WindowsのActivePerlでスクリプトを.exeにする方法
カテゴリー:Windows、Windows用ソフト、マイクロソフト(記事数:565)

2017.09.05

WindowsのActivePerlでスクリプトを.exeにする方法

やってみたら簡単だった
参考にしたページは

ppmで
  • Win32::Exe
  • Parse::Binary
  • Getopt::Argvfile
  • PAR
  • PAR::Dist
  • dmake
  • MinGW
をインストール、既にインストールされているのもあった。cpanで
  • PAR::Packer
をインストール(cpan -fi PAR::Packer)あとは
pp -o test.exe test.pl
ってやればtest.plからtest.exeが作られる。外部ライブラリとか使っていても問題なしだけど、出来たexeファイルは2Mbyte以上あって実行時重め、Perl.exeごとパッケージ化してるのか?

Category:Windows、Windows用ソフト、マイクロソフト



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=7
001 [09/06 02:14]匿名さん@Dion:もうElectronでいいんじゃないかな (4)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:Windows、Windows用ソフト、マイクロソフト(記事数:565) (コメント数)