宮古島のちょっと良いホテル「アラマンダ・インギャーコーラル・ヴィレッジ」部屋紹介、紹介動画
カテゴリー:#宮古島2022(記事数:9)

↑B


2022.08.25

宮古島のちょっと良いホテル「アラマンダ・インギャーコーラル・ヴィレッジ」部屋紹介、紹介動画

全室ロフト付き屋外プライベートジャグジー付きのコテージタイプのお部屋です。ロフトから部屋内を撮影


↓さっそくVivaVideoで動画作ってみた。モザイクにキーフレーム入れて動かせるの楽だ!ちなみに動画は全部Xperia 1で作ってます。もうパパに残された自由時間は電車で移動中とか、風呂の中とか、食後にソファーでだらけている時ぐらいで・・・


動画編集ソフト内蔵の音楽使うとあとで著作権がウザそうなのでBGMはここから拝借↓



部屋のメイン部分。コンパクトな二人掛けソファー、その前に低い丸テーブルとクッション。ロフトに上がる階段があります。部屋の奥の方には一段低くなってツインベッドのスペースあり。全体的に新しめ。出来て5年は経過していない気配がする。


階段を上がったところロフトの写真。動画から切り出したのでちょっとブレ気味。映ってませんが、ロフトスペースのために立派なエアコンが装備。全体で6〜8畳用って感じのエアコン4台ついてます。全体の床面積は60〜80m2って感じかな?


部屋の隅の一段低くなっているところのツインベッドの部分。ベッド上にムスコが転がってます。この部分にもエアコンあり。ここにはツマとムスメが寝ました。もう一つのベッドルームにはヤモリさんが出たため。この部分、部屋のメインの部分より30cmぐらい低くなっているんだけど、少し低くするだけで別のエリアみたいな雰囲気が出て間取り的に勉強になるなー。こういう高さを変えるテクを自宅を建てる時に取り入れたかった。


もう一つのキングベッド部分。実際は俺とムスコが寝ました。前述したように寝る前に小さいヤモリさんが1匹登場して捕まえて外に出すのにちょっと苦労した。部屋には「ヤモリが出たら連絡してくれたらスタッフが対処します」と書いてあるけどどうやって対処するんだろう?まさか殺しはしないし、いろんな客がいることを考えると薬使うとも思えないし。。。やつら素早いので捕まえるのは大変。


キングベッド部分の上は半分空が見えるようになっている。空が見えるようになっている反対部分は隠しエアコン設置スペースです。昼間は電気つけなくてもとにかく明るく良い設計。


部屋のメイン部分とバリアフリーの全面窓で半屋外のテラスに連結されています。テラスは6人掛けのテーブルとチェア。テラスの向こう側は完全に外につながっていますが、緑のネットが張られており、でかい生き物は入ってこないが、ヤモリとかは自由に通過出来る感じ。自宅にこういうバリアフリーのテラス設置したかったな。


テラスの上は半分光が入るようになっている。ちょっと汚れている。宿泊したコテージが一番森に近いコテージだったのでそのせいかも。窓の外は完全に森でプライバシー的には無敵。裸でもOKって感じだが、コテージによってはこの窓の外が道になっている部屋もあり。


テラスの一番端から屋内を撮影。すべての窓、仕切りがバリアフリーの巨大な仕様になっておりそれほど広くないスペースを広く見せる設計が素晴らしい。ちなみに残念ながら真夏だったのでこのテラススペースは一切使用せず、エアコンの効いた室内サイコーみたいな。


テラスの横はジャグジー、写真じゃ大きさ分かりませんが、大人2人、子供2人全員で入れる自宅のふろよりかなり大きな仕様。毎日これに水貯めたら水道代過ごそうとか、貧乏人は考えてしまう。ジャグジーは下からひたすら泡が出てくる仕様のやつ。水圧すごいので水は一瞬で貯められる。ジャグジーと外をつなぐ格子部分はガラスも何もなしでネットがかけられているだけなので、ヤモリさんが侵入可能な仕様。


ジャグジーの横はシャワースペース。体を洗うのはこの室内スペースで行う感じ。部屋によってはジャグジースペースは水着を装着する必要があるかもしれないが、今回宿泊した部屋は森に面していたので、4人で裸で入りました。


冷蔵庫、電子レンジ完備。見えているオリオンビールは自分で買ってきたもの。


自宅より立派な乾燥機能付きのドラム式洗濯機完備。この旅行以降、ツマが洗濯機の買い替えを提言するようになって困ってます。。。。だって乾燥機使いだしたら月の電気代が2000〜3000円は増えるよね。欲しいなら自分で買えって感じ。


部屋にはフリーの水とアクエリアスの粉が置いてあった。しまった使わなかったポカリスエットの粉末を持って帰ればよかった(貧乏人的思考)


このホテルはかなりへき地にあって周囲の歩いて行けるスペースに飲食店・居酒屋無し、ホテルのレストランは3食ともビュッフェ形式。ビュッフェは朝飯で満喫出来るだろうから、晩飯もビュッフェは嫌だな。この部屋高いから部屋を有効活用しなきゃ。ということで、車でマックスバリューまで買い出しにいってお惣菜やら酒を大量に買ってきて晩御飯は部屋で食べました。貧乏人だなー

前日に泊まっていた↓と比較すると1泊あたりの料金が2倍以上だけど
ほぼ同じ値段の西表島の星野リゾートの西表ホテルよりは圧倒的に贅沢な感じ。

Category:#宮古島2022

 Keyword:宮古島/31



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=1
001 [09/03 00:39]j@Biglobe:シギラリゾートの系列なんですね いろんなタイプ持ってるなぁこのリゾートは

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:
宮古島


→カテゴリー:#宮古島2022(記事数:9) (コメント数)