「能力主義」が社会を分断 マイケル・サンデル氏: 日本経済新聞
カテゴリー:社会・政治・日本(記事数:18)

↑B


2021.04.12

「能力主義」が社会を分断 マイケル・サンデル氏: 日本経済新聞

人は出自によらず、努力と才能次第で成功できるという考え方が暴走し、エリートに傲慢を、その他大勢に屈辱と怒りを生んでいると指摘する。

とのこと。

まあ努力が出来るかどうかは環境だよな。人は出自によらず、努力と才能次第で2世代あれば成功できる。が本当のところかと。子供が成功したら子供の成果だけど、成功出来ないのは親のせいだと思ってる。ガクガクブルブル。

Category:社会・政治・日本



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=3
001 [04.12 16:17]成功ってのが何かを言わないと無意味では?@OCN:全ての人が「成功」するために血道を上げる、あるいは「成功」しないと死んでしまう社会での話ですよね。エリートを否定するふりをして自ら手にした「成功」の価値を維持したい人の発想な気がする。 (3)
002 [04.12 18:42]@Enb:生存者バイアスの結果論よね、同じようにやって成功できるか実験で比べない限り。その時点で成功していても後で没落するのはテレビ番組「マネーの虎」で証明されてるw
003 [04.12 21:52]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★85:唯一の失敗は「成功」の実感。
004 [04.12 23:41]unknown@YahooBB:「一生平社員が良い」というサラリーマンが少なからずいる日本社会はどうなるの?
005 [04.13 07:12]hoge@EM:昔からだいたいの日本人が、一生小作人でいいという農民だったと思うが。
006 [04.13 07:58]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★85:平社員云々は立場だけの問題でなく、中途半端に管理職になると生涯年収が減るからですね。実はさほどワーカーホリックでなくて、必要十分な収入を得たら残りのリソースを家族や趣味に注ぎたい、そう望む人がいるわけですね。
007 [04.13 08:45]通りすがり:努力しても成功しないやつも多いし、努力なんかしないでのんびり生きていたいと思うやつもいるんだよね。小学校のクラスを思い出せば、いろんなやつがいたじゃないか。勉強のできるやつや、スポーツのできるやつや、何もできないでぼーっとしてるやつ。これが社会の縮図。それぞれの適職で全員幸せになるべき。遺伝子が違うんだから全員競争したって勝てるやつは遺伝子で決まってる。
008 [04.13 11:55]unknown@YahooBB:戦後につくった年功序列でベアで安くこき使ってたのを、いまになってベビーブーマー高くなってバブル後に耐えられないから成果で選別しようって話。いまだメンバーシップ型なのにジョブ型風の実力主義を持ち込みつつある日本は欧米とは下地が違うと思う。
009 [04.13 21:48]7c:日経に掲載ってところで邪推してしまう。能力給なんてやめて最低賃金でこき使いたい経営者団体の意向じゃぁないのか(笑) 冗談はさておき、能力主義を否定するとしたら、代わりに何主義を提案するのだろう。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:社会・政治・日本(記事数:18) (コメント数)