磁力パルスで細胞から増殖促進作用を有するEVが放出される研究結果。培養肉生産への活用、次世代ピップエレキバン開発が可能かも @pip_cp
カテゴリー:#科学技術(記事数:72)

↑B


2022.11.28

磁力パルスで細胞から増殖促進作用を有するEVが放出される研究結果。培養肉生産への活用、次世代ピップエレキバン開発が可能かも @pip_cp

細胞に磁気パルスをかけると細胞からEV(細胞外小胞)が放出されて、それが増殖因子として働くんだとか。

ピップエレキバンの場合は磁石は静止しているけど磁石の下の血流を流れる血球細胞が動いているので磁気が変動する刺激を受けていることになるのかも。

昔からピップエレキバンみたいな磁石貼って肩こり解消とか思い込みだろーとか思っていましたが。。。これまでは、どのような科学的コンセンサスで説明されているのか?二重盲目試験とかの結果ある?

Category:#科学技術



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!
001 [11.28 22:34]ななしさそ★63:血液が導電性流体だからー、てのはエレキバンの説明書かなんかに書いてあった気が。そもそもツボ療法がどうして効くの?に明確な答えって出ていましたっけ?

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:

本カテゴリーで直近コメントが書かれた記事


→カテゴリー:#科学技術(記事数:72)
本カテゴリーの最近の記事(コメント数)