DCモーター×電池での回転数コントロールが難しい・・・
カテゴリー:#ゲームとして楽しむSTEPN #STEPN(記事数:91)

↑B


2023.11.06

DCモーター×電池での回転数コントロールが難しい・・・



↓先日からムキになって取り組んでいるモバイルでスマホを自動がガクガクさせる装置ですが、電池で駆動させていると電池がヘタってくるのに応じて回転数が大きく落ちてきてしまいます。


実際にどらぐらいのRPMでスマホがガクガクしているかはAndroidの「RPM Speed & Wowってアプリを使って測定しました。このアプリは音を頼りに回転数の測定を行うアプリで、本来はレコードプレイヤーのターンテーブルの回転数を測定するアプリのようですが、今回の用途ではアプリ自体はうまくRPMを測定してはこれませせんが、本記事の一番上の画像のように音の波形を出してくれるので目視で回転数を確認出来ます。

そしてDIYしたスマホガクガク装置にスマホをセットし、電圧を自由に変えられる安定化電源を使って電圧と回転数の関係を調べたのが下記

ランニング時の振動を再現するためには150RPMぐらいにしたいのですが、そうすると2.4V一定にしたい。

エネループとかのニッケル水素電池(1.2V)×2フル充電時にちょうど良い感じなのですが、すぐに回転数が落ちて来てしまいます。一方、アルカリ電池×2だとフル充電時に200RPM近くなって早すぎのかうまくカウントされないし、最適な回転数は長続きしません。

う〜ん2.4V一定にするには電池3個以上駆動で降圧型のDC-DC制御のモジュールとかで電圧固定する感じ?使ったこと無いけど安価に多数売っているちっこいモジュール使ってみるか。。。。電池3個必要なぐらいなららいっそダイソーで安いしモバイルバッテリー(5V)方式にして、そこから降圧させるか。

Category:#ゲームとして楽しむSTEPN #STEPN

 Keyword:中国/13 自転車/174



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=16
001 [11/06 13:16]Aガット@OCN:手っ取り早いのは3端子レギュレータかな。 (2)
002 [11/06 14:09]ふぇちゅいん(管理人) TW★90:ふむ、DC-DCはスイッチングレギュレーターで、3端子レギュレーターはリニアレギュレーターなのか。2.5V出力で260モーター駆動するにはこれでいいのかな?低損失レギュレーター 2.5V1.5A LT1963AEST−2.5: 半導体(モジュール) 秋月電子通商-電子部品・ネット通販 (2)
003 [11/06 14:13]ふぇちゅいん(管理人) TW★90:DC-DC降圧コンバーター安いなー。

これでもいいのかな? (2)
004 [11/06 16:36]Sweet‘★1:メカ部の効率化も追求していった方が良いかも。ギアのグリスアップ、必要最小限の振幅幅、スマホ周りの摩擦軽減などなど。 (1)
005 [11/06 19:07]とおりすがり:昇降圧DC/DCコンバーターがよいかもです。 (2)
006 [11/07 23:57]j@Biglobe:3.3V出力昇圧DCDCコンバーター: 組立キット(モジュール) 秋月電子通商-電子部品・ネット通販 1 users 3.3V出力昇圧DCDCコンバーター こんなのを使ってダイオード1個出力段にかまして0.7V降圧させて2.6V出力にするか、普通に抵抗分圧で2.4Vでも作ればいいんじゃないですかね。 0.3A出力なので電流はちゃんと見ておいた方がいいけど (3)
007 [11/08 00:03]j@Biglobe:TPS63802使用 昇降圧電源モジュールキット: 組立キット(モジュール) 秋月電子通商-電子部品・ネット通販 1 users ちょっと600円と高いけどこんなのもあった これならジャスト2.4Vで設定できますね 2A出力なのでめちゃめちゃオーバースペックだけど。 効率悪くて電池すぐなくなるかも (1)
008 [11/08 23:10]774@Enb:取説に100mAでのパワーセーブモードの記載ありますね (1)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:
自転車
中国
★★★↓このページで公開されている数値情報がよく紹介されている。★★★
『STEPN』初心者のための基礎知識+攻略メモまとめ


↓この世界のインフルエンザーらしい↓
Matometax.com
Ling(リン).eth
雪村正信(yukimura masanobu)
ばべぷと | cryptbbq.eth | cryptbbq.crypto



本カテゴリーで直近コメントが書かれた記事


→カテゴリー:#ゲームとして楽しむSTEPN #STEPN(記事数:91)
本カテゴリーの最近の記事(コメント数)