電圧に応じてリレー制御し遅延動作も出来る中華12V用モジュール「DVB01」を自宅オフグリッドソーラーにインストール
カテゴリー:#災害対策 インフラが崩壊したニアサーな情況で自宅で5年生き抜く準備(記事数:46)

↑B


2021.09.03

電圧に応じてリレー制御し遅延動作も出来る中華12V用モジュール「DVB01」を自宅オフグリッドソーラーにインストール



今回使用したモジュールはこれ

Amazonでは2600円だけどAliexpress通販で送料込み1000円で買えます。

最近残念なぐらい中国からの送料が高くなっちゃったなぁ。。。。
DVB01の設定方法は説明書も無く少し苦労しましたが下記にメモを残します。
SET長押し
↓SW1
P-0→SET→F-1→+/-ボタン→F-1(測定だけ)、F-2(V1超えたらOFF)、F-3(V1超えたらON)、F-4(V1〜V2の間でON)、F-5(V1〜V2の間じゃない時にON)・・・・・F-9まであるけど残りの機能は不明
↓SW1
P-1→SET→V1の設定
↓SW1
P-2→SET→V2の設定
↓SW1
P-3→SET→現在の電圧値の補正
↓SW1
P-4→V1を超えた時の遅延時間0.3(初期設定)〜99.9秒(SW1ボタンで桁移動)
↓SW1
P-5→V2を下回って時の遅延時間0.3(初期設定)〜99.9秒(SW1ボタンで桁移動)
↓SW1
P-6→不明

我が家のオフグリッドソーラーの全体システムとしては下記の黄色部分の単純な電圧リレーを入れ替えました。

遅延モジュールが2か所にも入っている。12Vに遅延モジュール入れたからといって100V側の遅延モジュールがいらない理由にはならないよな・・・・


↓こんな感じで100円ショップのケースを使って使いやすいモジュール化にしています。


シガーソケット(死語)のパーツはこのあたり。


DVB01を使ってみて残念だったのは遅延時間が最大99.9秒までしか設定出来ないこと。う〜ん残念。短すぎる。

当初この部分は単純な電圧感知リレーでした。
12.7V以上で電力利用開始、11.7Vで電力利用中止で使用していたのですが、ソーラーパネルがちょっと発電開始した程度でも12.7Vを超えてしまい電力使用を開始してしまうのですが、バッテリーは充電されておらずすぐに11.7Vを下回り電力使用終了してしまう。を1日に何度も繰り返していたのが気になっていました。
今回、この遅延もジュールを導入することで規定電圧を上回って99.9秒後に電力使用開始することに、さらに設定電圧を13.0V以上で電力利用開始、11.7V以下で電力使用中止に変更しています。

本日の曇天時に使ってみた場合のログは下記
---------
20210903-0810<>12.9475V,-34mA
20210903-0820<>12.95625V,-34mA
20210903-0830<>12.95V,-34mA
20210903-0840<>12.175V,-2859mAON
20210903-0850<>12.095V,-2345mAON
20210903-0900<>11.93625V,-2655mAON
20210903-0910<>12.39875V,-30mA
20210903-0920<>12.92125V,-22mA
20210903-0930<>12.9675V,-35mA
20210903-0940<>13.00375V,-31mA
20210903-0950<>12.2575V,-2336mAON
20210903-1000<>12.05625V,-2324mAON
20210903-1010<>12.6825V,-25mA
20210903-1020<>12.86125V,-35mA
20210903-1030<>12.86875V,-30mA
20210903-1040<>12.90375V,-36mA
20210903-1050<>12.96125V,-32mA
20210903-1100<>12.98375V,-32mA
20210903-1110<>12.05125V,-2864mAON
20210903-1120<>11.91875V,-2500mAON
20210903-1130<>12.80625V,-25mA
20210903-1140<>12.87625V,-34mA
20210903-1150<>12.95V,-34mA
20210903-1200<>12.1725V,-2685mAON
20210903-1210<>11.98625V,-2972mAON
20210903-1220<>12.77V,-22mA
20210903-1230<>12.92625V,-21mA

---------
やはり変わらず電力使用開始したものの電力不足で20分程度で規定電圧を下回ってOFFになってますねぇ。。。。やはり99.9秒の遅延では焼け石に水だな。理想的にはソーラーパネルが十分な電力を発電しだして1時間程度経過したのちに電力利用開始って感じかな?

頑張って検索したのですが12Vで動作する「電圧検知」と「長時間の遅延タイマー」を両立するモジュールは見つけることが出来ませんでした。下記のようなFRM01を元のリレーと組み合わせてモジュールを2つ使ったりしないと「電圧が規定を上回ってから1時間後に電源ON」ってのは実現出来なさそうです。。。
今のソーラーパネル用の制御ボックスはこんな感じ

もう少し整理整頓したい。浸水時も考えて垂直方向の板に各モジュールを固定するのが良いかな?

Category:#災害対策 インフラが崩壊したニアサーな情況で自宅で5年生き抜く準備

 Keyword:Amazon/241



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:
Amazon


→カテゴリー:#災害対策 インフラが崩壊したニアサーな情況で自宅で5年生き抜く準備(記事数:46) (コメント数)