NFTゲームをプレイして稼ぐ『GameFi(ゲームファイ)』についての解説
カテゴリー:#お金 #マネー(記事数:176)

↑B


2021.12.20

NFTゲームをプレイして稼ぐ『GameFi(ゲームファイ)』についての解説

GameFiではアバターなどのゲームアイテムや土地NFTで、ガバナンストークンやゲーム内通貨「仮想通貨」が使用される。

現段階において最も利用されているGameFiは「Axie Infinity」(アクシー・インフィニティ)

Axie Infinityは最近、「Katana」という独自のDEX(分散型取引所)を設置、これは「Ronin」という名前のAxie Infinityのイーサリアムサイドチェーン上に構築。

ここでゲーム内の通貨であるAXSトークンやSLPトークンをステーブルコインUSDCや、イーサリアム(ETH)に交換出来る。SLPはゲーム内オンリーの通貨で、AXSがガバナンストークン。ガバナンストークンとゲーム内通貨の違いが分からん。。。双方は両替可能ではない?SLPは代表権の無い株式みたいなもの?


ゲーム内でSLPのインフレが起こっているみたいな感じ?

フィリピンなどではこのゲーム内で稼いで生計を立てている人が出てきているとのこと。

いつの間にかあっという間に世界がメタバース化しているな。現実世界もメタバースの一つなのか。
仮想通貨やNFTを単なる金儲けの道具と認識している人も多いかもしれないけど、仮想通貨(FT)、NFTもブロックチェーンというコピー不可能なシステムの重要パーツで現実世界と同じく代償無しではモノのコピー困難なメタバースの重要要素なんだよね。

やはりブロックチェーンへの課税は無理があるね。円を経由してもいない別の「世界」の通貨の交換どころか、経済活動に課税するって何かおかしい。とはいえ、何か課税したくなる気持ちは分かるが、行きつく先は「インターネット税」しか無いかな?でも情報の重みに関係なく通信量で課税すると非生産的なSNSやインターネットフサーフィンしている人達が不満だな。

ミャンマーの軍事政権に反抗して作られている「影の政府」がUSDTを公式通貨にすると発表らしい
いやぁ、そろそろステーブルコインはさすがに制限されそうな気がする。国に戦争しかけているようなもんだろ。。。

とりあえず500USDTほどAXSを買ってみた。

Category:#お金 #マネー



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=3

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:

本カテゴリーで直近コメントが書かれた記事


→カテゴリー:#お金 #マネー(記事数:176)
本カテゴリーの最近の記事(コメント数)