「Windows 8.1」がService Packとしてで無く、かつ無償提供される理由に関する記事
カテゴリー:Windows、Windows用ソフト、マイクロソフト(記事数:638)

↑B


2013.05.20

「Windows 8.1」がService Packとしてで無く、かつ無償提供される理由に関する記事

Windows98SEが1050円で提供されていた歴史から始まって詳しく解説されていますw。

長い記事だけど要点は
Windows 8の商業的不振を一掃しつつ、UIを改善して新OSというイメージを植え付けるMicrosoftの戦略ではないかと筆者は愚考している。
って感じかなw。

Category:Windows、Windows用ソフト、マイクロソフト



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!
001 [05.20 16:04]ななし:Windowsストアって「Microsoftアカウント登録」が前提だから、そっちの促進&(他の有料アプリとかの)宣伝効果を狙って、ServicePack形式の配布(WindowsUpdate)をしないってことじゃない?
002 [05.20 17:45]ななしくん@OCN:憶測記事は飽きた。「〜と思われる。」に振り回されたくない。マスコミは正体が見えるまで適当情報を書き続けていればいい。
003 [05.20 19:19]くろねこ:SPにしないのは、あくまで「不具合対応」じゃないですよ。って言いたいだけなんじゃないかな。
004 [05.21 01:05]匿名さん:8.1の内容がわからんのにここまで書けるのは凄いな。
005 [05.21 13:47].:書けないけど知ってる事を書いているとこう言う記事になっちゃう事がある

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:


→カテゴリー:Windows、Windows用ソフト、マイクロソフト(記事数:638) (コメント数)