[RSS][Twitter(X)]
since 1999.04.24今日 。昨日

#多色3Dプリンター #BambuLab #AMS


2024.06.183Dプリンターで作るウォールストッカーの面積を大幅拡張して増え続ける工具に対応
2024.06.13DIY自作3Dプリンターフィラメント保管庫10か月目 /4
2024.06.10100円玉を1個持ち歩くためのコインキーキーホルダー【配布あり】 /15
2024.06.033Dスキャンサービス「Scaniverse」Android版リリース 最新機能「Splat」も利用可能に - MoguLive /8
2024.05.24BlenderでMakeHumanというプラグインを用いてヒト型オブジェクトを作ってポーズを変え3Dプリンターで出力する方法 /9
2024.05.214色マルチカラー可能なAnycubicのFFF方式3Dプリンターセット「Kobra 3 Combo」が日本への送料入れて早期割引で569ドル /2
2024.04.273Dプリント可能なツールボックスを10秒で作れるWEBツール「Bento3D」 /11
2024.04.223Dプリンターでリコーダーが作れるらしい。これは我が家の多色3Dプリンターの出番では!? /24
2024.04.193Dプリンターでボーイング787の模型 /13
2024.04.17マルチカラー3Dプリンター「Creality K2 Plus」発表、既存機種に装着出来るマルチカラーユニットCFSも /1
2024.03.26Bambulabで複数のstlファイルを使ってマルチカラー出力する時の塗りつぶし優先順位メモと複数フィラメントを交互に重ねて中間色を出す可能性について /8
2024.03.25うわ!Amazonで俺愛用の4色出力可能なBambulab A1 mini +AMS liteが9000円割引の72800円! /2
2024.03.18先週末のムスコからの依頼品。スペースX社のスターシップとスーパーヘビー /28
2024.03.09Bambulab A1 miniは出力中にフィラメントが切れると一時停止して新しいフィラメントを補充してリスタート可能 /3
2024.03.08公式サイトのBambulab A1 miniのFAQを読んだメモ /2
2024.02.10ハニカムウォールストッカーにボックスのモジュールを増設 /10
2024.02.02これが多色3Dプリンターのポテンシャルだ! /13
2024.01.31Bambu Lab A1 miniの4色出力に成功!ゴミが・・・・ /30
2024.01.28Bambu Lab A1 miniとこれまで使ってきた中華自作機のクオリティー比較 /2
2024.01.24Bambu LabのAMSのゴミを減らすらしいYoutube動画 /1
2024.01.24Bambu LabのAMS関連情報元リンク、使っている人のTwitter、Webページリスト /1
2024.01.23う〜んAMSによる多色出力は少しダメな子かもしれない笑。11gの出力物に対し76gのゴミが /5
2024.01.21Bambu Lab A1 miniで単色Hello world! /2
2024.01.19Bambu Lab A1 miniに添付の説明書のアプリインストール用QRコードは中国国内専用 /4
2024.01.183Dプリンター一体形成の最高峰!? /7
2024.01.17Bambu Lab A1 miniの限定割引はたった20名だったのか /2
2024.01.17Bambu Lab A1 mini組み立てた! /5
2024.01.16Bambu Lab A1 mini来てた! /5
2024.01.15キタコレー!!!注文していた多色3Dプリンター「Bambu Lab A1 mini」が発送完了! /12



2024.06.18

3Dプリンターで作るウォールストッカーの面積を大幅拡張して増え続ける工具に対応↑BTW


ここまでで部品代としては6000〜7000円ぐらいかな?フィラメント2ロール(2kg)ぐらい。

↓1年前にいったん完成した時はこれぐらいの大きさでした。今回の拡張でほぼ2倍の面積に

1年前はPLAで作っていましたが、今回はPETGフィラメント使っています。どちらのフィラメントでも特に変わらないかな。

(省略されています。全文を読む

 Keyword:ウォールストッカー/9


2024.06.13

DIY自作3Dプリンターフィラメント保管庫10か月目↑BTW



扉部分に張り付いている温湿度計のうち、上がケースの外、下がケースの中。25%程度の湿度差が出来ており内部は34%になっています。

扉部分の隙間をふさぐ方法は色々と試した結果、ダイソーで売っている分厚い隙間テープを内部に貼るのみです。扉の周囲前面にテープを貼ったところで更なる湿度低下にはなりませんでした。

まあこんな感じで良いかなと思っています。フィラメントはPETGとTPUしか使わないのでPLAなんかと違いそのへんにフィラメントを転がしいても大きな影響は無いので、どれぐらい効果があるのかは不明です。

デジタル一眼カメラとレンズも一緒に入れちゃうか?

と言いたいところですが多色プリンターを買って最近フィラメントのストックが増加中。このストック倉庫をもう一つ作りたいところ。


2024.06.10

100円玉を1個持ち歩くためのコインキーキーホルダー【配布あり】↑BTW

すっかりキャッシュレスでサイフを持ち歩かないのですが、スーパーでカートを利用するには100円玉が必要でどうにかスマホを一緒に100円玉を1つ持ち歩きたい!ということでDIYして作りました。3日ほど写真の状態で持ち歩いていますが、100円玉が落下することは無さそう。


データはこの米25セント硬貨用のコインキーホルダーを100円玉に合うようにサイズを調整して出力しています。

素材はPETGです。
(省略されています。全文を読む

 Keyword:中国/87


2024.06.03

3Dスキャンサービス「Scaniverse」Android版リリース 最新機能「Splat」も利用可能に - MoguLive↑BTW

3Dスキャンサービス「Scaniverse」Android版リリース 最新機能「Splat」も利用可能に - MoguLive 1 users


2024.05.24

BlenderでMakeHumanというプラグインを用いてヒト型オブジェクトを作ってポーズを変え3Dプリンターで出力する方法↑BTW

個人的メモです。Blender公式ページとMakeHuman公式ページ。MakeHumanは4年ぶりの正式新バージョンv1.3が出ていますね。

他サイトの説明記事
MakeHumanはスタンドアロンのソフトでBlenderのプラグインは「MPFB/MHX2 アドオン」というやつみたいです。Blenderの編集→プリファレンス→インストールでZIPファイルを直接指定してインストール
MakeHumanのサイトのBlender用プラグイン置き場はここ
BlenderにMakeHumanのオブジェクトをインポートする方法は
「ファイル」→「インポート」 →「MakeHuman (.mhx2)」を選択。

Blender上でMakeHumanを使うにはすごく分かりにくいですが、画面右上のこの左向き矢印をクリックするか、画面上で「N」キーを押します。


(省略されています。全文を読む


2024.05.21

4色マルチカラー可能なAnycubicのFFF方式3Dプリンターセット「Kobra 3 Combo」が日本への送料入れて早期割引で569ドル↑BTW

神奈川への送料調べたら120ドルと出ました。Bambulab A1 miniと比べ8色まで増設OK。出力エリアが250x250x260mmと少し広い。


2024.04.27

3Dプリント可能なツールボックスを10秒で作れるWEBツール「Bento3D」↑BTW



ここ↓
Bento3D 1 users


2024.04.22

3Dプリンターでリコーダーが作れるらしい。これは我が家の多色3Dプリンターの出番では!?↑BTW

色々な人がアップロードしてるな。リコーダーって英語だと「recorder」なんだ。。。


2024.04.19

3Dプリンターでボーイング787の模型↑BTW


Bambulab A1 miniが優秀過ぎて、日曜朝に

  • ムスコ「でっかい飛行機印刷して〜」
  • パパ「あん?前出力したじゃん。あれどうなったの?」
  • ムスコ「ママに捨てられた」
  • パパ「もー、仕方ないな」スマホぽちぽち「これでいい?」
  • ムスコ「うん」
  • パパ「何色?白色か、灰色か、黄色か青色が今セットされている」
  • ムスコ「う〜ん、灰色」
  • パパ「オッケー」
スマホアプリからポチっと出力開始、で3時間後に接着剤で出力したパーツを接着剤でくっつけてこれが出来ちゃう。
↓データはこれ

(省略されています。全文を読む


2024.04.17

マルチカラー3Dプリンター「Creality K2 Plus」発表、既存機種に装着出来るマルチカラーユニットCFSも↑BTW

BambulabのAMSと構造はおなじでエクストルーダー1つかな?BambulabのAMSは良く出来ているけど、もう少し素早くフィラメントロス無く出来たらなあと思う。


2024.03.26

Bambulabで複数のstlファイルを使ってマルチカラー出力する時の塗りつぶし優先順位メモと複数フィラメントを交互に重ねて中間色を出す可能性について↑BTW

Bambu studioは複数のstlファイルをまとめてドラッグ&ドロップすると「複数パーツの単一オブジェクトとして扱いますか?」って聞いてくる(※うちは言語設定英語にしているので英語で表示されていますが、普通は日本語で聞かれるかも)。

1つずつ順番にドラッグ&ドロップすると横に並べて配置してしまいますが、まとめてドラッグするとファイルの持つ空間座標を保持したまま配置されるので.stlファイルしか出力出来ないモデリングソフトでもマルチカラーのデザインをすることが出来ます。


(省略されています。全文を読む


2024.03.25

うわ!Amazonで俺愛用の4色出力可能なBambulab A1 mini +AMS liteが9000円割引の72800円!↑BTW

家電感覚で多色3Dプリンター使えるよ。オススメ


2024.03.18

先週末のムスコからの依頼品。スペースX社のスターシップとスーパーヘビー↑BTW

Bambulab A1 mini+AMSの多色出力では無く別の色で出力したパーツを組み合わせたもの。


↓設計ファイルはこちら。オリジナルデザインを70%縮小して出力


(省略されています。全文を読む


2024.03.09

Bambulab A1 miniは出力中にフィラメントが切れると一時停止して新しいフィラメントを補充してリスタート可能↑BTW

もう微妙に短いフィラメントが無駄になったりしないのか!


2024.03.08

公式サイトのBambulab A1 miniのFAQを読んだメモ↑BTW

もう2kg以上のフィラメントを使いましたがトラブルらしいトラブル無いね。でも経験上いずれは何かトラブルだろう。あのフィラメントを切断する機構は消耗品じゃないのか?ノズルもいずれ詰まるんじゃないのか?

(1)A1 miniはAMS liteを1つしか接続出来ないらしい。端子が2つあるのに・・・
(2)A1 miniがサポートしているプレートは2種類。textured PEI plate(本体に同梱)とsmooth PEI plate.
(3)同梱のTextured PEI plateの接着を維持するには温かい水や石鹸で定期的に洗うことらしい。ついた油分を除去する感じ?
(4)smooth PEI plateはPLAに関してTextured PEI plateよりも接着が良いらしい。
(5)AI miniは内蔵メモリが無いのでmicroSDは入れっぱなしにする必要
(6)A1 miniはフィラメント切れ検出機能があり、AMS liteを使っている場合はフィラメントが切れた時にバックアップフィラメントを設定出来るらしい
(7)プリント開始時、終了時の音はオフに出来る(笑)本体のセッティングから可能
(8)指定した高さで一時停止させる機能がBambu Studioで可能(これ使って4色以上の疑似出力実現出来る?)
(9)A1 miniでもTPUフィラメントが使えるが、硬さ55D、77Dやそれ以上の硬さのフィラメントのみOKで、95A、85A、83A、80Aなどのフィラメントはダメらしい。最大スピードは3.2〜3.6 mm3/sらしい。
(10)TPU出力時のヒートベッド温度は30?45度が良いらしい。
(11)メーカーはA1 miniを密封するのを推奨していない。


2024.02.10

ハニカムウォールストッカーにボックスのモジュールを増設↑BTW



データはこちら

これは過去に作っていたやつの続き
他にもこんなデータもある

(省略されています。全文を読む


2024.02.02

これが多色3Dプリンターのポテンシャルだ!↑BTW

PETGフィラメント4色使用です。出力時間4時間ぐらい。


出力したデータはこちら。

元データが前面と後面が分かれていて結合するデザインになっている。出力高さが低く抑えられているのは後述のゴミフィラメントの発生量低減につながっていると思われます。



(省略されています。全文を読む


2024.01.31

Bambu Lab A1 miniの4色出力に成功!ゴミが・・・・↑BTW

これは楽しい。AMS liteユニットもう1つ買って8色出力に対応しても良いかもしれない♪しかし・・・


データはこちら(マルチカラー対応の.3mfファイル)


(省略されています。全文を読む


2024.01.28

Bambu Lab A1 miniとこれまで使ってきた中華自作機のクオリティー比較↑BTW

左がBambu Lab、右が中華自作機


(省略されています。全文を読む


2024.01.24

Bambu LabのAMSのゴミを減らすらしいYoutube動画↑BTW

フラッシュ量を半分にしても問題無いらしい。重要情報!




(省略されています。全文を読む


2024.01.24

Bambu LabのAMS関連情報元リンク、使っている人のTwitter、Webページリスト↑BTW

個人的メモ

公式

買った人のWebページ
使っている人のTwitter
リストにしてみたあ、ほかの人が作ったBambuLabのリスト、こちらはAMS使っているとは限らないリストってフォローしてもタイムラインに出てこないんだよね?片っ端からフォローするか。
他にあったら教えてください。


2024.01.23

う〜んAMSによる多色出力は少しダメな子かもしれない笑。11gの出力物に対し76gのゴミが↑BTW

Bambu Lab A1 miniと4色出力ユニット(AMS lite)を買って遊んでいます。初めて多色出力してみました!

ちなみにフィラメントはPETGです。うちにはPETGフィラメントしかない。PLAフィラメントは固すぎて嫌い。

(省略されています。全文を読む


2024.01.21

Bambu Lab A1 miniで単色Hello world!↑BTW


先日まで使っていた中華組立機とはMSX2とWin95ぐらいの違いを感じる。すごい違いだがやれることに違いは無いとも言えるな。なんだBambuでドヤってた連中はこんな簡単な機械でドヤってたのかw

多色出力やってみたいんだがどうやって色分けして割り当てるのか分からん。。。

 Keyword:MSX/54


2024.01.19

Bambu Lab A1 miniに添付の説明書のアプリインストール用QRコードは中国国内専用↑BTW

一日悩んでしまった。説明書のQRコードからインストールされるAndroidアプリは中国国内用で、このアプリをインストールしても日本から電話認証によるユーザー登録が出来ません。ご注意。


Google PlayにあるBambu Handyをインストールしましょう。

どうにか試運転まで行きましたが色々と感動中。これ凄い高度な機械を専門とする技術者が関わってる。たぶん。


2024.01.18

3Dプリンター一体形成の最高峰!?↑BTW

週末に試す!





2024.01.17

Bambu Lab A1 miniの限定割引はたった20名だったのか↑BTW


急いで申し込んで割引ゲット出来た♪


2024.01.17

Bambu Lab A1 mini組み立てた!↑BTW

平日の可処分時間1時間のパパはなかなか趣味に突き進めないぜorz。とりあえずハードウェア組み立てた。箱明けてから30分ぐらいの簡単な作業。本体にAMS接続ポートが2つあるんだけど、AMSをもう1つ買えばもしかして8色出力出来る?


(省略されています。全文を読む


2024.01.16

Bambu Lab A1 mini来てた!↑BTW



開封!!!第一層目はパーツ


(省略されています。全文を読む


2024.01.15

キタコレー!!!注文していた多色3Dプリンター「Bambu Lab A1 mini」が発送完了!↑BTW

俺にとって人生3台目の3Dプリンター「Bambu Lab A1 mini(AMS lite付)」が発送されました!!!


楽しみすぎる。

配送は佐川急便みたい。

フィラメント24色ぐらい買ってスタンバイしたい気分だが、ぐっと我慢・・・・

「ぐっと」って由来何だろう?