風力発電の風車はなぜ巨大でなければならないのか?
カテゴリー:#科学技術(記事数:25)

↑B


2021.03.07

風力発電の風車はなぜ巨大でなければならないのか?

けっこう面白かった。

Category:#科学技術



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=1
001 [03.07 23:27]匿名さん@Ucom:淡路島の鳴門海峡のところや、鳥取の海岸線に風力発電はあるけど、早く羽が回ってるのを見たことがないんだけどな。回っていない機もあるし、どうなってるんだろう。
002 [03.08 13:44]F@Dion:どうでもいい話、moreの別表記にmoarってあるんですねぇ
003 [03.08 14:07]翼端速度は結構速いのでは?@OCN:直径100mとかだから、ゆっくり回っているように見えて100m/s=360km/hとか行くらしいですよ。
004 [03.08 15:50]結論から言うと@Biglobe:実は横浜にもあるよ
005 [03.08 19:30]@Enb:つくば市では小学校に設置したものの「回らない風車」という訴訟問題がありましたw
006 [03.08 22:31]ななしさそ★56:日本は予想しているより風が来なかったのに、台風で滅茶苦茶な目に合う、風力にトコトン向かない国なんだけどねー。千KWクラスの輸入風車を台風で2回ばかり倒しているも。寿命も20年くらいでなかったっけ、エコってなんなんでしょうねw
007 [03.09 23:37]:>>006 それな。今後海に浮かべるのもやるらしいが、太平洋側は壊滅するんじゃなかろうかと。もっと地熱やろうぜ。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:#科学技術(記事数:25) (コメント数)