厚生労働省、新型コロナの分類を明確化して恒久的に対応へ
カテゴリー:新型コロナちゃん2(記事数:91)

↑B


2021.01.18

厚生労働省、新型コロナの分類を明確化して恒久的に対応へ

現在、新型コロナは去年の1月28日に出たこれ↓で「指定感染症」として1年間の期限付きで設定されているらしい

もうすぐ切れるので通常の法律に組み込んで「新型インフルエンザ等感染症」という分類にして法律に組み込み、入院拒否する患者への勧告とか、病院に対応を強制したり出来るようにするらしい
下記の表が分かりやすい
あ、「新型インフルエンザ分類」であって「季節性インフルエンザ」とは別なんだ。

病院だとインフルっぽい症状でても、季節性インフルエンザのチェックはしても新型インフルエンザかどうかのチェックってしないよね?新型インフルの流行って恐れているわりには感染拡大した後じゃないと発覚しないのでは?

Category:新型コロナちゃん2



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=5
001 [01.18 20:01]@NetHine:記事には書いてあるけど、来年まで一年延長は決まってます〜 (1)
002 [01.18 20:44]すきやき★60:確か内閣官房で新型インフルと新型コロナは部署が別なんよね。やっと統合するんかな? (1)
003 [01.18 21:16]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★84:https://mainichi.jp/articles/20210118/k0.... 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 > これが本当の「マスク警察」なんつって。
004 [01.18 22:52]放射熊@Dion:インフルエンザは定点医療機関が採取した検体が地方衛生研究所などに送られ病原体サーベイランスによりウイルスの種類や遺伝子型などが調査されています。見かけない型があればすぐわかるのでもし新型があればすぐに判明しますこの病原体サーベイランスによって得られた情報を元に次シーズンのワクチン製造をしています来シーズンの季節性インフルエンザはサーベイランスで得られた検体が極端に少ないので、ワクチンのタイプを決めるの難しそうですね (2)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:新型コロナちゃん2(記事数:91) (コメント数)