iPS技術を応用して生きたまま生体内の細胞を若返らせる研究が成熟しつつあるようだ。山中先生も参加!
カテゴリー:#健康(記事数:24)

↑B


2022.06.22

iPS技術を応用して生きたまま生体内の細胞を若返らせる研究が成熟しつつあるようだ。山中先生も参加!

体細胞からiPS細胞を作り出すには長い時間をかけて誘導する必要がありますが下記の技術はiPS誘導を少しだけ行うというもの、しかも生きた身体の中の細胞に直接行えるというものです。

このサイトで初めてこの方式を紹介したのが2016年、ただいずれもマウスを用いた研究ですね。潜在的に癌化が怖い研究なこともあり、ヒトで試す(臨床試験)はまだ行われていないようです。

先日は老化細胞除去薬Senolyticsで皮膚細胞を処理する研究が紹介されていたし、今後のチート美容整形技術は凄いことになりそうだな。

Category:#健康

 Keyword:Amazon/346



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!
001 [06/22 22:49]ななしさそ★61:70過ぎが10年後ガン確率5%とかなら殆どの金持は手を出しそうではありますw
002 [06/23 07:21]早老症とかには効果無いのかな@OCN:ウェルナー症候群とか、結構件数あるんだと思うから。老化してるように見えるだけで細胞の老化とは無関係なのかしら。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:
Amazon


→カテゴリー:#健康(記事数:24) (コメント数)