Beaglebone・Raspberry Pi TW↑B
|1ページ目/3|次のページへ(123・)
2017.09.142ステップでRaspberry PiをWebサーバー化して、ブラウザからPythonスクリプトを走らせる方法
2017.08.18実家の農園で「リモート温度ロガー」として使っているRaspberry Piにシャットダウンボタンを追加 /16
2017.07.29Raspberry Piベースのホーム地震計「Raspberry Shake 4D」、数十万円の測定機器に匹敵の3次元計測可能可能 /28
2017.07.19IoT制作のヒントが満載「Interface」2017年9月号はIoT用センサー大特集 /7
2017.07.12「Raspberry Pi Zero W」が技適取得。18日より国内発売。1296円 /7
2017.07.06Raspberry PiのmicroSDをリードオンリー化していつでも電源OFF可能にする方法 /13
2017.06.09「Raspberry Pi」を狙うマルウェアが出現--暗号通貨をマイニング /29
2017.05.12ルンバをRaspberry Piを使ってROSでコントロールできるように改造してみた(半田付け無しでOK) /5
2017.02.22Raspberry PiをノートPCに変身させる「pi-top」をRSコンポーネンツが取り扱い開始 /8
2017.02.21Raspberry Pi Zeroがついに国内発売。税込み702円で2月24日発売で1人1点限り /10
2017.02.01Raspberry Piで複数のWifiに自動接続させる方法 /9
2017.01.29Raspberry Piで勝手に通信している何かをつきとめ、止めたい /99
2017.01.28総予算16000円、AC電源さえあれば3G/LTE経由で2か所の温度を24時間監視出来るワイヤレス温度計ユニットを作った /103
2017.01.28Raspberry Piの起動ディスクなどの管理に便利、微妙にサイズの違うmicroSDの完全ミラーを作るには「AOMEI Partition Assistant」が便利 /6
2017.01.16Raspberry PiはWifiルーターが落ちた後に自分で再接続してくれない。これを解決する方法 /6
2017.01.14Raspberry PiにFTP出来るようにする方法 /7
2016.11.18Wi-Fi/RTC搭載のArduino互換ボード「BiZduino」 /33
2016.10.08RubyやPythonでプログラム出来て単3電池3本で10年動くArduino互換無線搭載マイコンボード「Lazurite Mini」発売 /5
2016.10.03総予算3000円、Raspberry Pi利用2つのAC電源をWiFi経由でON/OFF出来る装置製作完成(その3) /104
2016.09.25総予算3000円のRaspberry Pi利用2つのAC電源をON/OFF出来る装置製作の続き /25
2016.09.13総予算3000円、Raspberry Pi利用でWiFi経由で100Vを制御出来る装置のプロトタイプ /55
2016.09.066インチのE-ink電子ペーパーが13ドルぐらいで購入可能になってきた /3
2016.08.17SODIALの送料込み143円の激安リレーユニットをRaspberry Piで利用成功(2016年の物欲その36) /106
2016.07.11暮らしを自動化するアイデアや技術を競う第1回「エレキットくらしハックコンテスト」 /11
2016.07.042016年の物欲その29:Raspberry Pi Zeroとケース /77
2016.07.01ミニ四駆をスマホから操作できる改造キット「MKZ4」をCerevoが5980円で発売。 /4
2016.06.16Raspberry Pi Zero在庫あり!日本への送料5.5ポンド!1人1個まで /1
2016.06.15Raspberry Piの製造メーカーをスイスのDaetwyler Holding AGが約920億円で買収 /56
2016.06.10『Raspberry Pi 3』にAndroid TVをインストールする方法を紹介する動画公開 /12
2016.05.175ドルで買えるRaspberry Pi Zeroのハードウェアが変更しVer.1.3に。カメラ用インターフェース搭載に /1
2016.04.26Raspbsrry Piの公式カメラモジュール第2弾が登場、ソニー製センサーで800万画素と大幅に性能アップ /3
2016.03.10Raspberry Pi用のミニUPSが4320円 /11
2016.02.29Raspberry Pi 3 Model Bが国内通販に登場、4815円 /7
2016.02.27Raspberry Pi 3が登場間近、新たにWi-Fi/Bluetoothを内臓で35ドルキープ /19
2016.02.202016年の物欲その11「INA226 I2Cデジタル電流・電圧・電力計モジュール」を使ってRaspberry Piで測定してみた /33



2017.09.14

2ステップでRaspberry PiをWebサーバー化して、ブラウザからPythonスクリプトを走らせる方法↑BTW

自宅のIoT化進めていますが、Raspberry PiにApache入れてブラウザからPythonスクリプト走らせたり結果を表示したりする方法の個人的メモ

■Step.1: Apacheインストール
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get install apache2
サーバー起動
sudo service apache2 start
これでRaspberry PiのIPをブラウザでアクセスして(例:http://192.168.1.78など)「it working」みたいな画面が出ることをチェック

■Step.2: cgiを動作可能にする
(1)
各種設定ファイルは
/etc/apache2/に分散して入っている。/etc/apache2/mods-available/に利用可能な設定入っていて、/etc/apache2/mods-enabled/内のものが実際に使用可能になる、シンボリックリンクでcgi.loadをenabledディレクトリに
sudo ln -s /etc/apache2/mods-available/cgi.load /etc/apache2/mods-enabled/cgi.load

(2)/etc/apache2/modes-available/mime.conf
中の
#AddHandler cgi-script .cgi
を、コメントアウトをはずして、.pyを追加
AddHandler cgi-script .cgi .py

(3)Webアクセルするディレクトリは/var/www/なのでそこをスクリプト実行可能にする
具体的には
/etc/apache2/sites-available/defalt
中の<Directory /var/www/html>で囲われている中に
Options +ExecCGI
を追加

Apacheを再始動
sudo service apache2 restart

(省略されています。全文を読む

   全コメント表示・書き込み


2017.08.18

実家の農園で「リモート温度ロガー」として使っているRaspberry Piにシャットダウンボタンを追加↑BTW


↑ボタンを追加しました。

今年の1月に実家の農園で使う3G/LTE経由でデータ転送するリモート温度ロガーをRaspberry Piで2台作りましたが、

最近2台のうち1台が動かなくなったというので送り返してもらい調べました。
調べてみるとハードウェアには問題がなく、microSD中のデータが壊れてしまいOSが起動しなくなっているようです。両親には「中は普通にパソコンだよ」などと面倒な説明はしていないので、農園のあちこちの温度をモニターするために何度も電源を抜き差ししたと想像され、運悪くデータが壊れてしまったようです。たいていは大丈夫なんだけどねぇ。まあ当然起こりうる事態です。

装置自体はバックアップしておいたmicroSDのディスクイメージを書き込むことで復活しましたが、今後も同じ壊れ方をする可能性があります。
解決策として、Raspberry PiをリードオンリーのROM化するという作戦もあるみたいですが↓
ちょっと高度すぎて完全には理解出来ず。また、Raspbianのビルドバージョンごとの設定などもあるようで、難しそうなので今回は断念しました。
代わりに行ったのがシャットダウンボタンを付けるというもの
参考にしたのは
リンク先のサンプルスクリプトをコピペしてshutdown-deamon2.shというファイル名で保存。
chmod 755 shutdown-daemon2.sh
で実行属性を付与、実行してみたところエラーが。どうやら「gpio」というコマンドが入ってなかったので色々と調べてgpioを含むWiringPiというのをインストール、apt-getでいけました。
sudo apt-get install wiringpi
でインストールすると無事動きました(最新のRaspbianには最初からインストールされているらしい)
リンク先に従い
/etc/rc.local
に、
/home/pi/shutdown-daemon2.sh &
を追加し、電源ONと同時にスクリプトを走らせるようにしました。
このスクリプトが気に入ったのはLED点灯でシャットダウン動作が分かりやすくなっているところ、具体的には下記の動画のようにボタンを押した時、5秒間押し続けた場合で別の点灯し、分かりやすくシャットダウンが開始します。


(省略されています。全文を読む

   全コメント表示・書き込み(16〜)


2017.07.29

Raspberry Piベースのホーム地震計「Raspberry Shake 4D」、数十万円の測定機器に匹敵の3次元計測可能可能↑BTW

測定データはオンラインアクセス可能で、かつクラウドに送られ全世界の揺れデータを元に地震の規模を可視化出来るらしい。Raspberry Pi無しの基盤キットが3万円ほど、日本への送料3000円。

日本には震度を勝手に測定して公開しちゃだめって法律がありそうだなw

   全コメント表示・書き込み(28〜)


2017.07.19

IoT制作のヒントが満載「Interface」2017年9月号はIoT用センサー大特集↑BTW

買ったは良いが試していないセンサーが5個ぐらいある気がするw。
CO2センサーに、超音波距離センサーに、紫外線センサーに

I2C接続の光学心拍&酸素濃度センサーなんてあるんだね↓

   全コメント表示・書き込み(7〜)


2017.07.12

「Raspberry Pi Zero W」が技適取得。18日より国内発売。1296円↑BTW

なんだまだ国内販売してなかったのか。
技適とか主要国での販売承認を一括化出来ないのかね?

   全コメント表示・書き込み(7〜)


2017.07.06

Raspberry PiのmicroSDをリードオンリー化していつでも電源OFF可能にする方法↑BTW

この方法興味!ロガーとして使うにしても、たいていデータはネット上に飛ばしているんだよね。

   全コメント表示・書き込み(13〜)


2017.06.09

「Raspberry Pi」を狙うマルウェアが出現--暗号通貨をマイニング↑BTW

やべ、自宅で4台、実家の農園で2台稼働中で、IDが「pi」のままだわw。
でも、いずれも放熱させてないから全力で計算させるとフリーズするぞw

   全コメント表示・書き込み(29〜)


2017.05.12

ルンバをRaspberry Piを使ってROSでコントロールできるように改造してみた(半田付け無しでOK)↑BTW

   全コメント表示・書き込み(5〜)


2017.02.22

Raspberry PiをノートPCに変身させる「pi-top」をRSコンポーネンツが取り扱い開始↑BTW

高すぎてフイたw
良いんだけど、9980円ぐらいに企画しようぜ。

   全コメント表示・書き込み(8〜)


2017.02.21

Raspberry Pi Zeroがついに国内発売。税込み702円で2月24日発売で1人1点限り↑BTW

送料は全国一律756円なので、1456円。Raspberry Pi zeroはmicroUSB端子、microHDMI端子とヘンタイ仕様なんだけど、アダプター付いている値段なんだろうか?

Pimoroni Ltdでイギリスから通販しても送料込み、microUSB-USBアダプター、HDMIアダプター付きで1808円(12.17ポンド)なのであまり感動しないな。イギリスからの送料が5.5ポンド(780円ぐらい)と国内宅配と変わらないのがイタイ。郵便投函で売ってくれよ。

すでにRaspberry Pi zeroだけで5個、他のバージョンと合わせて8個買ってるぜ。

   全コメント表示・書き込み(10〜)


2017.02.01

Raspberry Piで複数のWifiに自動接続させる方法↑BTW

先日、モバイルルーターで動かすRaspberry Pi利用機器を作りましたが、

これらの機器は自宅のWifiにも自動接続出来ると楽です。その方法です。
●概要
設定でwpa-confではなく、wpa-roamを使う。

●詳細
/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
/etc/network/interfaces
を以下のようにします。

2つのWifiが利用可能な場合はpriorityの大きいものに接続されます。
id_strは/etc/network/interfacesでそれぞれの設定を指定するために必要です。


今回はどちらのWifiに接続した場合も固定IP(しかも同じIP)にしています。
wpa-confの時はDNS設定は/etc/resolv.confの値が読まれていましたが、wpa-roamの場合は/etcnetwork/interfacesの内容が使用されるようです(しかもdns-nameserversとsついているので注意)

ちなみに1箇所のWifiにしか接続しない場合もwpa-roam使った方が良いかもしれません、wpa-confはルーターの電源をいったん落とした場合など自動で再接続してくれませんが、wpa-roamは自動接続してくれるようです。
↓こういった工夫も不要になります。
情報元ページ

   全コメント表示・書き込み(9〜)


2017.01.29

Raspberry Piで勝手に通信している何かをつきとめ、止めたい↑BTW

Raspberry Pi利用の温度センサーを2つ作って、モバイルルーターで遠隔温度管理を企んでいます↓

それぞれの温度センサーは10分間に1回HTTPアクセス(GET)させているだけで、ヘッダ、レスポンスの受信考えても10分間に10kbyteぐらいだと思うのですが、モバイルルーターの使用通信量表示を見ると

↓起動10分後・・・・・・0.23Mbyte (10分あたり230kbyte)
↓起動1時間20分後・・・・・・・1.09Mbyte (10分あたり136kbyte)
↓起動1時間41分後・・・・・・・6.78Mbyte (10分あたり678kbyte)
と大量のネットアクセスが発生しています。少なくとも2種類の何かが通信しているようです。

(1)10分間平均で200Kbyte通信する何か
(2)定期的(1時間の一度?)5Mbyte通信する何か

当初このシステムは0SIM使って月間500Mbyte以内に抑えるはずだったのですが、計算すると(1)だけで1か月600Mbyteになってしまいます。


解決しました
モバイルルーターの接続テストに使ったスマホが勝手にモバイルルーターを使用していました。スマホの接続を切ったら1時間あたり50kbyteになりました。orz

   全コメント表示・書き込み(99〜)


2017.01.28

総予算16000円、AC電源さえあれば3G/LTE経由で2か所の温度を24時間監視出来るワイヤレス温度計ユニットを作った↑BTW

実家のイチゴ農園の温度をモニターするために作りました。モバイルルーターユニットと、温度センサーユニット×2です。温室の中で使うので生活防水程度に仕上げてあります。ACケーブルが防水仕様じゃないのがちょっと気になります。黒いケーブルは温度センサーです。


かかった費用は

計:16000円ぐらい。IoT時代が到来しているのが実感出来る制作の簡単っぷりと低価格っぷりです。

(省略されています。全文を読む

 Keyword:Amazon/91
   全コメント表示・書き込み(103〜)


2017.01.28

Raspberry Piの起動ディスクなどの管理に便利、微妙にサイズの違うmicroSDの完全ミラーを作るには「AOMEI Partition Assistant」が便利↑BTW

Raspberry Piの起動用microSDなどを管理する時にWin32DiskImagerを使うのが、よく行わていますが、microSDやSDは実は同じ製品、同じ容量(16GBとか)でも微妙にサイズが違います。このため、サイズの大きいmicroSDをイメージを、サイズの足りないmicroSDにWin32DiskImagerでコピーしようとすると容量不足で行うことが出来ません。

そこで使うのはAOMEI Partition Assistantというフリーで使えるソフト

「ウィザード」→「クイックディスクコピー」→「コピー元ディスクを指定」→「コピー先ディスクを指定」→「ディスクのサイズに適応」


↑上記の実施例では、ディスク3からディスク5にコピーしてますが、ディスクの最後尾の未割当領域の容量を減らすことでコピー可能にしています。Wind32DiskImagerは単純にディスクのセクタ全てをイメージ化しますので未割り当て領域も関係なく

で一発です。難点はmicroSDカードリーダーが2つ必要なこと。またイメージファイルに対応していないので正常に動作するmicroSDがある場合しか使えません。イメージファイルしか手元にない場合は容量の一回り大きいmicroSDなどにWin32DiskImagerを使ってバックアップイメージをコピーしてからこの作業を行う必要があります。

参考にしたリンク先に書いてありましたがAOMEI Backuperというソフトも便利そうです。

   全コメント表示・書き込み(6〜)


2017.01.16

Raspberry PiはWifiルーターが落ちた後に自分で再接続してくれない。これを解決する方法↑BTW

参考にしたのはここ

★recconect.shという再接続用のスクリプトを作成
中身
#!/bin/sh
ping -c 1 192.168.1.1
test $? -ne 0 && sudo /etc/ifplugd/ifplugd.action wlan0 up

★cronにしかける
crontab -e
* * * * * sh /home/pi/reconnect.sh

これで1分おきに確認スクリプトが走る。$?は直前コマンドのexit値らしい。

   全コメント表示・書き込み(6〜)


2017.01.14

Raspberry PiにFTP出来るようにする方法↑BTW

参考にしたのはここ

★FTPサーバーのインストール
sudo apt-get install vsftpd
★FTPサーバーの設定(piでログイン出来るような最低限設定)
sudo nano /etc/vsftpd.conf
以下項目を書き換え

  • anonymous_enable=NO #anonymousユーザを禁止
  • local_enable=YES #ローカルユーザを有効に
  • write_enable=YES #書き込み許可
  • local_umask=022   #書き込んだ際のパーミッションのマスク
  • ascii_upload_enable=YES #アスキーでアップロードを有効
  • ascii_download_enable=YES #アスキーでダウンロードの有効
  • chroot_local_user=YES #ローカルユーザの制限
  • chroot_list_enable=YES  #リストにより制限を行う
  • chroot_list_file=/etc/vsftpd.chroot_list #リストのパス
★アクセス出来るユーザーを設定
sudo nano /etc/vsftpd.chroot_list
piを追加

★FTPサーバーを再起動
sudo service vsftpd restart

   全コメント表示・書き込み(7〜)


2016.11.18

Wi-Fi/RTC搭載のArduino互換ボード「BiZduino」↑BTW

RTC=リアルタイム・クロック・モジュールらしい。
Arduinoって時間の概念無いのか?

   全コメント表示・書き込み(33〜)


2016.10.08

RubyやPythonでプログラム出来て単3電池3本で10年動くArduino互換無線搭載マイコンボード「Lazurite Mini」発売↑BTW

無線は特定小電力(920MHz帯)の技適認証取得済モジュールとのこと。

   全コメント表示・書き込み(5〜)


2016.10.03

総予算3000円、Raspberry Pi利用2つのAC電源をWiFi経由でON/OFF出来る装置製作完成(その3)↑BTW



過去の記事

皆さまにアドバイスいただき無事完成しました!アクリル板で作成した150mm x 150mm x 30 mmのケースに収めました。中にAC-USBアダプター入っているし、少し放熱穴開けた方が良いかもしれません。


↑完成回路図になります。新たにトランジスタ2SC1815のBとEを10kΩの抵抗でつないでいます。理由は
とのこと。2つ使用するRaspberry PiのGPIO端子はプルダウンされた状態で使用しています。具体的にはGPIO17とGPIO27を使用↓
正直、正確に理解出来ておりませんが、実際にプルアップ状態のGPIO端子を使うと動作はしますが何やら動作が不安定でたまにリレーがONにならなかったりします。
(省略されています。全文を読む

   全コメント表示・書き込み(104〜)


2016.09.25

総予算3000円のRaspberry Pi利用2つのAC電源をON/OFF出来る装置製作の続き↑BTW



これまでの経緯

完成に向けて2mmのアクリル板で作ったケースに固定しました。最近、丸のこでサクサクとアクリルケースを自作出来るようになったので100円ショップのタッパーは卒業しました。

 あとどうしても2系統のAC電源を制御したかったので、前回紹介した「使い方1」にリレー側の結線を変更して、かすかに知ってるトランジスタの使い方を思い出して下記のような回路に変更、これで一応SODIALの安い2チャンネルのリレーをGPIOからのシグナルで別々にON/OFF可能になりました。実は最初抵抗無しだったけど、おっとこれじゃGPIOとGNDショートさせているじゃん!と思いつき適当に挿入、抵抗値(1kΩ)は適当です。俺成長してる?w


(省略されています。全文を読む

   全コメント表示・書き込み(25〜)


2016.09.13

総予算3000円、Raspberry Pi利用でWiFi経由で100Vを制御出来る装置のプロトタイプ↑BTW


とりあえず動作しました。写真では5V駆動の水ポンプが接続されています。使ったパーツはRaspberry Pi zero、WiFiドングル、くそ安い5V水ポンプ、くそ安いヒューズボックス、くそ安いリレー、100円ショップで購入したAC-USB×2、100円ショップで購入した100VACの延長ケーブルです。合計で3000円ぐらい?

プレップボードは単にジャンパー線の中継に使っているだけで何も部品は乗っていません。メスーメスのワイヤーが切れちゃったので購入しなきゃ・・・・、何!40本で75円送料込みかよww↓


↓使ったパーツとリレーの使い方など
これを後3つ、4つ量産して家中の換気ファンを制御し、家中の水やりを自動化するぞ。これから綺麗にケースに収めたい。

(省略されています。全文を読む

   全コメント表示・書き込み(55〜)


2016.09.06

6インチのE-ink電子ペーパーが13ドルぐらいで購入可能になってきた↑BTW

型番は「ED060SC4」

残念ながら俺にはRaspberry Pi等から制御するスキル無い。
↓このサイトでこのパネル使ってBMP画像を表示する装置の販売行っている。
電子ペーパーの制御には22V,15V,-15V,-20Vの4電圧必要らしい。
俺でも使えそうなの探すと4.3インチ(800x600)のHDMI接続のe-ink↓を買ってみたいところ。57ドル

   全コメント表示・書き込み(3〜)


2016.08.17

SODIALの送料込み143円の激安リレーユニットをRaspberry Piで利用成功(2016年の物欲その36)↑BTW


くっそ安いやつです。Raspberry PiのGPIOでON/OFF出来ました。

下記のサイトが非常に参考になりました。
上記の図で
  • OFF時→COM-NCが接続
  • ON時→NO-COMが接続
です。Raspberry Piから他の部品無しで使うには「使い方2」で使用する必要があるみたいですが、そうするとせっかくリレーユニットが2つ搭載されているのに2つ同時にしか動作させられません。
「使い方1」でRaspberry Piから制御するにはどうしたら良いのかな?IN-GNDをショートさせた時にかなりの電流が流れるんだよね?、NPN型トランジスタのC1815(それ以外使ったこと無し)とか入れて、B=GPIOに接続、E=GNDに接続、C=INに接続。で良いのかな?

リレーユニットは100V、1Aぐらい流しても良いらしいので先日紹介した自宅のダクトファンの制御にも使えそう。

Raspberry PiのGPIOをON、OFFする方法は以前習得しました↓
ちょっと困っているのはRaspberry Piって起動時にGPIOがON(high)なんだけどOFF(low)で起動する方法ってどうやるか誰か教えてー。

現在、Raspberry Pi、5Vの水ポンプとこのリレーを組み合わせて「自動水やり機」を製作中です。5Vを使用するのは(1)Raspberry Pi、(2)リレーユニット、(3)水ポンプと3つあるわけだけど、電源どうしようかな〜、リレーの電源はRaspberry Piの5Vから取るとして、ポンプが5V3Wらしい。1.5AぐらいのUSB電源から(1)と(3)を並列で接続したら動作時にRaspberry Pi落ちちゃうかな、こういう場合って、ダイオードとキャパシタでRaspberry Piの電源を安定化すればいいのかな?キャパシタは使ったこと無いので経験無くてよく分からん。どれぐらいの容量があればいいんだ?大きければ大きいほどOK?

   全コメント表示・書き込み(106〜)


2016.07.11

暮らしを自動化するアイデアや技術を競う第1回「エレキットくらしハックコンテスト」↑BTW

決められた4つのモジュールを使う必要あり。

   全コメント表示・書き込み(11〜)


2016.07.04

2016年の物欲その29:Raspberry Pi Zeroとケース↑BTW


やっと手に入れました。購入したのは↓

イギリスの通販です。本体が4ポンド(500円ぐらい)、送料5.5ポンド(700円ぐらい)です。アダプターやケースは一緒に買うのがオススメです。世界的に品薄なせいか、上記サイトもお一人様1個まです。

↓Raspberry Pi B+との大きさ比較。


我が家で3個目のRaspberry Piです。2つは温度&湿度ロガーとして動作中。1つは実験用。これはWiFi制御で各種センサー搭載の自動水やり機にする予定です。この3W5V水ポンプをGPIOでON/OFFしたいんだけど俺の貧相な電子工作知識だとトランジスタ(C1815)&リレー使うしか思いつきません。1チップでいける部品がありそうな気がするんだけど、どんな部品使えば良いですかね?偉い人教えて!

   全コメント表示・書き込み(77〜)


2016.07.01

ミニ四駆をスマホから操作できる改造キット「MKZ4」をCerevoが5980円で発売。↑BTW

チップは大人気の「ESP-WROOM-02」でWifiでコントロール。サーボ付きで左右にも曲がれる。

これ、ミニ四駆以外に搭載して色々と遊べそうだな

   全コメント表示・書き込み(4〜)


2016.06.16

Raspberry Pi Zero在庫あり!日本への送料5.5ポンド!1人1個まで↑BTW

やっと買えたー。コメント欄で教えてもらいました。感謝!

Raspberry Pi Zeroと変換アダプターのセットが6.67ポンド、ケースが4.17ポンド、送料5.5ポンドで合計16.34ポンド(2400円ぐらい)。書いてて気がついたけど少し割引された本体とケースのセットがあったorz。

イギリス国内の税金が免除されるのか、8ポンドって表示されている製品は6.67ポンドに、12ポンドって表示されている製品は10ポンドになります。セットで買えば合計15.5ポンドで買えたかも。

イギリスからの送料がたった800円とは良い時代だなぁ。

   全コメント表示・書き込み(1〜)


2016.06.15

Raspberry Piの製造メーカーをスイスのDaetwyler Holding AGが約920億円で買収↑BTW

2013年にソニーの工場で作られていたRaspberry Piは現在、Premier Farnellってイギリスの会社で100%生産されているらしい。

Raspberry Pi zeroが手に入らないのどうにかしてー。

   全コメント表示・書き込み(56〜)


2016.06.10

『Raspberry Pi 3』にAndroid TVをインストールする方法を紹介する動画公開↑BTW

Android TVって何だったか思い出せないけど個人的メモ。

SkypeセットボックスCTV1000が動かなくなって1ヶ月。うちの両親が孫の顔を見たくて上京してきそうな勢い。ロジクールとマイクロソフトどうにかしてよー。

   全コメント表示・書き込み(12〜)


2016.05.17

5ドルで買えるRaspberry Pi Zeroのハードウェアが変更しVer.1.3に。カメラ用インターフェース搭載に↑BTW

ややこしいなぁ。
つか、品薄でRaspberry Pi Zeroは1つも買えてない。

   全コメント表示・書き込み(1〜)


2016.04.26

Raspbsrry Piの公式カメラモジュール第2弾が登場、ソニー製センサーで800万画素と大幅に性能アップ↑BTW

これは素晴らしい。しかし動画も良いけど長時間露光出来ると個人的には嬉しい。

あと、カメラモジュールよりもA+とzeroの品薄をどうにかしてくれ

   全コメント表示・書き込み(3〜)


2016.03.10

Raspberry Pi用のミニUPSが4320円↑BTW

いや、最近発売された↓が無敵だろ

   全コメント表示・書き込み(11〜)


2016.02.29

Raspberry Pi 3 Model Bが国内通販に登場、4815円↑BTW

WiFiもBluetoothも搭載して4815円。電源は2.5A必要らしい。なんか微妙な印象。

それよりもRaspberry Pi Zeroはいつになったらまともな値段で国内流通するんだよ。

   全コメント表示・書き込み(7〜)


2016.02.27

Raspberry Pi 3が登場間近、新たにWi-Fi/Bluetoothを内臓で35ドルキープ↑BTW

   全コメント表示・書き込み(19〜)


2016.02.20

2016年の物欲その11「INA226 I2Cデジタル電流・電圧・電力計モジュール」を使ってRaspberry Piで測定してみた↑BTW


購入したのは↓I2C接続で電圧&電流測定出来るINA226というチップを使いやすいようにモジュール化したものです。電圧は0〜36Vまで、電流は±20Aまで測定出来ます。

↓データシート23ページに情報がありますが8か所のアドレス設置部分を2か所ハンダ付けしてショートさせることでI2Cアドレスを0x40〜0x4Fまで選べます、今回は0x41に設定しました。↓i2cdetectで確認。


実際に測定してみました。とりあえずこの前にRaspberry PiでLEDを点灯させてみたのを流用して下記のような回路にしました。↓

ちなみに回路は下記のフリーソフトで作っています。


(省略されています。全文を読む

   全コメント表示・書き込み(33〜)



次のページへ[123・]