GoProのレンズ保護カバーをTPUフィラメントを使って3Dプリンターで作製【データあり】
カテゴリー:【2台目】Flsun(中華)のデュアルヘッド大型3Dプリンター(記事数:53)

↑B


2021.06.06

GoProのレンズ保護カバーをTPUフィラメントを使って3Dプリンターで作製【データあり】



↓いつもはOpenSCADでモデリングすることが多いのですが、久しぶりにAutodeskのFusion360で作製。

サポート部材を出来るだけ少なくするように考えて設計しています。

↓TPU(熱可塑ポリウレタン)なのでふにゃふにゃです。厚みはGoPro本体部分を覆っているのが1mm、レンズ部分が2mmとなっています、。

ふにゃふにゃと言ってもDIYオ●ホを作るには硬すぎるぐらい硬さですw。もっと柔らかいシリコンフィラメントとか無いのかね?肌ざわり良い感じの

↓このカバーは愛用のGoPro7HEROとスケルトンハウジングに上からかぶせられるサイズとしています。


使っている3脚はこちら。これはものすごくおススメしたい。

↓こんな感じ。本体はレンズ部分の出っ張りでしっかり固定されるので、本体の角部分のカバーとかもうすこし丸めた方が装着しやすいしかっこよいし良いかもしれないな。


フィラメント消費量は16g、TPUフィラメントは1kg4000円ぐらいなので材料費70円ぐらいかな?メルカリで送料込み400円で出品したら売れますかね?w。普通郵便で送るとして1個あたりのもうけは200円いける?(^^;

3Dプリンターで出力するためのSTLデータはこちら

Category:【2台目】Flsun(中華)のデュアルヘッド大型3Dプリンター



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=1
001 [06/06 15:34]Sweet'★1:売り物にするには積層痕が厳しい気がします。これなら上から100均の巾着袋を被せる程度でよくない?って思っちゃうかも。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:【2台目】Flsun(中華)のデュアルヘッド大型3Dプリンター(記事数:53) (コメント数)