「ワクチン接種」で日本が検討すべき3つの課題 集団接種のノウハウを持たない自治体は大混乱
カテゴリー:新型コロナちゃん2(記事数:92)

↑B


2021.01.08

「ワクチン接種」で日本が検討すべき3つの課題 集団接種のノウハウを持たない自治体は大混乱

そろそろワクチン打ったのに重症になったり死んだりした人の存在が報道されて大騒ぎになるんだろうな。

ファイザーのワクチンの副作用は10万人に1人レベルらしく。ちょっと優秀過ぎ
一方で、残念ながらどんなワクチンでも全員に効くようには出来てません。免疫の個人差があるからね。花粉症になる人とならない人がいるように。
ワクチンの有効率95%ってのは1万人にワクチンを接種すると、新型コロナウイルスの感染者が88人から4人に減るってことです。
特に高齢者への接種となるともっと有効率が低いのが当たり前です。そりゃワクチンが悪いんじゃない。摂取された人の免疫が壊れているんだ。そういった人を感染から救うには「流行」自体を収束させるしかないねぇ。

ワクチン接種を進めるのも良いけど、どれぐらい免疫がついたかを確認する体制の整備も進めたらどうだろうか。

自腹で7000円ぐらいで確認出来るみたいだけど、高いねぇ。

Category:新型コロナちゃん2



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=11
001 [01.09 12:37]なむ@NetHine:昨年末のインフルエンザ予防接種の時も思ったけど65歳以下の経済・社会を支えてる層とか子供を優先して老人は後回しにした方がいいんじゃないかな。医療従事者は別にして。 (4)
002 [01.09 23:02]ななしさそ★55:老人が重症化しやすい=医療リソースを食いつぶすので、老人優先で良いと思いますよ。副次的に声が大きいのは老人に多いので、抑制が期待できます。 (4)
003 [01.10 02:39]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★84:外出や他人との接触を控えれば重症化どころか感染もしません。外出や他人との接触が社会経済に貢献する人を優先すればいいでしょう。次に将来性のある人ですね。医療リソースのひっ迫は深刻な問題で、前記を踏まえたプライオリティを考える必要があるでしょうね。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:新型コロナちゃん2(記事数:92) (コメント数)