電動ドリルを7.2V仕様のリョービ製から、10.8V仕様のマキタ製「DW330DWSP」に乗り換え!(2022年物欲6)
カテゴリー:#DIY(記事数:1)

↑B


2022.03.02

電動ドリルを7.2V仕様のリョービ製から、10.8V仕様のマキタ製「DW330DWSP」に乗り換え!(2022年物欲6)


パワーに関してはもともとリョービのやつで困って無かったけど、本体が軽く小さくなってずいぶん使いやすくなりました。小さいは正義かもしれない。電池もニッカド電池からリチウムイオン電池になったみたい。

新しく購入したマキタのやつの穴あけパワーは22Nmらしい。これまで使っていたリョービのやつが12Nmらしいので2倍近く強力になっているはず。マキタの電動工具はバッテリーが共通なんだっけ?10.8Vバッテリーを使えるワクワクするやつある?(^^;

↓マキタのバッテリーをUSB充電出来るモバイルバッテリーに出来るとかやりすぎだろw
↓こんなソフトケースが付属しています。


↓中身


↓箱


Category:#DIY

 Keyword:2022年物欲/9



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=21
001 [03.02 10:24]DIY@OCN:DIYこそマルチツールがあればできることが大きく広がるとおもうけど、バッテリー互換ではないですね。そもそもマルチツールはボッシュの方が使いやすいと思う。 (2)
002 [03.02 13:01]まーる@OCN:https://www.makita.co.jp/product/li_ion/....これとかワクワクする (3)
003 [03.02 14:58]ふぇちゅいん(管理人) TW★83:>>002すげーーー、バッテリー1個でコーヒー2.1カップはちと少ないなw (1)
004 [03.02 16:47]ななし@Biglobe:10.8Vのバッテリーにはスライド式と差込み式がありますので、ご注意ください。 (2)
005 [03.02 17:30]ぽち:マキタか〜18Vシリーズならマキタおすすめしますが、それより低い電圧の奴ならamazonでHIKOKIのブルーのシリーズが安くてお勧めかな。もう、買っちゃったみたいだけど (1)
006 [03.02 18:25]@Enb:電源コード式のがストレス無いと思う。電動工具は最近のはBluetooth通信機能が付いてたり海外のは進化が凄まじいね、ミルウォーキーとかが人気だけど工具の種類によってメーカーの得手不得手が大きい。 (1)
007 [03.02 19:12]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★88:>>006 スマート電動工具 > 初めて知りました。意外と有用そう。動作時間やエラーのログを管理してメーカーメンテナンス出しの目安にしたり、動作ロックかけて盗難防止にしたり。家庭用だとオーバースペック? (1)
008 [03.02 20:59]りうか★1:マキタ沼への第一歩。 (4)
009 [03.03 16:45]unknown@YahooBB:バッテリーが高すぎるのよね。剪定機は互換バッテリーにしたわw (1)
010 [03.03 20:19]ななしさそ★60:>>004 にありますが、マキタの10.8Vは2系統あるのでご注意を。コーヒーメーカーは確かふぇちゅさんのタイプじゃダメな筈。もし強力な工具を増やしたいなら>>005 のように18Vシリーズをお勧めしますが、DIYの域からは外れます、30年は持つだろうけどそもそもが高いので。いや、マキタだしUSBバッテリーアダプタもそろそろ20V版出して、出先のパソコンにずらりと繋がるマキタ、とか見れそうですがw (1)


011 [03.03 22:03]@Enb:バッテリーは3.7Vの電池を入れる関係で20Vとか40Vになる訳無いんだけど瞬間的に昇圧する方式で吹かした宣伝してるのが多いよ。マキタのは大抵日立の特許が切れたのをパクってる。 (1)
012 [03.04 22:32]Ben@Ucom:掃除機オススメ (1)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:
2022年物欲
Amazon


→カテゴリー:#DIY(記事数:1) (コメント数)