのニーズありますかね?

↓編集画面


無料体験版で全機能使えますが、作った音声を.wav保存出来ません。ナレーション音声を作るエディタ「トークエディター」が3000円ぐらい。音声が1人分各3000円ぐらい、歌声を作る「ソングエディター」が3000円ぐらい。って感じです。音声は女性2人、男性1人あります。残念ながら女性の声はどちらも知的には程遠い感じだったので男性の声とトークエディターのセット「タカハシ トークスターター」6480円をダウンロード購入しました。

使い勝手は何の問題もないです。漢字、カナ交じりの文書テキストを長文張り付けすると適当に分割してt登録され、適切な抑揚を付けて再生しくれます。編集画面を見れば分かるように、微調整も可能。今回作った動画は6分程度ですが、張り付けた後、微調整したのは3か所ぐらいです。

エクスポートすると分割された.wavファイルが出来ます。上記の動画作成は出力した.wavファイルを先日購入したVEGAS↓に張り付けていくだけです。

不満点を挙げるなら、音声データのバリエーションがもう少し欲しいね。特に知的な女性の声が欲しい。似たようなソフトにVOICEROIDってシリーズ↓を発見。似たような金額。しかし滑らかな音声を合成するなぁ。

(省略されています。全文を読む

Category:Windows、Windows用ソフト、マイクロソフト

   全コメント表示・書き込み




2018.04.05

Windows/Mac対応、FTP/WebDAV/各種クラウドストレージを普通のフォルダとしてマウントするソフト「Mountain Duck」
Windows/Mac対応、FTP/WebDAV/各種クラウドストレージを普通のフォルダとしてマウントするソフト「Mountain Duck」↑BTW

39ドル。オープンソースのCyberduckっていう同様のソフト↓を改良した感じ?

(省略されています。全文を読む

Category:Windows、Windows用ソフト、マイクロソフト

   全コメント表示・書き込み




2018.03.29

2018年の物欲その15:子供用自転車の交換用サドル
2018年の物欲その15:子供用自転車の交換用サドル↑BTW

↓2年前ぐらいに買った自転車のサドルがボロボロに。中のスポンジが水を含むので雨が降ると3日ぐらい経過していてもオケツがぬれぬれに。


↓購入したのはこれ↓


子供用のサドルを頑張って探して買ったつもりだったけど、差し込むところのパイプのサイズは大人用と同じでした。


今、上の子は4歳9か月、補助輪付きで自転車を自在に乗りこなすようになってきました。さて、いつ補助輪外すべきか。
(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2018.03.08

新生児用無呼吸検知ワイヤレスモニター「エンジェルケア(Angelcare) AC601」(動作動画)(2018年の物欲その12)
新生児用無呼吸検知ワイヤレスモニター「エンジェルケア(Angelcare) AC601」(動作動画)(2018年の物欲その12)↑BTW


ツマが「最近噂の無呼吸症候群で呼吸止まったらどうしよう」と不安にかられてウルサイので仕方なく購入。
色々と調べたんだけど日本製はまったく売ってない感じ、責任とれないとか、医療用品扱いになるとか、くだらない理由だと予想。

日本のAmazonのマーケットプレイスで8000円とかでAngelcare A601ってやつを購入したんだけど、どうやら古いモデルだったらしい。

最新モデルはAngelcare A701ってやつ?タッチパネルになって100ドルほど↓

公式サイトを見ると↓多数のモデルがあります。AC601の定価は59ドルらしい。↓実際に使っているところの動画です。ベッドの上で赤ちゃんの動きが無くなって10秒ぐらいたつと受信機から警告音が鳴りなす。使い始めて1週間ぐらいですが誤作動は無さそう。分厚いベッドマットの下にセンサー入れているんですが、よく呼吸によるわずかな動きを検知できるなー。優秀です。


↓箱です。動き検知モニター+サウンドモニター(泣くと検知)らしい。


↓受信機です。電池でも動きますが、ACアダプターも付属しています。本体の左側にABCと送信チャンネルの選択スイッチがあり、3台同時に使えるみたい。本体の右側はスイッチとアラームの音量調整。裏面にはACアダプターの差込口があります。





↓送信機。こちらも電池またはACアダプターで動きます。前面がスイッチ、本体左側には受信機同様にABCのチャンネル切り替えスイッチ、右側は「動き検知とサウンドモニター」「サウンドモニターのみ」を切り替えるスイッチ、裏面には動きセンサーの感度ボリュームと、ACアダプターの差込口があります。





↓動きセンサーです。


↓赤ちゃんのベッドの下に入れるのですが、それなりに厚みがあって、寝心地が悪くなりそうなので


↓段ボールでこのような枠を作って使ってます。

(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2018.02.20

2018年の物欲その8:オーブンで焼くと固まるエジソンのシリコンねんど8色セット
2018年の物欲その8:オーブンで焼くと固まるエジソンのシリコンねんど8色セット↑BTW


これ↓

DLIFEで宣伝しまくっていて、息子が欲しがってしょうがないので購入。くっそバカ売れしてるんだろうな。

↓箱、これで1500円ぐらい、そこまで高くないので、単なる粘土買うならコレ買うのが良いね。


↓8色が各35グラムずつ入ってます。カラフルで良いね。おまけで黒色が15グラムぐらい追加で入ってます。


↓机の上で遊んでも、どうにかこびりつかない程度って感じ。それぞれの色はよく混ぜると新しい色を作り出せるらしい。


↓オーブンを200℃で余熱して15分間焼くと固まってお風呂でも遊べるとのこと。


↓出来上がり。固まるといってもシリコンなので柔らかい感じです。今回、船を作ったのですが、きちんとお風呂に浮きました。(※素材自体は水より重いです)


う〜ん、買ってみたけど、出来合いのオモチャを与えすぎて、3Dプリンターで作ったオモチャを与えすぎたのか、自分で作る気があまりない感じ。。。。。むむむ。
(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2018.02.19

3DプリンターのスライスソフトをCura 2.3→Cura 3.2にアップデートしたら設定で大変苦労した。多色出力したオモチャに初挑戦。
3DプリンターのスライスソフトをCura 2.3→Cura 3.2にアップデートしたら設定で大変苦労した。多色出力したオモチャに初挑戦。↑BTW

Windows10(32bit)→Windows10(64bit)に再インストールしたんだけど、1年の間にスライスに使っていたソフトCuraが2.3から3.2に大幅アップグレードしていて、再インストール後、手持ちの3Dプリンター「3Dグレコ」で出力出来るようになるまでに苦労しました。


↑最近出力したヘリコプターのオモチャ、白、紫、透明の3種類のPLA樹脂で出力してみました(ちょっとずつ余っていたので。。。)。最後にM4のネジでローターを固定して出来上がり、きちんとクルクル回って良い感じ♪しかし、同じメーカーのフィラメントなんだけど色ごとに柔らかさが違うぞ。。。。色素の影響????
うちは常にこの1kg2000円の↓激安フィラメントです。特に問題無し。

出力したデータ↓
う〜ん、多色にするのも良いね!、子供もテンション高め!しかし最近、ツマが置き場が無いからもうオモチャを作るなとうるさい・・・・
Curaはこちら↓
↓まずKossel Proという設定を選んで印刷してみました。

この設定だとこれまでの動作と逆で、出力ヘッドを加熱する前にオートレベリングを実施し、その後ステージの中心にヘッドを持って行き加熱をスタートします。ここまでは良かったのですが、なぜか出力ヘッド加熱後にヘッドが動ける範囲外に移動しようとしてうまく印刷出来ません。
GCODEを見ると
M140・・・・・テーブルの温度を指定(ただし温度指定なし)
G28・・・ヘッドをホームに
G29 Z10・・・・オートレベリング
M109 S220・・・・出力ヘッドを220℃に
GO0 X125 Y-60 Z0.1・・・・・高速直線移動でX125 Y-60 Z0.1に←恐らくこれがダメ
G92 E0・・・・この位置を原点に
G01 E25 F100


↓次にKossel miniという設定を選んでみました。

しかしこの設定ではオートレベリングの前にヒートベッドの温度を上げようとして固まってしまいます。
GCODEを見ると
G21・・・単位をmmに
G90・・・座標を絶対値座標に
M82・・・・・入力値を絶対座標で指定
M107・・・・・ファンの電源を切る
G28・・・・ホームポジションに
・・・
という感じ、どこにもヒートベッドの温度を上げるコマンドは無いのですが。。。。

これまで使っていたGCODEは下記でした。G28とG29があれば動く感じ


↓Kossel miniのG28以前をごっそり削って、G28のあとにG29(オートレベリング)入れたらなんか動きました。Origin at centerはONのままでHeatbedはチェックを外しています。Gcode flavorはRaprepに


う〜ん、よく分からない。。。。Kossel ProではG21で単位がmmになっていないのが敗因?さらに変な位置を原点に設定しようとしている意味が分かりません。まあ動く設定が見つかったし良いか♪

↓個人的メモで現在使っている設定一覧です。



↓Cura3.2になって無駄にMicromake kosselの外観が忠実に表示されるようになりました。


出力したデータは↓
ちなみにこの3Dプリンターは直径16cmぐらいの円柱まで出力出来ます。正方形だと120mm×120mmが限界、これで長径が16.5cmになる。ちょっと足りないなぁ・・・20cm×20cm欲しい。
(省略されています。全文を読む

Category:【1台目】3Dプリンター「3Dグレコ」でイロイロDIY

   全コメント表示・書き込み




2018.02.08

タミヤのタンク模型にレゴ・デュプロのブロックを固定できるように改造
タミヤのタンク模型にレゴ・デュプロのブロックを固定できるように改造↑BTW

息子(4歳)はレゴ遊びにあきて、動きのあるプラレールばかりで遊んでいます。
たくさん買ってあるレゴ(とくにデュプロのブロック)を活用してくれないかなと表題のことを行いました。




購入したのはレゴ・デュプロを固定できるシート、安い互換品


タンクはこれ↓。30年前から売ってる気がする。そのへんに落ちていた木切れで適当に固定出来るように土台を作ります。
↓シートを100円ショップののこぎりで程よい大きさに切り


↓ネジで止めて完成!


う〜ん、しかし、あまり遊んでくれないなw。やはり車より電車好きだからな、プラレールにレゴ・デュプロを固定出来るようなハックがしたいな。
(省略されています。全文を読む

Category:DIYレゴ

   全コメント表示・書き込み




2018.01.22

500円デジタルタイマーモジュールで3Dプリンターのヒートベッドを自動OFFするよう改造(2018年の物欲その4)
500円デジタルタイマーモジュールで3Dプリンターのヒートベッドを自動OFFするよう改造(2018年の物欲その4)↑BTW


↑3Dプリンターの右上についている青い基板のモジュールが今回取り付けたデジタルタイマーモジュール。出力しているのは息子が船ブームなので無駄に長いタンカー。3Dグレコは1方向だけですが、最大28cmまで出力出来るのでこういう時に便利です。色々な形の船を出力しては風呂で遊ばせているのですが、4歳にして浮力の概念を把握してきたのか、「上が重すぎるんじゃない?」「下に水が入ると沈むんじゃない?」とか言い出しました。

我が家の3DプリンターにはDIYしたヒートベッドを搭載してるのですが、3Dプリンター本体により制御されていないため、出力終了後もホカホカのままで電気代がもったいないと思っていました。また、一度は本体の印刷ヘッドの加熱に連動してスイッチがON/OFFされるようにしたのですが、どうも動作が安定しなくて困っていました。

そこで今回はシンプルにヒートベッドを指定時間後に自動OFFにすることにしました。
使用したのは↓、送料込み500円ほどで買える中華パーツです。


もちろん説明書などついてないのでAmazonのレビュー欄を参考に使いましょう。

↓写真の上についている基板の左側が動作させるための12Vと動作開始のためのシグナルです。上から12V+、SIGNAL、12V-です。SIGNALと12V+をショートさせると動作開始ですが、この手の製品は仕様変更が怖いので裏面の表示などご注意ください(笑)。
右側のリレーがついている側も3端子ありますが、真ん中と下の端子が指定時間完了後にOFFになります。恐らく、一番上の端子を使えば、指定時間の間のみスイッチOFFとして使うことが出来ます。



カウントダウンは3桁(0〜999)までしかありませんが、単位を0.01秒〜1時間まで選べますので、0.01秒〜999時間まで選べます。確か、「005.」って表示させると5分で「00.5.」って表示させると5時間かな?恐ろしく多機能なタイマーです(詳細はAmazonのレビュー欄を)

↓こちらは5Vでも使えるらしい

(省略されています。全文を読む

Category:【1台目】3Dプリンター「3Dグレコ」でイロイロDIY

   全コメント表示・書き込み




2018.01.12

インクジェットプリンタで印刷出来るマグネットシートでお風呂で遊べる知育カードを作ったが失敗気味(2018年の物欲その2)
インクジェットプリンタで印刷出来るマグネットシートでお風呂で遊べる知育カードを作ったが失敗気味(2018年の物欲その2)↑BTW



購入したのは↓

厚さ0.3mmの強力タイプで、A4サイズ×5枚で810円(1枚あたり160円ぐらい)。「ぴたえもん」ってブランドらしい。ラミネート加工した後もきちんと壁にくっついて欲しいし、この紙より厚くなると、ラミネート加工が不可能になってしまうので、あまり他の選択肢はありません。


↑ネットで公開されている英語教育用のPDFを印刷


↑ハサミで切っていきます。A4一枚で8個のカードが出来るので、1枚あたり25円ぐらいの制作費な感じ。そこまで安上がりではありません。


↑分かりにくいですが、それぞれのシートをラミネートしていきます。ラミネートフィルムは100円ショップで購入したもの、費用はほぼゼロです。


↑うちのお風呂の情況。リビングルームと違い、お風呂は気が散らないので、お風呂に入るたびに、「これは?」とか聞いてリピートしてくれて凄まじい学習効果です。関係無いですが、最近、子供が入浴剤にハマってます。


↑ただし残念ながらラミネートした周囲をギリギリまで切ってしまったため、中に水が入るカードが続出。大失敗です。インクジェットプリンタも耐水性の無い染料インクで、インクがにじみ気味です。

ネット検索するとラミネートの枠をしっかり確保すれば水は入らないらしいので、次回同じようなカードを作る時は、きちんとふちを残したいと思います。
顔料インクのプリンタを使えば、なお良いとは思いますが、カードの中に水が入るような情況だといずれカビが生えそうです。

またラミネートフィルムはアイロンとかでもくっつくらしいのでアイロンを使って穴が空いてしまっている部分を再接着させて防水性を上げてやることが可能かもしれません。


(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2017.12.31

usePocketの2017年に書いた記事の1年間のアクセスランキング
usePocketの2017年に書いた記事の1年間のアクセスランキング↑BTW

ガジェット関連、自宅DIY記事へのアクセスが多いね。あとウィルコム、ワイモバイル関係も。

●2017.03.18:ソフトバンクのXperia X Performance(502SO)を自分でSIMロック解除してワイモバイルで使ったら快適だった!オサイフもテザリングもPDXメールもOK(2017年の物欲その15)(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)7827access
●2017.07.31:『転生したらヤムチャだった件』後編が完成(アニメ・マンガ・ヲタク)6199access
●2017.04.30:ソフトバンクの株主優待で100株保有でワイモバイルの利用料金が年間6000円割引に(お金・マネー・不動産)3967access
●2017.11.16:Firefox 57(Firefox Quantum)の代替アドオンを紹介するエントリ(Windows、Windows用ソフト、マイクロソフト)3224access
●2017.02.28:プログラマーおわた。Microsoftなどが「仕様通りに動くコード」を自動生成するシステム「DeepCoder」を開発(人工知能・ディープラーニング・音声アシスタント)3121access
●2017.04.20:ついに来た。ワイモバイル、PHSの新規契約・機種変更を2018年3月で終了。停波の予定は今のところ無し?(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)3069access
●2017.02.04:(広角レンズ撮影)寝台列車「サンライズ出雲」に乗って帰省してみた。3歳児と乗るのに適した客室は?(おでかけ情報・旅行・恋愛・結婚・夫婦)2906access
●2017.05.06:GWを利用して屋上全面をタープで覆い炎天下や雨でも快適なスペースにするぞ!その4。制風権確立って感じ!改善が必要なポイント(木造2階建ての屋上に20畳のルーフテラスを付けるぞ!)2720access
●2017.04.18:2017年の物欲その23:今なら凄く安く買える実用性抜群のスマートウォッチ「Pebble Time Round」(腕時計型端末)2694access
●2017.04.29:ゴールデンウィークを利用して屋上全面をタープで覆い炎天下や雨でも快適なスペースにするぞ!その1(木造2階建ての屋上に20畳のルーフテラスを付けるぞ!)2641access
●2017.03.14:今日のDIY:自室にモノが多くて荒れ放題なので壁に備え付けの棚を作った。なんということでしょう!ビフォー&アフター(DIY・パソコン本体・周辺機器)2539access
●2017.06.16:ソニーの第2世代デジタルペーパーDPT-RP1購入1週間後気になったポイント18個、手描き内容のコピペ、移動などもOK(動画)(商品購入レビュー)2146access
●2017.01.10:すんげー、サイトまるごとパクられてるw(usePocket運営関連)2110access
●2017.06.08:2017年の物欲その30:ソニーの第2世代デジタルペーパーDPT-RP1購入!普通に紙のノートを超えていた!(動画3つ)(商品購入レビュー)2100access
●2017.01.12:2017年の物欲その1、温度調整出来るハンダごて、プラスチックを溶かしてくっつけて何でも修理可能で1600円。(商品購入レビュー)2021access

●2017.05.01:GWを利用して屋上全面をタープで覆い炎天下や雨でも快適なスペースにするぞ!その2(木造2階建ての屋上に20畳のルーフテラスを付けるぞ!)1812access
●2017.06.20:キングジムのポメラDM200でついにLinuxが動く!、なんとカラー液晶をモノクロ液晶として使っていた(未分類)1792access
●2017.03.03:イオシス アキバ中央通店GO【助けて下さい】 W-ZERO3 WS003SHの未使用品が入って来たのですが他の店舗が搬入を拒否したみたいで在庫全部当店にやって来ました。(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)1727access
●2017.06.10:国民年金「4割が未払い」のウソ(社会)1727access
●2017.08.14:Yモバイルが丸2年経過すると高くなる問題(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)1644access
●2017.01.15:室内の暖かい空気を供給する小型温室をベランダにDIYするも保温性がイマイチ(植物栽培・自宅で大規模水耕栽培)1620access
●2017.03.10:2017年の物欲その12:USBメモリっぽいスパイカメラ「匠ブランド(TAR6U)ミニUSBメモリ型ビデオカメラ Beans (ビーンズ)」撮影サンプル(デジカメ・カメラ・ビデオカメラ)1615access
●2017.08.26:高速道路の路肩に停車するのがナゼ危ないのかの理由が衝撃(車・乗り物・車載ガジェット)1606access
●2017.07.24:来月からワイモバイルの契約が月額2980円1GBになってしまう(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)1522access
●2017.09.10:2017年の物欲その51:30年ぶりのプラモデル。ハセガワ1/200 ANA B787-8 プラモデル、(商品購入レビュー)1470access
●2017.02.05:日産からリーフの半分のバッテリーを搭載したキャンピングカー「NV350キャラバン リチウムイオンバッテリー搭載 グランピングカー」(車・乗り物・車載ガジェット)1449access
●2017.12.27:もう嫌だ(><)、自宅のインクジェットプリンタを買い換えたい(★物欲の神様♪)1427access
●2017.07.25:復活!携帯電話周辺機器を製造販売する「ウイルコム株式会社」曝誕!!!!(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)1388access
●2017.10.04:乾燥大豆肉(大豆ミート)を使えば+10円で手持ちの即席麺を好きなだけ肉祭り化可能。しかし商品によって大きな違いがあるので注意(食欲の神様♪♪♪&酒)1355access
●2017.02.03:メルトダウンした福島原発2号機の調査結果、最大530シーベルト(2011大地震・原発 #jishin)1352access
●2017.04.21:2017年の物欲その25:ビアンキ(bianchi)のショルダーベルト付きブリーフケースTBTC-14ブラック(商品購入レビュー)1348access
●2017.11.20:1年間酷使したモバイルバッテリーがどれぐらいヘタっているか測定してみた(DIY・パソコン本体・周辺機器)1339access
●2017.04.05:屋上全域を大きな布(タープ)で日陰にしたい(木造2階建ての屋上に20畳のルーフテラスを付けるぞ!)1287access
●2017.02.06:「NHK集金人を6秒で撃破!「はい」3回で集金人を撃退する方法」(テレビ・ラジオ)1278access
●2017.07.09:行列ができるほどの人気を集めたスマートフォン「W-ZERO3」(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)1264access
●2017.05.30:40歳の独身女性が電車に轢かれ「シティーハンター」の世界に転生する物語を描く「今日からCITY HUNTER」スタート(アニメ・マンガ・ヲタク)1233access
●2017.05.14:2ちゃんねらー、北朝鮮暗号放送を解読し、今朝のミサイル発射を完全予言。なお、明日(月曜)もある模様(海外・国際・軍事)1207access
●2017.08.05:「出生数100万割れ」に鈍感な政治家たち(政治・司法・行政)1202access
●2017.05.04:GWを利用して屋上全面をタープで覆い炎天下や雨でも快適なスペースにするぞ!その3(木造2階建ての屋上に20畳のルーフテラスを付けるぞ!)1200access
●2017.10.17:石原慎太郎氏「節を通した枝野は本物の男に見える」(政治・司法・行政)1195access
●2017.01.05:まじでやめよう耳掃除。米医学会が声を枯らして警告(健康)1195access
●2017.01.20:2017年の物欲その3、ネットインデックスのモバイルLTEルーター「NI-760S」6980円(商品購入レビュー)1178access
●2017.10.09:これ何の幼虫?(植物栽培・自宅で大規模水耕栽培)1167access
●2017.03.22:SIMロック解除してワイモバイルで使っているXpera X Performance(502SO)とAQUOS CRISTAL Y(402SH)のAntutuベンチ比較、HUAWEI nova lite、Galaxy S8とも比較(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)1162access
●2017.01.18:ワイモバイル契約者はヤフープレミアムが無料に、ヤフオクも使い放題!(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)1160access
●2017.07.17:テスラモデルSを買った男がバカだったとkakaku.comで嘆く。自然放電で2週間で160km分消える(車・乗り物・車載ガジェット)1159access
●2017.02.07:日本の全てを売り払って自身の年金を捻出する老害世代、日本の若者には何も残さない!(ビジネス・教育・ライフハック)1137access
●2017.08.27:重くなり、改悪が続くFireFoxにおさらばしたい人に最適、FirefoxからフォークしたWebブラウザー「Pale Moon」、Firefoxアドインが利用可能(Windows、Windows用ソフト、マイクロソフト)1133access

●2017.01.16:Amazon Fire TVのMiracast機能でWindows 10の画面をリビングテレビにミラーリングする方法(Windows、Windows用ソフト、マイクロソフト)1135access

●2017.05.06:名古屋のレゴランド行ってみたレビュー(おでかけ情報・旅行・恋愛・結婚・夫婦)1122access
●2017.09.19:サビがコンクリートに付くと汚くて取れない問題(木造2階建ての屋上に20畳のルーフテラスを付けるぞ!)1103access
●2017.01.29:Raspberry Piで勝手に通信している何かをつきとめ、止めたい(Beaglebone・Raspberry Pi)1073access

●2017.05.31:ワイモバイルからおサイフ、防水対応のAndroid Oneの新モデル「X1」登場、シャープ製、メモリ3GB(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)1100access
●2017.02.16:2017年の物欲その7の続き:防水100万画素無線LAN接続監視カメラ「TENVIS TH692」をサイディング外壁に設置。撮影データをどうしようか(木造2階建ての屋上に20畳のルーフテラスを付けるぞ!)1100access
●2017.08.21:自動捕獲機能搭載のポケモンGOプラスのパチもの「Pocket AutoCatch」登場(ポケモンGO)1099access
●2017.09.07:壊れた水槽用の高出力LED電球を直したい(初心者の海水魚飼育日記)1099access
●2017.11.06:ゼロから始めるVR生活!ついにPS VRとPS4proを購入♪(2017年の物欲その60)(商品購入レビュー)1090access
●2017.09.08:2018年に4K/8K実用放送開始、B-CASは廃止され、不正視聴されにくいICチップ方式に(未分類)1089access
●2017.04.10:Pebbleの代わりになる素敵なスマートウォッチ5つ(腕時計型端末)1083access
●2017.01.28:総予算16000円、AC電源さえあれば3G/LTE経由で2か所の温度を24時間監視出来るワイヤレス温度計ユニットを作った(Beaglebone・Raspberry Pi)1070access

●2017.04.09:デルタ型3Dプリンター「3Dグレコ」でレゴ・デュプロのブロックを生産してみた。そのコスパ(3Dプリンター「3Dグレコ」でイロイロDIY)1068access

●2017.02.22:大地震、戦争などで、文明が崩壊した後、自宅で5年間生き抜くにはどうしたら良いか(災害対策・インフラが崩壊した情況で、自宅で5年生き抜く準備をする)1063access

●2017.02.07:ポストに入っていた紙「2000円払うのでWi-fiを利用させてもらえないでしょうか(情報通信)1053access
●2017.06.02:麻生財務相「その程度の国だということですよ」(政治・司法・行政)1052access
●2017.02.14:2017年の物欲その7:防水100万画素無線LAN接続監視カメラ「TENVIS TH692」(商品購入レビュー)1041access
●2017.03.26:3Dプリンターの印刷がスカスカになったのでフィラメント送りのホブを掃除したら回復、しかし、印刷中にフィラメントが無くなって大変なことにorz(3Dプリンター「3Dグレコ」でイロイロDIY)1032access
(省略されています。全文を読む

Category:まとめ記事

   全コメント表示・書き込み




2017.12.01

GoogleがVoice Kitに続きRaspberry Piで動くAIカメラ「Vision Kit」を45ドルで予約開始。ハードウェアAIチップ同梱
GoogleがVoice Kitに続きRaspberry Piで動くAIカメラ「Vision Kit」を45ドルで予約開始。ハードウェアAIチップ同梱↑BTW

なんだよカメラ別売りか。45ドルってちょっと高くない?と思ったら、このキットはソフトウェアでAIを実現せず、付属の「VisionBonnet」基板に米Intelのビジョンプロセッサ「Movidius MA2450」が載っており、カメラ上でニューラルネットワークモデルを稼働させるらしい。

おかげでRaspberry Piはzeroで良いらしい。

ところで、DIYだからって段ボールにこだわるのは好きじゃないぞ。アクリル板とかにして欲しい。
そうだ、この前気がついたんだけど、Amazonの段ボールの防水性能が半端なくて、水をしみさせる目的で使ったDIYに支障があったw
(省略されています。全文を読む

Category:Raspberry Pi・Arduino・m5camera

   全コメント表示・書き込み




2017.11.29

1wireの温度センサーDS18B20をRaspberry Piで使う時のプルアップの仕方メモ&もしかしてこのセンサーって2本の接続で使用可能?
1wireの温度センサーDS18B20をRaspberry Piで使う時のプルアップの仕方メモ&もしかしてこのセンサーって2本の接続で使用可能?↑BTW

何度もひっかかっているので個人的メモ

DS18B20は1wireという規格でRaspberry Piと通信する温度センサーで非常に使い勝手が良いのです。

実際に使用する際は信号線(DQ、黄色いケーブル)をプルアップしないと認識してくれないのですが、これまでRaspberry Pi本体のソフトウェアpullupで何で動作しなのかよく分かってませんでしたがやっと分かりました。

以下のサイトのDS18B20のデータシートを見るとプルアップは4.7kΩで行うように書いてあります。
一方下記の記事を見ると、プルアップ、プルダウン抵抗はGPIO2、3のみ1.74kΩで、他は47.5kΩとあります。
GPIO2、GPIO3はI2C用に空けていて1wireにはいつもGPIO4を使っているのですが、ソフトウエア的にプルアップしても47.5kΩでプルアップされていることになり、DS18B20用にはプルアップ不足なのかもしれません。
抵抗を1本使用するのは仕方ないかもしれません。実際に使用する抵抗は4.7kΩじゃなくても、1.8kΩでも10kΩでも動作することを確認済みです。

ところで、データシートを見るとこのセンサーって電源線に電力供給しなくても、データ線とGNDの2本で動作可能なのかも????1wireって言うぐらいだし。

参考

(省略されています。全文を読む

Category:Raspberry Pi・Arduino・m5camera

   全コメント表示・書き込み




2017.11.02

2017年の物欲その59:Raspberry Pi 3 Model B
2017年の物欲その59:Raspberry Pi 3 Model B↑BTW


人生8個目のRaspberry Piです。今のところ、A+が3つ、zeroが4つ、そろそろ音声認識とかで遊んでみたくなりRaspberry Pi 3 Model Bを初購入。


↑Raspberry Pi zeroとの比較。

Raspberry Pi 3 Model BはBluetoothもWifiも搭載されていて、電源は3Aのアダプタが必要らしい。

購入はGearBestが3881円送料込みとお安かった↓

しかも下記サイトでさらに400円ぐらい値引きしてくれるクーポン配布している。熱設計がヤバいという噂も聞くので下記のヒートシンクも注文中。6個入りで送料込み196円w

(省略されています。全文を読む

Category:Raspberry Pi・Arduino・m5camera

   全コメント表示・書き込み




2017.10.08

3DプリンターにDIYしたヒートベッドを自動停止するように改造
3DプリンターにDIYしたヒートベッドを自動停止するように改造↑BTW

↓最近の3Dプリンターの様子


3DプリンターにヒートベッドをDIYした↓のですが、

このヒートベッドは本体と独立した装置なので印刷が終わったあとも設定温度にずっと加熱されています。電気代的にはたいしたことないとはいえ(おそらく1か月つけっぱなしでも数百円)、気持ち悪いので印刷終了後に電源OFFされるようにしました。

方法は簡単で、260円で買える↓の温度センサー制御のリレー
を設置し、印刷ヘッドの温度が一定以下に低下したら電源OFFにしてるだけ。
ちなみに印刷しているのは↓です。これいいね。サポートもほとんど無しで印刷されます。まあ水には浮きませんがw

(省略されています。全文を読む

Category:【1台目】3Dプリンター「3Dグレコ」でイロイロDIY

   全コメント表示・書き込み




2017.09.21

3Dプリンターが止まっちゃう問題はメイン基盤に冷却ファン付けたら解決?
3Dプリンターが止まっちゃう問題はメイン基盤に冷却ファン付けたら解決?↑BTW

昨日の3Dプリンターが途中で止まっちゃう問題、コメント欄で「サーマルシャットダウンじゃね?」みたいなことを言われて、確かにうちの3Dプレインターにはヒートベッドを魔改造で後付けされていたりして、メイン基盤の放熱がヤバいことになってそうと思い、以下のような5cm四方のファン(12V)を横に置いてみた(とりあえず固定なしで置いただけ)。ファンの右側には3つのモーター駆動ユニットの放熱板がそそりたってます。


使ったファンはこれ↓

↓おお!、最後まで印刷できた!ちなみに船の模型です。0.2mmスライス、風呂で遊んでも中に水が入らないようにinfill=100%。


もしかしたら偶然かもしれないけど、とりあえず一回は途中停止無しで印刷出来ました。

あと2回ぐらい印刷して止まらないようなら原因と断定して、ファンを固定する方法でも考えます。
(省略されています。全文を読む

Category:【1台目】3Dプリンター「3Dグレコ」でイロイロDIY

   全コメント表示・書き込み




2017.09.06

2017年の物欲その51:カーズとファインディングニモの英語の絵本
2017年の物欲その51:カーズとファインディングニモの英語の絵本↑BTW


購入したのは以下の2つ、1つ5ドル(600円)ぐらいで、Amazon.comで購入。日本への送料が1200円なので2冊で2400円ぐらい

寝る前に息子に読み聞かせる計画。親の英語の練習にもなり、子供の耳を鍛える練習にもなり、子供もすぐに眠くなるという一石3鳥作戦w

↓この値段でCDもついているのは素晴らしい。


↓文章の難易度はこんな感じでそれなりに長い。まあ、「Come on Nemo!」みたいな短い呼びかけフレーズをくみ取ってくれることを期待だな。



「Read-along」で読み聞かせって意味なのかね、検索すると他にも買ってみたい絵本が多数

(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2017.08.10

2017年の物欲その45:風呂場の壁に可逆的にモノを固定出来る3Mの耐水粘着タブシート
2017年の物欲その45:風呂場の壁に可逆的にモノを固定出来る3Mの耐水粘着タブシート↑BTW




風呂場は気が散るモノも少ないし、重要な反復学習のタイミングだ!と平仮名シートやアルファベットシートを貼るのですが、どうもうちの風呂場の壁はこの手のシートがくっつきにくい。そこで可逆的に固定出来る耐水粘着タブを買いました。使用開始してからまだ1週間ですが、しっかり固定され問題無さそうです。

それにしても1袋3個入りってのがイヤらしい同梱数だ。。。。。


(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2017.08.01

2017年の物欲その41:アルファベットと数字のクッションマット、36枚1畳分1500円。
2017年の物欲その41:アルファベットと数字のクッションマット、36枚1畳分1500円。↑BTW

最近、物欲予算が息子に吸い取られて予算ショートで、なかなかガジェットが変えません。まあソニーの電子ペーパーのせいだけど。。。。

息子にどうやってアルファベットを覚えさせようか悩んだ結果、これを買いました。アルファベット+数字の36書類で合わせて畳1畳分で1500円。これを2セット買いました。

「これは何?」「Aをとってこい」、また2セットあるので「ANAを作れ」とかも出来ます。数字部分が外れるパズルになっているのでアルファベットの形を意識させることも出来るかな?


(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2017.06.30

2017年の物欲その34:レゴ・デュプロ互換の平仮名学習ブロック「ブロックラボ アンパンマンひらがなブロック」
2017年の物欲その34:レゴ・デュプロ互換の平仮名学習ブロック「ブロックラボ アンパンマンひらがなブロック」↑BTW




全部で52個。少しだけ「あ」とか、覚えさせようとしてみたんだけど、文字の一つ一つに呼び方があることを理解出来ていない感じで失敗。う〜む、

別のカードで覚えさせようとした時も「ANA」とか「JAL」は読めても「A」「N」それぞれを覚えようとしてくれないんだよね。難しい。


(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2017.06.19

2017年の物欲その32:3Dプリンター用の激安PLA透明フィラメント。透明度のコントロールは可能か?
2017年の物欲その32:3Dプリンター用の激安PLA透明フィラメント。透明度のコントロールは可能か?↑BTW

人生4ロール目の3Dプリンター用フィラメントです。(1)ABS樹脂、白、(2)PLA樹脂、白、(3)PLA樹脂、白と来たので次は透明にしてみました。


購入したのは2ロール目、3ロール目と同じ激安の↓です。1kg2000円。。。。の方が良いのに実際は1980円。

↓印刷したところ。予想はしていましたがまだら模様です見た目隙間がありそうですが、表面は滑らかで水もれすることもありません。


↓左が200℃、Printing speed 60mm/sで印刷、右が210℃、Printing speed 30mm/sで印刷。厚さは1.5mmです。ちょっと透明度が増しましたが、色々試しましたがこれが限界。


ちなみにこのパーツは植物栽培時の500mLペットボトルの下にひく水受けトレイです。1個あたり23gですので、1個の材料費50円ぐらい。現在、来年の収穫に向けてイチゴの子苗使ってます。いちご農家の親によると一度実を付けたイチゴは翌年実が成りにくく、子苗、子苗より孫苗の収穫が良いらしい。なんだろうDNA脱メチル化がらみの現象かな?


本当はヒートベッドも搭載したし、ABS樹脂で作りたかったのですが、ABS樹脂は最近、ヘッドづまりしてうまく印刷出来ず。印刷開始から1分程度は順調に出てくるのですがその後、出なくなり、フィラメント送りのギアが異音をし出します。その状態で手でフィラメントを押し込もうとしても入らず。。。。。購入した細い針でノゾルを掃除しても効果ありません。そのさらに上で詰まっている感じ。温度が高すぎる?低すぎる?印刷ヘッドの温度があがらないのを理由にちょっとした改造とかしているので色々な原因が考えられます。

(省略されています。全文を読む

Category:【1台目】3Dプリンター「3Dグレコ」でイロイロDIY

   全コメント表示・書き込み




2017.05.15

デルタ型3Dプリンター「3Dグレコ」に激安サーモスイッチXH-W1209を使ってヒートベッドをDIYするぞ、その1
デルタ型3Dプリンター「3Dグレコ」に激安サーモスイッチXH-W1209を使ってヒートベッドをDIYするぞ、その1↑BTW



 3Dプリンターには2種類人気の素材がありPLAABSがあります。違いは溶け出す温度でPLAは200℃で印刷し、また寝熱収縮も少ないため簡単に印刷出来て良いのですが、低温で柔らかくなるため炎天下に晒されるようなモノには向きません。また、PLAを分解出来る細菌が土壌なのに存在するので土や水分に長期間晒されるモノにも向かないと考えられます(環境に優しいけど)。

 一方で、ABSは身の回りのプラスチック製品の多くで採用されているプラスチックで印刷時に280℃必要ななことで分かるように、高温にならないと溶け出さず、また細菌により分解されないため、PLAの欠点を補える素材です。一方でPLAに負ける点として熱収縮が激しく印刷中に変形して正しい形で印刷されなかったり、土台にくっつかなかったりなどの問題があり、3Dプリンターの土台を予め加熱する「ヒートベッド」搭載3Dプリンターの使用が好ましいとされています。

 俺も最初は何も知らずにABSのフィラメントを使って悪戦苦闘していましたが、最近はPLAを使うようになり快適に印刷ライフを楽しんでいます。一方で、土を入れるプランターを作ったりする場合などABSを使いたい場面もたびたびありますが、手持ちの「3Dグレコ」にはヒートベッドは搭載されていません。そこで自分で作ることにしました。

3Dグレコには本体にヒートベッドを増設するための12V出力端子や、温度センサー端子が搭載されているそうではありますが↓

俺には完全に理解出来ない部分もあり、3Dプリンタ本体を壊すのも嫌なのでまったく別回路で作ることにしました。ネット上を調べるといくつか情報はありますが、俺には難易度の高そうな、本体のファームウエア書き換えが必要だったり、また、どうも3Dグレコにもいくつかの細部の異なるバージョンがありそうな気配がして断念(※3Dグレコは、Micromake社のkosselという3DプリンターのOEMらしい)。


使ったのは「サーモスイッチ XH-W1209」ってやつ。下記に詳細な使い方があります。
これは同等品を中国直送で送料込み260円でゲット出来ます。↓使ってみましたがこれは良いパーツです。温度上昇でON/OFFの切り替えや、温度設定のみならず、温度切り替えまでの遅延時間まで設定出来ます。他のDIYにも便利に使えそう。

以前購入した直径22cmのヒートベッド用のパーツ中心部の両側の電極に12Vを供給してみました。詳細は↓
サーモスイッチの駆動は12VでOKで、ヒートベッドの電源も合わせて以前購入した↓から供給します。
上記は「60℃を超えたらスイッチOFF」という設定にヒートスイッチをしてヒートベッドを加熱してみたところです。設定だと60℃を超えた瞬間にスイッチOFFになるはずなのですが、なぜか60℃を超えて15秒ぐらいしないとスイッチオフになりません。なんででしょう。。。遅延は0秒に設定しているはずなのですが。。。。。逆に、高温状態から60℃を下回った場合は即座に電源供給がオフになります。結果としてヒートベッドを60℃設定にした場合は、最初の1回に加熱され過ぎて75℃まで加熱されるものの、その後は60℃〜70℃ぐらいを変動しながら維持されることが分かりました。まあヒートベッドとして使えるんじゃないかと思います。

サーモスイッチ本体の加熱はたいしたことは無いようです↓ずっとONでも50℃を超えることはありませんでした。


耐久性が少し心配です。ヒートベッドを宙に浮かせたこの状態で、スイッチON/OFFは1分に一度ぐらい生じます。まあ当分は使えるでしょうが、スイッチの切り替えは基板上のメカニカルスイッチなリレーなので、SSR(ソリッド・ステート・リレー)に置き換えた方が良いとの話を見かけました。SSRの使い方は以前学習↓してます。
さて、次に3Dプリンターに組み込んでみます。
(省略されています。全文を読む

Category:【1台目】3Dプリンター「3Dグレコ」でイロイロDIY

   全コメント表示・書き込み




2017.04.09

デルタ型3Dプリンター「3Dグレコ」でレゴ・デュプロのブロックを生産してみた。そのコスパ
デルタ型3Dプリンター「3Dグレコ」でレゴ・デュプロのブロックを生産してみた。そのコスパ↑BTW


上の2つが既製品、下が3Dプリンターで作ったもの

データは↓で公開されているもの

他にも山ほど公開データはあります。

印刷素材はPLA、0.2mmピッチ。


うぉーーーーー入らない・・・・orz。設計図では短長が31.7mmですが出来上がり品を物差しで測ると33mm弱あります。う〜ん。出来上がりサイズの微調整の仕方が分からないので単純にCuraの機能でスケールをXとY方向に98.5%に縮小しました。なぜかZ方向を合わせて98.5%縮小すると一部変なところが出来るのでXY方向のみを縮小しています。


綺麗にハマる部品が出来ました!

よ〜し、パパ、パーツを量産しちゃうぞ!!!!と思ったのですがこのパーツ製造にかかったフィラメント重量が14g。1kgで2000円なので材料費28円。印刷時間1時間。サポート材外しとバリ取りに10分ぐらい。

市販品の価格を見てみると・・・・・基本ブロックのみのセットが80パーツで6385円。1パーツあたり80円

しかし、基本ブロックだけではないですが80ピース入って2382円のセットもあります。
これだと1パーツあたり30円。
う〜ん。微妙。。。。。つか、もう作らないかもw
(省略されています。全文を読む

Category:DIYレゴ

   全コメント表示・書き込み




2017.03.29

2017年の物欲その17:受験は母親が9割
2017年の物欲その17:受験は母親が9割↑BTW



この人4人の子供全員を東大理3に入れたらしい。遺伝もあるかもしれないけど、確率論的に間違いなく正確なことが書かれていることが保証された本ということで購入。まだ読んでないw。テレビに出たりしている人なんだよね?


(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2017.03.21

2017年の物欲その16:デルタ型3Dプリンター「3Dグレコ」に追加するためのヒートベッド
2017年の物欲その16:デルタ型3Dプリンター「3Dグレコ」に追加するためのヒートベッド↑BTW

デルタ型3Dプリンター「3Dグレコ」を導入して快適に使ってます。素材としてPLAを用いた印刷は問題無いのですが、ABSを使うと構造によっては端が沿ってしまいます。色々調べるとABSを綺麗に印刷するためには印刷するステージを加熱する「ヒートベッド(またはヒーティッドベッド)」が必要とのこと。

そこで手持ちの3Dプリンターに追加することにしました。購入したのは↓

1週間ちょっとで中国直送で届きました。

表面


裏面

ん???ん?????

これ温度センサー付いてないよね?orz。自分で付けるのかよー。対応サーミスタは↓らしいSMDの3950ってやつ。
国内で売っているところは見つけられず、中国からの通販で3ドルで10個。アホらしいー。3Dグレコの本体に接続する端子に関しては情報があったけど、ソフトウェア設定変更のやり方もイマイチ分からないし、Raspberry Pi使って独自に制御することにしようかな・・・・・・
(省略されています。全文を読む

Category:【1台目】3Dプリンター「3Dグレコ」でイロイロDIY

   全コメント表示・書き込み




2017.03.13

2017年の物欲その13:GearBestから格安12V電源ユニットを購入し3Dプリンターの電源を入替、GearBestの返金制度に注意
2017年の物欲その13:GearBestから格安12V電源ユニットを購入し3Dプリンターの電源を入替、GearBestの返金制度に注意↑BTW



3Dプリンターの電源が不安定で、ヒートベッドも導入したかったので12V20Aという電源ユニットをGearBestという中国(?)な通販サイトから購入しました。

購入したのは↓で17.8ドル、日本への送料無料。なんとDHL→佐川急便で届きました。どう考えても採算割れだろw。日本のクロネコ以外にもビジネス構造が歪んでいるところありそうですw

↓届いた貨物、佐川急便ですが海外部分はDHLだったみたいです。


↓左から2本がAC、3本目がアース、4〜6がDC出力のプラス、7〜9がDC出力のマイナスです。DC出力を写真のような細いケーブルにしたのですがかなり暖かくなるので後日、太いケーブルに変更しようと思っています。電源ユニット自体は金属メッシュで包まれており、ファンレスです。


↓元々付属していた電源ユニット、12V6Aらしい、そして3Dプリンターに接続する端子は中心部がプラスみたいです。


↓起動前にテスターで調べたらなぜか1.2Vしか出ないのでおかしいなぁと思っていたら120Vと240Vを切り替えるスイッチがありました。


↓問題無く使えています。気のせいかもしれませんが印刷の質が上がったような・・・・


今回初めてGearBestから買い物しましたが、すごく待たされました。
  • 2017年1月27日:注文(支払いはPayPal)
  • 2017年1月27日:PayPalより送金しましたメール
  • 2017年2月2日:GearBestより注文内容を確認してくださいメール
  • 2017年2月27日:発送したよメール
  • 2017年3月3日:到着
 また、今回は待たされたものの購入出来ましたが、実はこれまでにもGearBestで何度か注文したことがあり、注文してからしばらく経過して「ごめん在庫がありません、返金するね」とメールが来たことが2回あります。しかも返金といっても、自分のアカウントの「GearBest Wallet」に返金される方式で、お金として帰ってこず次の買い物時に使えるお金ということになります。あまり高額の注文はちょっと怖いです。もしかして低額ののみだけかもしれません。

 今回はamazon.co.jpでも買える商品なので(同じく中国発送だろうけど)↓そっちで買えば良かったねぇ。
 まあGearBest安くて便利だし、ここでしか買えないモバイルがジェットも良くあるので、また利用すると思います。


(省略されています。全文を読む

Category:【1台目】3Dプリンター「3Dグレコ」でイロイロDIY

   全コメント表示・書き込み




2017.02.22

大地震、戦争などで、文明が崩壊した後、自宅で5年間生き抜くにはどうしたら良いか
大地震、戦争などで、文明が崩壊した後、自宅で5年間生き抜くにはどうしたら良いか↑BTW

考えてみる。必要なのは、水、食料、電気。排泄

●食料
家族3人(1人は3歳児)、必要カロリーは1日あたり最低5000kcalと考えると、5年間で必要な量は5000x365x5=9125000kcal。米100gが356kcalらしいので、必要量は2.56トン。
業務スーパーだと精米した米だけど10kgで2190円で売っているらしい↓

これで56万円。出来れば玄米が良い気がする。パスタは5kgで780円らしい。カロリーは米と同じらしいので、40万円。
炭水化物のみだと栄養失調が心配、玄米がベストだけど、うちの屋上(40m2)があれば、1日1株の小松菜とかを食べられるぐらいは栽培可能。簡単に栽培出来て色々な必須栄養素を含む植物は後で調べる。

●水
1日に必要な飲料水が5リットルとすると、5年間で必要な量は9125リットル。
↓これとか内部を逆洗可能なメカニズムになっているみたいで、1本あれば十分ぽい。3460円、まあ3本買って15000円。
水の20リットルタンクを10個ぐらいは確保しておきたいところ。川から水を運ぶためのリアカーみたいなものも欲しいな。

●電気
炊事とか全て電気でまかなうとして、1日あたり10kWh欲しい。
1m四方のパネル4枚(620W)、蓄電容量5kWhのオフグリッドソーラー発電装置が42万円。これを3セット買って126万円。
排泄は庭か屋上に貯めて土壌細菌で肥料化かな。

全部で56万円+15000円+126万円=200万円弱か。予想外に水の調達は敷居が低そう、食事はやはり全て備蓄に頼ると体積凄そう、映画「オデッセイ」みたいに屋上でイモを育てた場合、どれぐらいの収量が期待できるんだろう?、電気はお金さえかければ確保出来る。全体としてまさかのために準備しても良い額だけど少し高いな。半額ぐらいにする方法はないかねぇ。

あとはキチガイが踏み込んで来た時に撃退するための武器は避けては通れない議論か、う○ことかのために毎週1箱ティッシュが使えると文明度あがりそう、1年間(52週)×5=250個。5個入りで300円として、15000円は備えておきたいところ。トイレットペーパーにした方がコスパいいかな?

以上、妄想でした。
(省略されています。全文を読む

Category:災害対策・インフラが崩壊した情況で、自宅で5年生き抜く準備をする

   全コメント表示・書き込み




2017.01.30

2017年の物欲その5:くもんの0歳からの「ひらがな」「アルファベット」「数字」カード
2017年の物欲その5:くもんの0歳からの「ひらがな」「アルファベット」「数字」カード↑BTW


うちの子は3歳半ですが購入。基本は野生に、神経ネットワークがカオスに、豊富になるように育てるつもりですが、まあ少しは暗記的要素を入れて網羅的に知識を覚えさせるのも良いかなと購入。


↓ひらがなカードの表。可愛い絵がついてます。このカードは比較的食いつきが良いです。


↓ひらがなカードの裏。ずいぶん前から「おに」と答えることは出来ますが、「おに」の「お」は認識しないのでどうにかこのカードで覚えさせたい。


↓アルファベットカードの表、これイマイチ。これじゃ興味持てないだろ、手抜き過ぎ、カタカナで読み方書くな、頭腐ってるのか?


↓アルファベットカードの裏、裏表で大文字と小文字を変えているのがよくない。これは「勉強」として使うカードに思います。残念。


↓数字カードの表、手抜きだな。


↓数字カードの裏、手抜きだなw


↓ちなみに数字カードは1〜50まであります。。おい、ふざけてるのか?w



数字カードには●の数で直感的に「1」が「2」より「1つ多いこと」などを覚えることが出来ると書かれていますが、ちょっとイマイチ。まあ、使えるかな。

アルファベットカードは買い直しの必要がありそうです。


(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2017.01.28

総予算16000円、AC電源さえあれば3G/LTE経由で2か所の温度を24時間監視出来るワイヤレス温度計ユニットを作った
総予算16000円、AC電源さえあれば3G/LTE経由で2か所の温度を24時間監視出来るワイヤレス温度計ユニットを作った↑BTW

実家のイチゴ農園の温度をモニターするために作りました。モバイルルーターユニットと、温度センサーユニット×2です。温室の中で使うので生活防水程度に仕上げてあります。ACケーブルが防水仕様じゃないのがちょっと気になります。黒いケーブルは温度センサーです。


かかった費用は

  • LTEルーター7000円
  • Raspberry Pi zero×2が4000円(うち3000円はイギリスからの送料だけど)
  • Wifiドングル×2が2000円
  • microSD×2が1500円
  • 1wire接続温度センサー×2が500円
  • 100円ショップ×900円(タッパー、AC電源ケーブル、AC-USB)
計:16000円ぐらい。IoT時代が到来しているのが実感出来る制作の簡単っぷりと低価格っぷりです。


材料その1。※この時点では別の温度センサー使う予定でしたが、タッパーの中に温度センサーがあると、機器の熱で外気温より高めに出ることが分かったのでセンサーは外部に出すことにしました。防水等が面倒だったのですでに防水加工してあって格安な1wireセンサーを使用しています。


材料その2。100円ショップ様様です。ホームセンターなどで調達したら価格3倍じゃあ済まないよね。


中身です。左から2つが温度センサーユニット。右がLTEモバイルルーターユニットです。温度センサーユニットが入っているのは2個で100円のタッパー、LTEユニットはちょっと大きめの1個100円のタッパーです。


温度センサー部分中身アップ。Raspberry Pi zeroにWifiドングルと1wire接続の温度センサーをさしてます。配線はたった3本。電源は100円ショップで200円のAC-USBユニット。温度センサーとAC電源の穴はバスコークで塞いでいます。
見えませんが、1wireの温度センサーのケーブル間にはプルアップ用の10kΩの抵抗が1つ接続されています(どうしてもソフトウェア的なプルアップが出来なかった)

Raspberry Piの使い方、温度センサーの使い方などは↓に書いてあります。
温度センサーはWifiドングル
モバイルルーター部分の中身アップ。バッテリーは外してあります。このモバイルルーターは外部電源投入と同時に動作開始する仕様です。外部電源も不安定ってことはないはずなのでバッテリー不要です。もったいないからバッテリーはオークションで売り飛ばそうか。
モバイルルーターは↓です。

タッパーから出ているAC電源ケーブルと温度センサーは大きめの穴をあけてケーブルを通し、シリコンパテ(バスコーク)でふさいでいます。生活防水程度は確保

仕様としてはcrontabで10分おきに温度取得してサーバー上のcgiを叩いて温度を送信しています。モバイルルーターにはSO-NETの0SIMがささっており1か月500Mバイト以下に抑えて0円で運用する予定。

温室は本当は4つあるので、うまく運用出来るようならもう2つ作ります。温度センサーユニットが1個4500円って感じかな。
(省略されています。全文を読む

Category:Raspberry Pi・Arduino・m5camera

   全コメント表示・書き込み




2016.12.02

デルタ型3Dプリンター「3Dグレコ」でソニーのアクションカメラHDR-AS300のレンズキャップをDIY
デルタ型3Dプリンター「3Dグレコ」でソニーのアクションカメラHDR-AS300のレンズキャップをDIY↑BTW

期待以上に3Dプリンターって便利かも

今年初めにGoProからソニーのアクションカメラHDR-AS300に移行しました。もう光学手ぶれ補正無しには戻れません。主に地取り棒使って息子を遊ばしている時にパパも写りこむのが主目的。

GoProもそうだったのですが、この手のアクションカメラってレンズキャップ付属してないんですよね。オプションで売ってはいますが、イヤらしいことにフィンガーグリップとのセット販売のみで3000円コース
無いものは作ってしまえということで作ってみました。サイズ合わせがうまくいかず3回印刷しましたが無事満足いくものが出来ました。具体的な大きさは
外径が32mm、厚さ1.5mm(ということは内径が29mm)、奥行きが13.5mm
でバッチリです。内径は上記サイズより0.5mm小さいと入りませんし、0.5mm大きいと固定されません。材料費は1個10円ぐらいでしょうか。思いついてつけたストラップホールがデカすぎたので作り直すかもw

デザインはフリーで使えるAutodeskの123D Designです。まず直径32mmの円を設置します(※下記画像は31.5mmになってますがこれだとレンズ部分が入りません)


↓押し出し機能で13.5mm膨らませ立体にします。


↓「Shell」という機能で上面を指定し、厚さ1.5mmにして凹ませます。便利な機能です。ついでにストラップホールも設置


↓設定です。小さいパーツで印刷時間が気にならないのでLayer Height0.1mmの最高精度で印刷。あとはWallは0.8mm、外壁の厚さを1.5mmにしたのはノズル径が0.4mmなので、0.4mmの倍数からちょっとズラすと強固になるかなと思ったため。本当かどうかは知らん。


↓出来上がり、良い質感です。Support材も不要な形なので売り物になりそうなクオリティです。


これ、1個500円ぐらいで売れるんじゃね?ABS樹脂は固い素材なので、もう少しフレキシブルな素材があると良いんだけどなぁ。

最近、熱可塑性エストラマーとかの柔らかいフィラメントも売っているので買ってみたいな。



(省略されています。全文を読む

Category:【1台目】3Dプリンター「3Dグレコ」でイロイロDIY

   全コメント表示・書き込み




2016.11.12

古いプラレール「江ノ電EER303」のモーターを交換
古いプラレール「江ノ電EER303」のモーターを交換↑BTW

知り合いに押入れから出てきたとプラレールの車両をもらったんだけどまったく動かない。

江ノ電のEER 303って書いてあってちょっと調べると凄まじく古いっぽい。


サクサクと分解していくか、非常に分解難易度高い。どうにかギアボックスを開けると何年前か分からない粘性のグリスがたっぷり。


モーターの電極に直接金属パーツをハンダ付けしてモーターの固定につかってやがる。設計者出て来い!しかし懐かしいモーターだ30年前から規格が変わってないとは。このモーターのことはよく知っている手に入る一番非力なやつだ、何個も分解したので内部構造も手に取るように思い出せるぞ。


Amazonで同じ型のマブチFA-130ってやつをゲット。どうやら最近ではマブチ製もあるけど同一規格の海外製の安いやつもたくさんあるっぽい。

すごい苦労したけど完全に直りました♪子供大喜び。
しかし江ノ電プラレールの外装のプラがもろくなっていて落とすたびに砕け散る。。。。。
これは3Dプリンターで作り直せという神のおぼしめしか!w

しかし、週末はずっと息子が壊したオモチャを直している気がする。orz。
(省略されています。全文を読む

Category:初めての子育て

   全コメント表示・書き込み




2016.09.13

総予算3000円、Raspberry Pi利用でWiFi経由で100Vを制御出来る装置のプロトタイプ
総予算3000円、Raspberry Pi利用でWiFi経由で100Vを制御出来る装置のプロトタイプ↑BTW


とりあえず動作しました。写真では5V駆動の水ポンプが接続されています。使ったパーツはRaspberry Pi zero、WiFiドングル、くそ安い5V水ポンプ、くそ安いヒューズボックス、くそ安いリレー、100円ショップで購入したAC-USB×2、100円ショップで購入した100VACの延長ケーブルです。合計で3000円ぐらい?

プレップボードは単にジャンパー線の中継に使っているだけで何も部品は乗っていません。メスーメスのワイヤーが切れちゃったので購入しなきゃ・・・・、何!40本で75円送料込みかよww↓


↓使ったパーツとリレーの使い方など
これを後3つ、4つ量産して家中の換気ファンを制御し、家中の水やりを自動化するぞ。これから綺麗にケースに収めたい。


↑Raspberry Pi zero部分、本体のUSB端子がmicroUSBタイプなのでWiFiドングルにつなげる時に変換アダプターが必要なのがちょっと面倒。GPIOのピンは後で組み直すことを考えてハンダ付けせずにプレップボード用のジャンパーワイヤーで接続。


↑偉い人に怒られそうな部分。100円ショップで買ってきたAC100Vの延長コードの1本を取り出し、ヒューズとリレーに接続しています。あとでむき出し部分はシリコンパテあたりで絶縁、密閉します。


5Vの水ポンプ部分。3Wって書いてあるので、0.5Aをちょっと超えるぐらいの電力とのことで100円ショップのAC-USBがちょうど良いかな。
(省略されています。全文を読む

Category:Raspberry Pi・Arduino・m5camera

   全コメント表示・書き込み




2016.08.17

SODIALの送料込み143円の激安リレーユニットをRaspberry Piで利用成功(2016年の物欲その36)
SODIALの送料込み143円の激安リレーユニットをRaspberry Piで利用成功(2016年の物欲その36)↑BTW


くっそ安いやつです。Raspberry PiのGPIOでON/OFF出来ました。

下記のサイトが非常に参考になりました。
上記の図で
  • OFF時→COM-NCが接続
  • ON時→NO-COMが接続
です。Raspberry Piから他の部品無しで使うには「使い方2」で使用する必要があるみたいですが、そうするとせっかくリレーユニットが2つ搭載されているのに2つ同時にしか動作させられません。
「使い方1」でRaspberry Piから制御するにはどうしたら良いのかな?IN-GNDをショートさせた時にかなりの電流が流れるんだよね?、NPN型トランジスタのC1815(それ以外使ったこと無し)とか入れて、B=GPIOに接続、E=GNDに接続、C=INに接続。で良いのかな?

リレーユニットは100V、1Aぐらい流しても良いらしいので先日紹介した自宅のダクトファンの制御にも使えそう。

Raspberry PiのGPIOをON、OFFする方法は以前習得しました↓
ちょっと困っているのはRaspberry Piって起動時にGPIOがON(high)なんだけどOFF(low)で起動する方法ってどうやるか誰か教えてー。

現在、Raspberry Pi、5Vの水ポンプとこのリレーを組み合わせて「自動水やり機」を製作中です。5Vを使用するのは(1)Raspberry Pi、(2)リレーユニット、(3)水ポンプと3つあるわけだけど、電源どうしようかな〜、リレーの電源はRaspberry Piの5Vから取るとして、ポンプが5V3Wらしい。1.5AぐらいのUSB電源から(1)と(3)を並列で接続したら動作時にRaspberry Pi落ちちゃうかな、こういう場合って、ダイオードとキャパシタでRaspberry Piの電源を安定化すればいいのかな?キャパシタは使ったこと無いので経験無くてよく分からん。どれぐらいの容量があればいいんだ?大きければ大きいほどOK?


(省略されています。全文を読む

Category:Raspberry Pi・Arduino・m5camera

   全コメント表示・書き込み




2016.06.24

月額800円の「Amazon English」って英語学習コンテンツが始まっている
月額800円の「Amazon English」って英語学習コンテンツが始まっている↑BTW


(省略されています。全文を読む

Category:英語学習

   全コメント表示・書き込み




2016.02.20

2016年の物欲その11「INA226 I2Cデジタル電流・電圧・電力計モジュール」を使ってRaspberry Piで測定してみた
2016年の物欲その11「INA226 I2Cデジタル電流・電圧・電力計モジュール」を使ってRaspberry Piで測定してみた↑BTW


購入したのは↓I2C接続で電圧&電流測定出来るINA226というチップを使いやすいようにモジュール化したものです。電圧は0〜36Vまで、電流は±20Aまで測定出来ます。

Aliexpressだと1個1.5ドルとかで買えます。
↓データシート23ページに情報がありますが8か所のアドレス設置部分を2か所ハンダ付けしてショートさせることでI2Cアドレスを0x40〜0x4Fまで選べます、今回は0x41に設定しました。↓i2cdetectで確認。


コマンドが通らない時はRaspberry piがI2Cが使う準備が出来ていないのかも
sudo apt-get install i2c-tools
して
sudo raspi-config
の5 Interfacing OptionsでI2CをEnablesに

実際に測定してみました。とりあえずこの前にRaspberry PiでLEDを点灯させてみたのを流用して下記のような回路にしました。↓

ちなみに回路は下記のフリーソフトで作っています。


細かいことはよく分かりませんがこのチップは電圧は直接測定して、電流はモジュール内に配置してある0.002Ωの抵抗の電圧を測定することでオームの法則を利用して電流を算出しているみたいです。そのため使用する時にこの抵抗に応じた数値を入力してやる必要があります。下記にLEDをON、OFFして電流と電圧を測定するPythonのスクリプトを示します。
import RPi.GPIO as GPIO
import time
import commands
#電圧測定部分の関数
def GetV():
?check = commands.getoutput("i2cget -y 1 0x41 0x02 w")
?return (int(check[4:6],16)*256+int(check[2:4],16))*1.25/1000
#電流測定部分の関数
def GetA():
?check = commands.getoutput("i2cget -y 1 0x41 0x04 w")
?if int(check[4:6],16)<128:
??return (int(check[4:6],16)*256+int(check[2:4],16))
?else:
??return (int(check[4:6],16)*256+int(check[2:4],16)-256*256)

#LEDを点灯するためのセットアップ、GPIO5を出力に設定
GPIO.setmode(GPIO.BCM)
GPIO.setup(5,GPIO.OUT)
#測定モジュールをセットアップ、0x05にa00を書き込むと電流測定時の値が1→1mAになる
check = commands.getoutput("i2cset -y 1 0x41 0x05 0x0a 0x00 i")
time.sleep(1) #念のため1秒待つ
print str(GetV())+" V, "+str(GetA())+" mA "
#LED点灯
GPIO.output(5,GPIO.HIGH)
print "LED-on"
time.sleep(1) #念のため1秒待つ
print str(GetV())+" V, "+str(GetA())+" mA "
#LED消灯
GPIO.output(5,GPIO.LOW)
print "LED-off"
time.sleep(1) #念のため1秒待つ
print str(GetV())+" V, "+str(GetA())+" mA "
#GPIOを開放
GPIO.cleanup()
exit

電圧は0x02、電流は0x04をi2cgetで読めば帰ってくるのですが値が0xABCDみたいな4バイトの16進数で帰ってきます。しかもリトルエンディアンとのことで上位2バイトと下位2バイトが逆らしいので色々と入れ替えて計算しています。あと電圧は1.25倍したものがmVとのこと。

電流はそのままでmAらしいのですが、4バイト(32ビット)の一番上はプラスマイナスのフラグらしいのでその処理をしています。このへんの変換はunpackを使って出来そうなのですがよく分からなかったので文字列とintで誤魔化しています。

↓出力結果。

電流ゼロがたまにマイナスの値を示すようです。

さて、準備はそろったのでソーラーパネルで遊ぼうかな。

参考にしたサイト

最大26V、3.2Aで良ければINA219というものもあるようです。Amazonで500円
  • [

(省略されています。全文を読む

Category:Raspberry Pi・Arduino・m5camera

   全コメント表示・書き込み




2015.09.28

1-Wire接続の温度センサーDS18B20×Raspberry Piで温度測定に成功
1-Wire接続の温度センサーDS18B20×Raspberry Piで温度測定に成功↑BTW


購入したのは DS18B20という温度センサーの防水加工品。センサー自体は秋月で350円ほど、今回は防水加工されたものをAmazonで送料込み880円購入。

これまでI2Cというデジタル接続規格のセンサーで遊んできましたが、これは3本の線で接続可能な1wireという規格らしい(3.3VとGNDとGPIO1つ)。同期シグナル線が無くて低速通信なのでけっこう配線を長く伸ばせるらしい。

接続のための前準備として
/etc/modules

w1-gpio
w1-therm
を追加。
/boot/config.txt

dtoverlay=w1-gpio-pullup
を追加。意味は分からん。これでデフォルトのGPIO4で1wire接続できるようになるらしい。GPIO4以外に接続するには
dtoverlay=w1-gpio-pullup,gpiopin=x
と書くらしい(未確認)。
また、Raspberry Pi内の回路を使ってプルアップするには
dtoverlay=w1-gpio-pullup,gpiopin=x,pullup=y
と書くらしいが、うまくいかなかった。信号線と3.3Vの間に抵抗入れてプルアップしないと動作しない。
あとは下記のように接続されているデバイス数を表示したり、デバイスコードを取得したり、温度を読み出したりと簡単。

センサーはオンデマンドで認識されるみたいでRaspberry Piの電源入れっぱなしでセンサーを接続すると5秒ぐらいで認識されだす感じ。t=xxxxxが摂氏温度の1000倍になっている。

Pythonで温度部分を抽出してネット上のサーバーに投げるスクリプトの例としては
--------------------------
import urllib
import time
import subprocess #外部コマンド実行モジュール
import re #正規表現のモジュール

resulttext = subprocess.check_output(["cat","/sys/bus/w1/devices/28-00000728de5e/w1_slave"])
print resulttext

temp=re.search('(?<=t=)(-*\d+)',resulttext) #正規表現でt=以降を取得
temp=float(temp.group(1))/1000 取得した部分はgroup(1)に入る
print str(temp)

r=urllib.urlopen('http://xxx.xx/xxx/xxx.cgi?'+str(temp))
print r.read()
--------------------------

本当は得意のperlで書きたかったんだけど、Raspberry Piでどうやっても途中で止まってしまってモジュールLWPをインストール出来なかった。orz


(省略されています。全文を読む

Category:Raspberry Pi・Arduino・m5camera

   全コメント表示・書き込み




2014.02.26

ATOKさんに金払うかグーグル日本語入力使い続けるか
ATOKさんに金払うかグーグル日本語入力使い続けるか↑BTW

俺も今、ATOK2014を買うかどうかで悩んでいる。ず〜っと使ってきたATOK13がWindows8非対応だったので買いなおそうかと思っていたんだけど久しぶりに使ってみたWindows8付属のMS-IMEが悪くない感じなんだよねぇ。会社のパソコンにはATOK入っているから統一させたいところではあるんだけど。

リンク中に記事だとオワコンと思われている「一太郎」にはePub形式への変換機能があってAmazonで出版したい人には良いソフトとのこと。
(省略されています。全文を読む

Category:Windows、Windows用ソフト、マイクロソフト

   全コメント表示・書き込み